デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ハッピーリングをつくるハクチョウさんたち!/
ハッピーリングをするカップルのハクチョウさん!

2羽一緒に泳いでいるハクチョウさんたちの姿をよく見かけます。

そして、カップルもいろいろのようです。


例えば、繁殖適齢に達した若いカップル。

今シーズンは子宝に恵まれず、仲つつましくいる夫婦。

などなど。

諸事情もあるようです。


ところで、ちょうど餌場にいた時、

1羽のハクチョウさんが遅れて上流から泳いできました。

もう1羽は、ここで待っていたようでした。


すると、この2羽。

突然近づき、クチバシとクチバシ。

を向かい合わせた、ハッピーリングを作りました。

「相手に遅れてきてゴメンネ!」

「いいよ!じゃあ!」

と2羽でナカヨク見つめあいながら語らっているようです。


まるで、これから、愛をはぐくみ、

来シーズンには、子どもたちを連れて来ることを期待している

duck4であります。


DSCF2204_convert_20160211102825.jpg

(「遅れてきてごめんね!」と言っているパートナー!

DSCF2205_convert_20160211102625.jpg

(「いいよ!じゃあ!」

DSCF2206_convert_20160211102738.jpg

(ハッピーリングをつくるハクチョウさんたち!

デンマークの自由と寛容さが!

ちょうど、行くことになる2年前。

ムハンマドの風刺画事件が起き、イスラム圏から風当たりも強くなってきた

2007年から2009年に、duck4はデンマークでフィールドワークをしました。


まだ、その頃には、

若干の自由と寛容さの空気が流れていたかと思います。


そして、ソマリア、シリア、アフガニスタンなど中東やアフリカ地域からも、

人道的な観点から多くの移民を受け入れていた歴史もあります。


duck4のデンマーク人の友人も、アフガニスタンから来た移民の方に、

就職のための履歴書の書き方を教えて、

そのお礼に、カレーをご馳走になったのですが、

あまりの辛さに口から火が出るほどで、

食べるのがやっとやっとだったと言っていました。


ところで、デンマークにとっても、

労働力不足で、その担い手として移民は、

貴重な労働力でもあります。


例えば、デンマークの福祉の現場でも、

多くの外国人の方々が働いていて、

なくてはならない存在になっていました。

また、工場でも外国人の方々が多く働いていました。


そんな表面上は平和に暮らしていたデンマークのコペンハーゲンで、

2015年1月に世界に衝撃を与えたひとつのテロ事件が起きました。

それは、「表現の自由」をテーマとする討論会にテロリストが乱入して

2人の殺されてしまいました。


いわゆる、横文字で言うと、ホームグロウン・テロリストで、

親の時代に難民として渡って来て、デンマークで生まれ育ち、

その社会に馴染めずテロを起こしたヒトのことを言います。

これは、今、世界中で問題のひとつになっているテロの形態です。


そして、このテロの影響が2015年6月の総選挙にも繁栄。


移民排斥を訴えるデンマーク国民党が179議席中37議席と第二党に躍進。

女性の首相だった社会民主党は、第一党にはなったものの、

第三党の自由党(ベンスター)に政権交代。

一方、第二党のデンマーク国民党は、閣外協力をすることになりました。


そして、翌月。

新規移民に対する社会保障費の削減を実施。

ただし、デンマーク語が上達した移民に対しては、

手当てを上乗せするというデンマーク国民党の主張を通る形でまとまりました。


そして、ヨーロッパには、約100万人とも言われる、

シリアから海を越え国境を越えて難民がやって来て、

デンマークでも受け入れることになりました。


それから、今年の2016年1月になり、

1万クローネ(日本円で17万円)以上の財産を持っている難民申請をした人の財産を没収するという

法案が国会を通過しました。


この法律は、デンマークにとっても大きく世論を別れることになり、

フェースブックを見ていても、賛成、反対の意見が投稿されていました。


昔のような自由と寛容さがなくなりつつあるデンマーク。

この法律のことを案じている友人に

「日本でもニュース報道がされていて、デンマークが心配!」

とコメントしました。

(参考文献

三井美奈著『イスラム化するヨーロッパ』(講談社)

小著『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』(本の森出版)

(関連ニュース)

『デンマーク4年ぶり政権交代へ 総選挙で野党陣営勝利』(2015/6/19 日経新聞電子版より)

『銃3丁で計39発発射 デンマーク連続テロ、容疑者特定』(2016/2/18 朝日新聞電子版より)

『デンマーク、難民の財産没収法を可決 欧州の強硬姿勢に拍車』(2016/1/26日本版CNN電子版より)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト
[2016/02/11 06:11] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(4) |
デンマークから学べ!と言ったアメリカ大統領候補!
氷点下3.9度まで下がった朝の七北田川

仙台ではめったに川が凍ることがありません。


しかし、最低気温マイナス3.9度まで下がったので、

川と岸との間では、うっすらと氷が張っていました。


そして、ハクチョウさんたちにも霜が降りたのが、

羽がバリバリと凍っていました。


また、中洲付近には、ハクチョウさんの他に、

カルガモさんがいましたが、

朝日に浴びて暖められた氷が

歩くたびにバリバリと音が聞こえてきました。


寒さに慣れっこのハクチョウさんたちも、

何か、見ていて気の毒にも見えてしまいました。

DSCF2210_convert_20160210131240.jpg

(今年一番の寒さで薄氷が張っている七北田川!)

DSCF2217_convert_20160210131734.jpg

(ハクチョウさんたちが泳いでいる岸には薄氷が!

DSCF2231_convert_20160210131049.jpg

(氷の上を歩くたびにバリバリ音を立てる中州いるカルガモさんたち!

デンマークから学べ!と言ったアメリカ大統領候補!

あれから6年。

デンマークにいたのは7年前なので、

だいぶ、ヨーロッパ情勢も変ってきています。


特に、この1~2年の動きは、

duck4がいたことよりも、めまぐるしなってきています。


そんな折、

デンマークに関する本を図書館で探していたところ2冊と出合い、

今日はその一冊目、

浜田宏一著『2020年世界経済の勝者と敗者』(講談社)を紹介します。


それは、ちょうど著者が、

アメリカ民主党の大統領候補討論会を見ていたら、

バーニー・サンダース候補が「勤労者を助けるうえで、デンマークが手本になる」

と発言していたからです。※①


このバーニー・サンダース候補ですが、duck4も全くわかりませんでしたが、

楽勝ムードだったヒラリー・クリントン候補を

僅差まで追い込んでいる候補者のようです。


ところで、ヒュッゲの国デンマークで行われていることと、

アメリカで行われていることとは間逆。


デンマークでは、

国民皆保険で医療費無償(ただし歯科治療には例外も)。

大学まで学費無償。

保育所にも補助。

など、これだけ聞いただけでも、

手厚い社会保障制度が整っていることがわかります。


それが、アメリカにはあるのか。

デンマークの勤労家族は、国内総生産の比率で見ると、

アメリカの家族が得る補助金の3倍以上を受け取れる
から

デンマークの方が豊かであると言っています。※②


ところで、

duck4は当時デンマークに住民登録をしていたのですが、

急に病気になり入院したことがありました。


そのときには医療費が無償の恩恵を受けられました。

とても助かりました。


その高福祉・高負担を支えとなるものは、当然、税金です。

デンマークの所得税率が最高60パーセント。

また消費税が25パーセントです。


そして、対極にあるのが、

既存の政治離れが始まっているアメリカであり、

また追随している日本なのです。


そんな、福祉国家デンマークでも実質GDPは、

2007年以降5.5パーセントも低下。

ちょうど、duck4がデンマークにいた時から、

経済は右肩下がりが続いて景気も良くありません。


当時、duck4の住んでいた地域でも、

家を売りに出しているヒトも多かったと思います。

そして、3年半前からデンマークでマイナス金利を導入しています。


デンマークが不景気になった要因に話を戻しますが、

緊縮財政での金融政策の失敗にあると指摘されています。※③


しかし、そんなデンマークですが、

国民が、政府や政治への信頼は、とても高いです。

国政選挙の投票率がなんと85パーセント台と日本では考えらません。

その政治への信頼性が、充実した社会保障制度にもつながっています。


これが、低福祉・低負担で貧富の格差のアメリカにあるのか。

「デンマークへ学べ!」と言っている無名だったバーニー・サンダース候補。

そんな若年層の気持ちをつかみつつあるのは、

既存の政治に懐疑的になっているからでしょう。

(引用文献

①浜田宏一著『2020年世界経済の勝者と敗者』(講談社)178頁7行目から8行目引用。

②同著 179頁7行から8行目引用。

③同著 181頁10行目引用。

(参考文献

小著『ヒュッゲの国から デンマーク流人生の楽しみ方』(本の森出版)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/02/10 06:01] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(8) |
法律成立で変ろうとしたこと!
コツコツ細々とブログを続けていて、

5年間でいろいろ社会の流れも変ったと思います。

それを震災以後で、また肌で感じたのは、

今回の安保関連法の可決成立。


何か、このままではおかしいよね!

と思ったヒトも多かったはずです。

事実、duck4もそう思った一人でした。


多くの憲法学者のヒトたちが、

憲法違反であり立憲主義に反するという主張から、

世論は大きく変ったと感じています。


そして、テレビのブラウン管越しに映し出されている

若者たち。

子どもがいるママさん。

孫がいる高齢の方。

今まで、政治に無関心だった人々が、声を上げるようになりました。


1960年代には生まれていないのでわかりませんが、

あのときの暴力的なデモとはまた違う。

個人の意志を感じました。


今回のデモは、

私たちの将来の生活に関係していないようで関係している。

問題だったと思います。


それは、若い人たちにとっては、

自分たちが、将来、戦争に動員されるのではないかという危惧。


また、子どもを持つママさんたちとっては、

我が子を守らなければという想い。


以前、ブログにも投稿しましたが、

母グマが、襲ってくるオスグマから自分のかけがえのない子どもを必死に守る姿と、

どこかしら重なっても見えました。


DSCF7430_convert_20150916090026.jpg

孫を持つご高齢の方も、

将来、孫の時代になったら、こんな平和な国でなくなり、

戦争に巻き込まれる国になるのではないかという

心配があったようにも映りました。


その若いヒト、子もつママさん、孫がいる高齢の方など。

今まで、どちらかと言うと政治に無関心だったヒトたちが

関心をもつようになりました。


特に、海外メディアのイギリスのガーディアン紙では

「反戦運動の新しい世代が安倍を揺さぶる」という見出しで、

あるブロガーさんが、この記事を翻訳して紹介されていました。


政治の話は、タブー。

そんな風潮があった日本。


しかし、一般市民のみならず芸能人の中でも、

初めて自分の主張を声明したり、デモに参加された方もいました。

それには、意外でした。


ところで、このシルバーウィークで、もう安保関連法の可決、成立のことは、

どこ吹く風で忘れ去れらるかもしれません。


ただ、この数ヶ月。

国の根幹をなす憲法違反が発覚したとき。

あれ、これっておかしいよね。

と小さな声を上げること。


DSCF5252_convert_20150715074051.jpg

逆に、言論の自由が守られている日本であるからこそできること。

おかしいことをおかしいよね!と言わなくなることこそが、

民主主義の危機ではないかと思いました。


そして、この出来事が、この国の歴史的事実として、

10年後、20年後も、語り継がれていくのでしょうか。

そう、信じていきたいものです。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/09/21 08:01] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(4) |
なぜ女性誌で取り上げられるか!?
今日のduck4ブログは、

5羽の滞在組のハクチョウさんやアドちゃんのことは

お休みいたします。


さて、今日は、

女性雑誌で安保法案のことが取り上げられのはなぜか?

ということ考えてみたいと思います。


本題に入る前に、

先日、足尾山地に棲息している

ツキノワグマさんのことが野生動物の番組で放送されたました。


その時、テレビの中で、母グマの子育てが一番印象に残っています。

特に、真冬、洞穴で冬眠中に子どもを産み、

そして、母グマだけで子グマを子育てします。


あるとき、ツキノワグマさんの親子のところに、

オスのクマが来て、襲い掛かりました。


子グマをかばうために母グマは、

一生懸命に自分よりも大きな強いオスのクマと戦うのですが、

負けてしまいます。


そして、子グマは、

オスのクマに襲われ殺されてしまったのです。


なぜ、オスのクマが、そのような行動をするかというと、

自分の子孫を残すために行うとのことです。


何か、必死に子どもを守ろうとする母グマの姿が、

とてもとても痛ましかったです。


何か、この母グマの想い。

どこか、ヒトの母親が子どもに向ける愛情に、

非常に似ているような感じを受けました。


例えば、鳥さんたちも、

自分でタマゴを産み温め、

メスだけで子育てをするものもいます。

その母鳥にとって、子どもを失うことはとても辛いことです。


それは、動物であるヒトも同じこと。

女性にとって、自分の腹を痛めた子どもが、

戦争に巻き込まれることに対して、

シビアになる気持ちです。


もしかしたら、戦場に行って、

敵を殺さなければならない。

そして、命を落とすかもしれない。


そうなる可能性も無きにしも非ず。

ということが、人事ではないという我が子への想いが、

女性雑誌で安保法案の特集が組まれると、

関心をもって読む読者が多いのも当然のことなのかもしれません。


DSCF7430_convert_20150916090026.jpg

(丹葉暁弥著の写真集『HUG』(小学館)より:親子で歩くシロクマさんたち!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/09/16 06:43] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(4) |
今日はアドちゃんの話はお休み。
今日は、アドちゃんのお話はお休みです。

いったい、どんな夢を見ていたのでしょうか。

duck4が気になるところです。

DSCF6854_convert_20150831075822.jpg

(今日はアドちゃんのお話はお休みです!

さて、今日のお話は、

「ヨーロッパの移民危機」のことです。


戦争や内戦で祖国に希望を失った人たちが、

海を越え、何日も陸を歩き続け、

ヨーロッパへ向けてやって来ています。


BBC放送を見ていると、

フランスとイギリスを結ぶユーロトンネルを歩いて渡ってくる人。


また、ハンガリー国境付近には鉄条網を張り巡らし、

EU域内に入って来られないようにもしています。


また、日本のテレビ局でも、

トルコからギリシャに密航業者にお金を払って、

海を渡ってきた移民のリポートをしていました。


先日のことですが、

悪徳密航業者の手引きにより、

オーストリア国境付近の高速道路で70名の方がトラックに押し込められて、

その多くの方が亡くなったという事件も起きています。


EU諸国では、一番多くの移民を受け入れようとしているドイツですが、

そこでも施設付近で、受け入れ反対派が暴動を起こして、

大変なことになっています。


この移民ですが、

今、戦争状態のシリア、またイラク、アフガニスタン、ソマリアなど。

人々が武器を持って戦い、多くの人々が命を落とし希望を失った国の人々。

いったい、その原因を作ったのは、誰なんでしょうか。


そして、戦争になると、

どうしても弱い人々が、困窮状態に陥ってしまいます。


何か、遠い、中東やヨーロッパで起きていることのような錯覚してしまいますが、

この戦争の延長上に移民危機の問題があるように思えてなりません。


どうも、我々は、その感覚が、集団的自衛権を行使容認をする安保法案の行方から、

すっぽりと抜け落ちていることに、一抹の不安を感じてしまいます。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/08/31 06:45] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(4) |
未来へと語り継ぐ大切さ!
戦後生まれが八割以上を越える今。

過去の戦争の歴史を次の世代へと継承していくことが、

最も大切なことだと思います。


例えば、

戦争を兵士として戦った世代。

戦争の怖さを身をもって体験した世代。

そして、全く、戦争を知らない世代へと、

この悲惨な戦争を語り継いでいくことなのです。


それは、

戦争を実際戦った村山さんの戦前世代。

空襲と爆撃を受けた小泉さんの戦中世代。


戦後の安倍さんの世代とでは、

自ずと、戦争と平和への受け止め方も、

違ってくるのかもしれません。


しかし、

実際に戦争体験をされた方が語ることばに重みもあり、

その残された貴重な歴史の声に対して、

いつでも、謙虚に耳を傾ける心が必要ではないかと思います。


そして、戦争から50年後に語られた村山さんのおわびの言葉が、

日本の立場になっています。


話は変わりますが、

満州から引き上げてきた祖父が残していた満州に関する本。

昭和28年に発刊された『秘録大東亜戦史(満州編上・下)」(富士書苑)

昭和56年に発刊された『流亡の民(満州編上)』『満州さようなら(満州編下)』(国書刊行刊)

4冊の本を、このお盆にところどころ読み返してみました。


その内容は、壮絶な体験談です。


例えば、

引きあげる時には、どうしても子どもたちを手放した話。

食べるものがなくて餓死する子どもたちの話。

家族と別れ別れになって一人だけ日本に戻って来た話。


また、ソ連軍や匪賊の略奪にあったり、

また命まで取られたヒトの話。


もう逃げられないと思い、自決した家族の話。

終戦を知らなくて、交戦を続けていた兵士の話。


戦争で巻き込まれ悲惨な思いをするのは、

子どもたち、女性、お年寄りなどの

弱者です。



昨日ですが、

テレビで、戦前、開拓民として、旧満州に仙台村という入植地を作りました。

ソ連の参戦で、多くのヒトが、襲われたり、餓死して亡くなりました。


その開拓団の中で生き生き残り、

32歳まで中国に残り、その後日本に帰国され、

毎年、慰霊のために、中国を訪れている方の

ドキュメンタリー番組が放送されました。


その番組を見ていて思ったことは、

戦後70年で、もう戦争を体験して語り次ぐ世代が、ご高齢になり、

あと10年後には、ほとんどいなくなってしまうという危機感です。


そのことを思うと、

どのように過去の戦争の歴史を語り継ぎ向き合っていくのか。

その大切さをあらためて実感しているduck4であります。


DSCF5072_convert_20120608152203.jpg

(平和を願って!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2015/08/16 10:54] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(6) |
長崎平和宣言!
戦争って、加害者にもなるし被害者にもなる。

でも、一生、心に傷を持つのは、両者。


その傷をもって、この70年間も生きて来られた方のことを考えると、

心が締め付けられる思いでいっぱいになります。


ところで、8月9日の長崎市長の長崎平和宣言。

冒頭部分では、次のような言葉で始まっています。


昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟と化しました。

大量の放射線が人々の体をつらぬき、想像を絶する熱線と爆風が街を襲いました。24万人の市民のうち、7万4千人が亡くなり、7万5千人が傷つきました。70年は草木も生えない、といわれた廃墟の浦上の丘は今、こうして緑に囲まれています。しかし、放射線に体を蝕まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、あの日のことを1日たりとも忘れることはできません。



その中で、特に、

「放射線に体を蝕まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、

あの日のことを1日たりとも忘れることはできません。」

という言葉には、重みというものを感じました。


被爆された方にとっては、一瞬にして人生が狂ったわけです。

最愛なるヒトを失ったり、体や心に傷を負って、

それを一生癒えることなく生きていくこと。


これは、戦争を経験したことがない我々の世代にとって、

想像を絶するとしか言いようがありません。


そして、市長が、

現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、いま揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、英知を結集し、慎重で真摯な審議を行うことを求めます。

と読み続けている瞬間に、平和式典に参加されていた参加者の一部から拍手が。

きっと、思うところがあったからだと思います。

(参考資料) 

平成27(2015)年 長崎平和宣言



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2015/08/11 06:19] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(2) |
原爆ドームとハトさん!
ハトさんたちが広島原爆ドームに放つ!

Doves release at Hiroshima Peace Memorial.


というイギリスのBBC放送のホームページで、

その写真を見つけました。


そして、何か気持ちが動くものを感じたduck4。

原爆ドームで平和のシンボルのハトさんたちが放たれる写真を

フェイスブックに投稿しました。


すると、このメッセージに何か感じた

デンマーク人や日本人の友人が、

いいね!を押してくれました。


その友人たちも、

平和について考える想いがあったのではと、

思っています。


ところで、話は飛びますが、

duck4がデンマークにいたときに、

ある若いヒトから、

「広島には今、ヒトが住んでいるの!?」

という質問を受けとても驚きました。


きっと、その方は、原爆で大地が汚染されてしまい、

ヒトが住めなくなってしまっているものだと思い込んでいたのかもしれません。


そんな驚きの気持ちも心の片隅にあったので、

外国人でも英語で理解できるBBC放送をホームページを使って、

決して忘れてはならない広島の原爆投下と今のことを伝えたかったのです。


そして、今年の夏は、

平和についていろいろ考えさせれる年にそうです。

それは、あの痛ましい原爆の悲劇を伝える方もご高齢になり、

あと10年後には、語り継ぐヒトもほとんどいなくなるからです。


また、昨今の国会の議論の中で、

兵器を運ぶ時に、核兵器も含まれる!?という発言もあり、

非核三原則がなあなあになってしまうのではないか。

という疑念もあります。


そんな2015年の夏は猛暑日続き。

歴史や平和について多くのことを考えさせられる戦後70年です。


hiroshima_convert_20150808075121.png

(ハトさんたちが広島原爆ドームに放つ!

(参考ホームページ

Hiroshima: A look around the Peace Memorial Park(5 August 2015 Last updated at 06:36 BST/ BBC)

Hiroshima: Bun Hashizume's story of survival (5 August 2015 Last updated at 06:36 BST /BBC)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2015/08/08 06:30] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(2) |
久しぶりに開いてみた本!
当時の定価が700円。

その本は赤い水玉模様の装丁。

1983年2月25日初版第15刷発行とあります。


本の中には、

猫ちゃんの写真。

里山の冬景色。

温泉に入っている親子の写真などなど。

他にも、たくさんの写真があります。


ちなみに、この本は、写真集では、ありません。

久しぶりに、duck4は、本箱の片隅隠れていたところを引っ張り出して、

一部だけを読み返すことにしました。


その本とは、

小学館から発行された『日本国憲法』でした。


DSCF5252_convert_20150715074051.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
続きを読む
[2015/07/15 06:16] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(4) |
日本もギリシャの二の舞では!?
今日は、ハクチョウさんのお話はお休み。

久しぶりに、違うお話をブログに投稿したいと思います。


それは、かつて、2010年に出版した小著で、

当時の世界情勢を踏まえて、「日本もギリシャの二の舞」

と書いたことがありました。


そのギリシャが、債務不履行になり、ユーロ離脱からも離脱。

最悪のシナリオになれば、世界経済にとって、

悪影響を及ぼしかねません。


そして、この出来事が、

何か対岸の火事のように受け止められていますが、

超高齢社会、財政悪化の日本にあって、

何か大丈夫なのかと疑って見てしまいます。


そのひとつの例として、最近、話題になっているのが、

国立競技場の建設費が2500億円。


資金のめどが立たない中。

この他に、維持費もかかるのですから、

そのコストは、膨大になってしまいます。


これが、子や孫のような若い世代へのツケとなって重くのしかかることは、

明らかなことなのです。


だったら、ヒトを育てる選手育成のために、

お金を使った方が、どれだけ夢を与えることになるのか。


そう言う日本の発想が、

とても寂しく思っているのは

duck4だけでしょうか。


何か、ギリシャのことを笑っていられないのでは。


このまま、オリンピックが終わり、

お祭り気分から目が覚めたとき。

残されたものが風化したコンクリートのみ!?


そして、日本でも、

破綻というシナリオが待っているのではないかと

心配してしいるduck4であります。


DSCF2240_convert_20150619095429.jpg

(小著とハクチョウさん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/07/12 09:08] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(6) |
遅くなりましたがデンマークの総選挙の結果は、そして...!
今日は、ハクチョウさんの記事は休刊日です!


6月19日付で『デンマークの総選挙』としてduck4ブログにも書いてから、

もう、10日以上が過ぎました。


すでに、日本の報道等でお知りになっている方も多いとは思いますが、

今日は、ブログにて、

デンマークの選挙結果のお話をします。


その選挙結果と言えば、

自由党率いるランス・ロッケ・ラスセン氏が首相に再び返り咲き。

中道右派による連立政権へと変ることになりました。


初めてデンマークでの女性首相。

社会民主党のヘレ・トーニング・シュミット首相率いる中道左派の連立政権は、

善戦したものの、他の連立パートナーの議席数が伸びなかったことから、

政権を守ることができませんでした。


しかし、政権与党の自由党は、

13議席減らして34議席となり、第三党に。


一方、移民排斥を訴えたデンマーク国民党が15席増の37議席を取り、

第二党に大躍進をしました。


そして、今回、政権を守ることができなかった社会民主党は、

47議席と現有議席を維持しました。


ところで、duck4は、フェスブックを通して、

多くのデンマーク人と交流を続けていますが、

特に、選挙近くには、

フェスブック上に自分の気になる政党のこと。

選挙関連の記事などを投稿されていました。


これも、ソーシャルメディアを利用して、

自分の意見を自由に表現できるからこそ、

書き込んでいるのでしょう。


しかし、ここ数年。

duck4ブログを続けてきて、書くことが、ちょっと怖いなあ!?

と思うようなことが、多くなってきたようにも感じます。


この空気が単なる気のせいなら、良いのですが...!


DSCF2240_convert_20150619095429.jpg

(イメージ写真。小著のデンマークの本!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

しかし...
続きを読む
[2015/06/30 06:11] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(2) |
デンマークで総選挙実施!
今日は、ハクチョウさんたちのお話はお休み。

久しぶりに、デンマークのお話をしたいと思います。


連日、デンマーク人の友人知人のフェイスブックを見ていると、

選挙のことが話題になっていました。

おそらく、自分が気になる政党のPRを投稿していたと思います。


なぜ、この話が気になるかと言うと、

duck4がデンマークに行っていた時に、

ちょうど国会議員の選挙が行われたからです。


そして、そのとき、立候補者の演説会や開票作業をこの目で近くで見ていたとき、

デンマーク人が、政治に関心を持っている姿に感銘を覚えたからです。

日本では経験したことががない興奮のため、

duck4は、鳥肌が止まらないほどの感動ほどでした。


あのワクワクした体験は、今でも、忘れられません。


その経験と体験から、アッセンス市のヘレネス地区で行われた、

立会演説会と開票作業。

そして、その地区の人々がどの党に投票したのかを小著の中で書きました。


そこで、duck4が感じた国民意識とは、

デンマーク人の投票率と世界一の水準を保っている社会福祉とは、

互いに良い方向に相関しているように思えてなりません


と小著と中で結論付けてまとめました。


この引用したことを、もっと具体的に言うと、

政治に関心を持ち、多くの人々が投票行動で自分からの意思表示をすることで、

社会の透明性が担保でき、

税金がたくさん払っても、それの見返りとして、社会福祉が充実した方がより、

ヒトが豊かに生きられる社会が実現できるとは思っていることに、

duck4自身が気づいたからです。


ところで、デンマークでは、6月18日に、国会議員の選挙が行われました。

再選をめざす社会民主党のトーニングシュミット首相が率いる中道左派陣営が勝つのか。

それとも、4年ぶりに返り咲きを目指す、自由党のラスムセンさんが政権を奪還するのかの争いです。

事前の世論調査の結果では、両者、拮抗していて、どちらが勝利しても、おかしくないようです。


女性首相のトーニングシュミットさんが、雇用回復させた実績を強調するのに対して、

今年2月に起きた移民の家庭に生まれた若者の連続テロもあったことから、

最右派のデンマーク国民党が議席を伸ばす模様。

そのときに、閣外協力か、自由党との連立内閣を樹立するのかも焦点のひとつになるとのことでした。

( デンマーク、18日に総選挙 与野党が大接戦  2015/6/18 0:42日経新聞を一部引用! 


さて、デンマークの総選挙の結果は、どうなったのでしょうか?


DSCF2240_convert_20150619095429.jpg

(図書館にある小著『ヒュッゲの国から』


(参考文献・資料

デンマーク、18日に総選挙 与野党が大接戦  2015/6/18 0:42日経新聞を一部抜粋引用

小著『ヒュッゲの国から デンマーク流人生の楽しみ方』(本の森出版)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/06/19 06:25] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(4) |
デンマークでの犠牲者追悼集会で思うこと!
本日は、ハクチョウさんのお話はお休み!

そして、良いニュースと痛ましいニュースについて

duck4ブログでは触れたいと思います。


まず、初めに良いニュースから...!

それは、duck4ブログが、ついに3万拍手を達成しました。


これも、4年4ヶ月間。

多くの方々の応援によって支えられてきましたことに、

深く感謝しております。

ありがとうございました。

これからも、duck4ブログを末永く宜しくお願いします。


さて、次に、今日の本題。

それは、「デンマークの首都コペンハーゲンでテロ!」というニュースです。


特に、duck4にとってもかかわりのある国で、

たくさんの友人や知人がいるので、

心配もしていました。


その友人たちからは、哀悼の意を表す気持ちを

フェースブックを通して数多く投稿されていていました。


まさに、ソーシャルメディアを通して、

duck4にも伝わってきました。


そして、その投稿からは、

心に刻まれた大きさもかなりのものだったと感じました。


なぜなら、カフェで集会に参加していた1名の方。

またユダヤ教のシナゴークを警備していた方が凶弾に倒れたという

悲劇になってしまったからです。


あらためて、謹んでお悔やみ申し上げます。


そして、16日には、犠牲者を追悼する集会が行われ、

約3万人の人々が参加されました。

その中で、デンマークのトーニングシュミット首相が、

「強い連帯意識」があれば困難を乗り越えられると演説されました。


duck4が思うのですが、

世界でも民主主義という制度が一番根付いているのが、

デンマークを含めた北欧諸国。


それは、毎回の選挙での投票率が毎回85%と、

その政治への関心の高さは、日本とは比較できないほどです。


ところで、デンマークでもいろいろな問題があるのは確かなこと。

けれでも、人々が話し合いの中で、結論を見つけて行こうとする姿勢は、

バイキングの時代から受け継いできているからでしょう。


きっと、今回のテロリストに対しても屈することはなく、

150年間も続いてきたデンマークの民主主義の歴史が、

乗り越えられることとduck4は思っています。


それが、ヒュッゲの国が大切にしてきた

デンマーク人の精神だからだと信じております。


・代ョ繝ウ繝槭・繧ッ_convert_20150218094140

(追悼集会:デンマーク・コペンハーゲン【Mark KnudsenさんのFace book】の写真より!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/02/18 06:49] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(4) |
鳥肌が立った2つのデンマークの思いで!
今日はハクチョウさんのお話を休みにして、

ちょっとデンマークのお話をします!


コブハクチョウさんが巣でタマゴを温めていたこと。

周りは湿地で、そこには、どこから集めてきたか小枝を敷き詰め、

巣をつくっていました。


あの子育ての光景を始めて見たduck4。

身振りと鳥肌が立ちました。


あれからというもの、

鳥への関心が一層深まりました。


CIMG1607_convert_20121102082913.jpg

(デンマークの湿地にて、タマゴ温めているデンマークの国鳥のコブハクチョウさん!


それ以外にも感動した出来事がありました。

それは、デンマークの国会議員の選挙をこの目で見られたことです。


各政党の候補者がホイスコーレ(成人教育の学校)の講義室に集まり、

自分の政治に関する考えを発表したあとに、

住民の方々からの質疑応答の時間があり、

夜の11時過ぎまで激論が戦われました。


ある地区に集まり、各政党の候補者が一つの公民館や学校に集まって、

自分たちの主張を発表した後に、地域住民の方々からの質疑応答に答える。

といったことが日本ではあるかなと思ったからでした。


立会演説会の質疑応答が終わった後、

duck4は、鳥肌がしばらく止まらなかったことは、

今でも忘れられません。


DSCF8047_convert_20141211090033.jpg

(ヘレネスホイスコーレで行われた候補者の立会演説会の様子!

(参考資料

小著『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』(本の森出版)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2014/12/11 07:24] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(6) |
小著を通しての出会い!
今日のduck4ブログは、

ハクチョウさんのロクちゃん、菜々ちゃん、5羽の滞在組のお話はお休みです!


さて、本題は、ハンガリー人の友人のお話に...!

その時のプレゼントは、何にしょうか。

急な旅だったので、お土産を買う暇もなく、

最初は、こけしもいいかな!?と思っていましたが、見つけられず。

そして、これだと思ったのは、福島県会津地方の郷土玩具。

赤べこ

起き上がり小法師


なぜ、それを選んだかというと、

duck4も福島生まれであること。

また、福島のことを知ってもらいたいと思ったからでした。


それと、小著『ヒュッゲの国から』!

ハンガリー人の友人も本の中に登場しています。

本には友人の写真もあるので、喜ばれると思ったからです。


そして、帰国した頃に、友人のことを書いた部分を拙い英訳で、

メールを送るつもりでいます。


それから、旅の途中。

小著を寄贈するために図書館に立ち寄りました。


その図書館からお礼状が届きました!

2通ははがき。1通は封書でした。


その中には、

「わざわざおこしいただきましてありがとうございました!」

というコメントが手書きで書かれていました。

担当された方に、何か、インパクトがあったのでしょうか!

やはり、手書きのコメントは嬉しいものです!


また、印刷された中には、「当館の蔵書として活用...!」という文言があったので、

ひとまず安心。

この文言があるということは、その市民、町民の方々も手にとってduck4の本を読んでいただけるからです。

司書さんありがとうございます!


最後になりますが、公開されたときには、

duck4ブログでもお知らせしたいと思います。


51U75HyknsL__SY344_BO1,204,203,200_

(小著『ヒュッゲの国から』



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2014/12/08 07:07] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(4) |
1冊の鳥の写真集が.....!
先日、duck4の自宅に1つの郵便が届きました。

その中身は、鳥の写真集。

嬉しいプレゼントです。

ありがとうございます!

DSCF5672_convert_20140922073332.jpg

(鳥の写真集『続・小さな庭に野鳥を迎える愉しみ』!

ページを開いてみると、その著者の方のご自宅に、餌を食べにやって来る鳥さんたち。

例えば、ヤマガラさん、シジュウカラさん、メジロさん、ショウビタキさん、

シメさん、ベニマシコさん、アオジさん、ガビチョウさん、スズメさんにヒヨドリさん。

何種類の鳥さんがやって来るのでしょうか?


実を言うと、duck4の家にも鳥さんがが飛んできますが、

スズメさんと真冬にヒヨドリさんが来ます。

今は、3番子のスズメさんが、親鳥に餌をせがんで、ピィピィ!鳴きながらついて回っています。


この写真集の著者さんの話に戻しますが、

庭には、ちょっとした仕掛けや小物を置いて空間を演出。

鳥さんたちが餌を食べたり遊んでいるところを写真に撮影しています。


残念なことに、

この写真集『続・小さな庭に野鳥を迎える愉しみ』は、自費出版で販売されていないようなので、

一般の方が手に入れることは、難しいようです。


1頁、1頁、頁をめくっていくにつれて、

著者の花島 政三郎さんの鳥への愛情が伝わってくる写真集です。


最後になりましたが、

この写真集は、

小著『ヒュッゲの国から』(本の森)を出版してくださった出版社が発行元です。


あるブロガーさんから、本にしたらというコメントをいただいたこともありましたが、

もし、七北田川の5羽の滞在組のハクチョウさんについて本を書いたら、

どんな作品に仕上がるのか!?

勝手な想像を働かせていたduck4がそこにいました。


DSCF5323_convert_20140911072515.jpg

(イメージ写真:5羽の滞在組のハクチョウさん!

でも、今は暇がないので、ちょっと無理ですが...!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2014/09/22 07:37] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(8) |
デンマーク語と日本語でお誕生日カード!
デンマーク人の友人のお誕生日だったので、

デンマーク語と日本語でお誕生日カードを作ってみました。


7羽のアヒルさん。

指揮棒を振っているアヒルさん。

母親アヒルさんと2羽の子供のアヒルさん。

羽を広げた雪ダルマのような形をしたアヒルさん。

独特なクチバシを持ったアヒルさん。

頭にリボンをつけて、片足を怪我しているアヒルさん。


冠をかぶっているデンマーク女王マルグレーテ2世をモチーフにして考えた

1羽の女王のハクチョウさん。

歌っているハクチョウさん。

横断幕を持ってそれと空を飛んでいるハクチョウさんをあわせて3羽です。


横断幕を持って空を飛んでいるツバメさん。


スズメさん。


もう少しほっそり描けばよかったヒヨドリさんです。


アヒルさん、ハクチョウさん、ツバメさん、スズメさん、ヒヨドリさんで

いっしょになってハッピバースディの歌を歌っているというのが

作品のコンセプトです。


DSCF9349_convert_20140318070628.jpg

(歌を歌う鳥さんたち!






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2014/03/18 07:23] | デンマーク・ニュース | トラックバック(0) | コメント(18) |
久しぶりに読者からの感想をいただき嬉しくなったduck4!
3月4日。

デンマークの女性のトーニング・シュミット首相が来日されました。


それから、数日後。

duck4のメールフォームの経由で、

あるブログの読者からコメントをいただきました。


久しぶりのことだったので、とても嬉しくなったduck4であります。


ところで、

本とは言うのは、書き手からの一方通行になってしまいます。

なので、読者からの感想は、あまり聞けないものです。


しかし、ブログをやっているおかげで、

ブロガーさんから感想をいただいたこともあります。

とても嬉しかったです。


本とブログとのおかげで、

読者との相互通行になれたのです。


これは、ソーシャルメディアの効果とも言うべきものでしょう。

このことを教えていただいたのは、

出版社の編集長さんでした。


コツコツとブログを更新。

最初は、デンマークのことと本の紹介でした。

震災を経験。

それから東日本大震災のことを中心に投稿してきました。


それと、今では、

デンマークで好きになったバードウオッチングのことを通して、

羽を怪我して空を飛ぶことが出来ない滞在組の5羽のハクチョウさんたちを

中心にレポートしています。



まもなく、震災から3年目。

duck4ブログも3年以上続けていますが、

社会情勢も大きく変ってしまいました。


かつてよりも、

ソーシャルメディアの世界が窮屈になったとの意見も聞かれるようになりました。


そんな、時代だからこそ老舗のブログ!?になれるように、

これからも続けていきたいと思っています。


ブログの主催者duck4より



CIMG4290_convert_20130101091348.jpg

(かつて塩竈神社にいたduck4ブログのトレードマークの2羽のアヒルさん!






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2014/03/09 10:49] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(6) |
duck4のニューイヤーカード2014!
DSCF8618_convert_20140102075131.jpg

あけましておめでとうございます!

ついに、2014年もスタートしましたね!



さて、昨年のクリスマスには、クリスマスカードを作り、

Facebookではありますが、投稿しました。

今年、2014年版ニューイヤーカードを作り、

Facebookに投稿してみました。


やはり、duck4のFacebookはデンマーク人の友人対象になっているので、

デンマーク語でGodt nytar!(あけましておめでとう)ろ書いてみました。



ニューイヤーのカードの中には、

アヒルさん、スズメさん、ツバメさん、タンチョウさんにも登場していただきました。


あとは、誕生日カードも作る予定でいるduck4であります!







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ






[2014/01/02 08:01] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(8) |
3周年記念のduck4ブログ!
9月2日は、duck4ブログにとっては記念すべき日。

それは、2010年にブログを初めてから、

今日で丸3年を迎えることになりました。


これも、皆様からのコメントなどなどおかげで続けられました。

ブロガーさんの皆様。

応援、ありがとうございました。


これからも、鳥さんのこと、滞在組のハクチョウさんのこと、気になっていることなど

投稿していくつもりです。

宜しくお願いいたします。


話は変りますが、

duck4ブログをはじめたきっかけは、

小著『ヒュッゲの国から』(本の森出版)の出版でした。

出版社の方に、「ブログをはじめたら!」という言葉からでした。


当初は、デンマークで見てきたことを小出しに書いていましたが、

あまりアクセスはありませんでした。


それから半年後、2011年3月11日に東北地方を襲った

東日本大震災とフクシマ原発の事故。

あれから、ことあるごとに被災地のニュースや投稿してきました。

そして、被災地からの情報ということもあり、

duck4ブログのアクセス数が増えてきたと分析しています。


そして、今。

東日本大震災以後も

飛べなくなりましたが、のんびりナカヨク5羽で一緒に生きている

ハクチョウさんからアヒルさんの鳥相を選んだ滞在組のハクチョウさんの

情報をことあるごとに書いています。


これからも、

鳥さんのこと、滞在組のハクチョウさんのこと、duck4が気になってニュースなど。

投稿していくつもりです。


皆さん、3周年記念を迎えたduck4ブログをこれからも、

末永く宜しくお願いいたします。


CIMG4290_convert_20130101091348.jpg

(duck4ブログのイメージアヒルさんたち!




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ






[2013/09/02 06:26] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(16) |
2万拍手を超えたduck4ブログ!
duck4ブログの拍手の回数が2万回突破!いたしました。

これも、日頃から、皆様がブログへ遊びに来てくださったおかげであります。

ありがとうございます!


また小著『ヒュッゲの国から』(本の森出版)の方ですが、

宮城県塩竈市立図書館に寄贈したところ、

閲覧できるようになりました。


図書館司書の皆さん、

小著を採用してくださいまして誠にありがとうございます。



時々、カリールという図書館に所蔵されている本の検索サイトで

duck4の本がどうなっているか探してみることがあります。


北海道の大学で借りている人がいる!

東京の大学で小著を借りている人がいる!

また某県立図書館で『ヒュッゲの国から』を借りている人がいる!

と思うと出版した甲斐があったとつくずく思うのです。


もし、デンマークの社会教育事情、社会福祉事情について興味を持っている方がいらっしゃったら、

是非、手にとって読んでいただければ幸いに存じます。


もしかしたら、ブロガーさんが住んでいる町にも、

duck4の本があるかもしれません!


CIMG4290_convert_20130101091348.jpg

(かつて塩竈神社にいた2羽のアヒルさんたち!


(参考ブログ)

『学びを提唱する大切さ提唱ヒュッゲの国から』河北新報の書評欄より





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




[2013/08/04 06:35] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(10) |
紙芝居を作って!
ちょっと発表することがあり、

絵カードを作成することになったduck4であります。


いつも、

duck4はダックとスワンのデザインのみでしたが、

初めて、人間にもチャレンジ!してみることにしました。


小著『ヒュッゲの国から』(本の森出版)にも登場する、

今は亡きロシア人の美術の先生の手ほどきを思い出しながら、

描いてみたのです。


この紙芝居用の絵は、ちょうど朝6時をむかえて、

14歳の中学2年生のつばさくんが目覚めるというシーンで、

彼のペットのアヒルさんはまだ眠っているところを描きました。


DSCF5003_convert_20130704072513.jpg

(紙芝居:つばさくん6時に目を覚ますもアヒルさんは眠っている!)


これより、話は続きます。

そのことは、また後ほど、

duck4ブログにて紹介したいと思います。


なぜ、

このようの紙芝居づくりにチャレンジしたかというと、

「させます」という使役表現を教えるために、

授業の導入で使いたかったからです。





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



[2013/07/04 07:14] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(4) |
デンマーク人の友人が初級テキストの日本語レッスン終了!
デンマーク人の友人の日本語レッスンは、

『みんなの日本語』という初級用テキストを使って50課まで終了しました。


スカイプとフェースブックを使ってのレッスンだったので、

聴解は鍛えられたのではとduck4は思っています。


そのレッスンでは、

ダックデザインによるアヒルさんカードを使い、

学ぶほうも、いや教えるduck4の方がより一層愉しく教えていました。


DSCF6440_convert_20120731062642.jpg

(duck4の絵カード「起きる」!


duck4の拙い指導で、

どこまでデンマーク人の友人が使える日本語を話せるようになったのかは

大いな疑問ではありますが、上達したのではと思っている次第です。


デンマーク人の友人のすごいところは、

諦めずに毎週レッスンを続けてくれたところでした。


それとduck4が指導上、心がけたことは

動機付けでした。

上手になったね!

と誉めて学習意欲を高めていったところにあります。


これからも、

デンマーク人の友人が続けたい気持ちがあるようので、

もっともっと上手になるよう、duck4は教えていくでしょう。


ちなみに、

duck4の日本語レッスンに登場してくれた

アヒルさん、ハクチョウさん、タンチョウさん、ツバメさんの

キャラクター
たちです。


名前もあります。

DSCF2594_convert_20130401072126.jpg

(日本語レッスンに登場したダックさん、ハクチョウたち、タンチョウさん、つばめさん!




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


[2013/04/01 07:16] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(10) |
デンマーク人の友人が興味を持っていることとは!
日本語レッスンで大切にしていることは、

デンマーク人の友人のモチベーションを上げながら、

正しい日本語を教え、日本のことを好きになってもらいたい。


ということを常々、考えているduck4であります。


そこで、友人に質問をしてみました。

「日本語を勉強していてどんなことに興味がありますか」

ということ答えに、

「日本の現代史をもっと知りたい」

とのことでした。


歴史

それも現代史


duck4にとっては、意外な答えです。

歴史を教えたり、書いたりすることはとても難しいことを実感しています。


どういう歴史観を持って友人に日本の現代史を話して言ったらいいか!

思案してしまうからです。


デンマークで友人は、日本に10年住んでいた方の講演を聞いたのが、

日本の現代史に興味を持ったきっかけのようでした。


そして、

友人は図書館から日本に関する本を借りてきて、読んでいます。

その一冊に、拉致問題を取り上げた本もあり、

レッスンのときに話しになりました。


このときだけは、

日本語ではなく、duck4の拙い下手な英語で説明することにしたのです。


友人の言葉からは、

よど号ハイジャック事件。

コペンハーゲンでの有本さんの拉致事件。

今の極東アジアの状況。

に興味があったようです。


さあ、

duck4は、

どのように整理をして、

友人に日本の現代史を語るべきか思案しています。



ヨーロッパの人なので、

まだ、日本の歴史について語りやすいところが唯一の救いにもなっているduck4です。


DSCF7984_convert_20121116073643.jpg

(イメージ写真:日本語レッスンで使う絵カード




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


[2013/02/10 08:03] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(6) |
duck4の本『ヒュッゲの国から』の名前と同じお店Hygeeが残念ながらまもなく閉店!
duck4の本と同じ名前の雑貨屋さんhygee(ヒュッゲ)。

その場所は、仙台空港に近い名取エアリというショッピングモール

に店舗を構えています。



残念ながら、

このhygeeさんは、2月17日で店じまいをするとことです。


duck4の本『ヒュッゲの国から』(本の森出版)と同じ名前なので、

とても親近感を覚えていたお店でした。

何か、寂しさを感じます。


DSCF9556_convert_20130209075329.jpg

(hygeeさんの看板


お店の人に、このhygeeの意味を聞いてみたところ、

デンマーク語から取ったとのことです。


デンマーク語のヒュッゲ意味には、「心地よい」「快適な」があります。

この店に立ち寄ると、ちょっとそんな心地よさがあったのですが、

とても残念に思います。


hygeeさんには、

なんと1羽の白い鳥さんが鳥さん。

duck4の方を見ているのではありませんか。


duck4の家に来たい!来たい!

と叫んでいたので、2割引の値段で買って来てしまいました。


値札には、人工的なアヒル(artificial duck)と刻印されていたのです。


萌えダックのduck4が見ていても、

アヒルさんにも見えるような、どことなくハクチョウさんにも見えるような、

人工的なアヒルさんでした。


DSCF9598_convert_20130209075143.jpg

(アヒルさんいやハクチョウさんにも見えるような人工的なアヒルさん!







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



[2013/02/09 07:50] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(6) |
中級レベルでの日本語レッスンのテーマは「日本と異文化理解」!
日本語を勉強している外国人が利用しているテキストの

ひとつ『みんなの日本語初級Ⅱ』を使って、

ただいまレッスン中のデンマーク人の友人。


この調子でいくと、3月末までには、初級テキストが終わりそうです。

この『みんなの日本語』は、日本語の例文を覚えて、

その知識が積み上げられていくという利点が学習者にはあります。


しかし、

話すというレッスンには不向きで、

ロールプレーを行って、会話練習を補っています。


今、duck4は3月以降、何を教えるか考えているところです。


ところで、

全開のレッスンのときに「日本の何に興味があるか?」を尋ねてみました。


すると、

友人は、日本の歴史文化に興味があると言っていたのです。


さあ!

これから、中級レベルの日本語レッスンで何を教えるべきか?

日本と異文化理解」といったテーマで、レッスンできればいいなあ!

と思っているduck4であります。



DSCF9522_convert_20130208081454.jpg

(ダックデザインによる絵カード!







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





[2013/02/08 07:48] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(6) |
duck4の日本語レッスンの教育方法!
デンマーク人の友人への日本語レッスンは進んでいます。

目標は、3月までに初級文法を終了させることです。

友人も何とか、duck4の拙いスカイプのレッスンに着いてきています。

感謝です。


教え方としては、

初めに、例文を使ったスキットを読んでもらいます。

それで、どのようにこの例文を使うのかを理解してもらうのです。


それから、文法説明します。

文法説明と言っても、ただ英語で書かれた文法解説を引用して

それを友人に読んでもらいます。


次に、練習問題を解きながら、その例文を実際に練習するのです。

前もって、FACEBOOKに問題を書き込んでいて、

それを友人が解きます。


最後には、ロールプレーです。

例えば、AさんとBさんの役になり、

どのような場面でその例文が使われるのか、

日常会話の中で練習し、学習内容を定着させることを重要視しています。


そして、duck4が必ずしていることは、

絵カードを作成です。


今回のレッスンでは「買って来ます」という表現を勉強するのでが、

このようなカードを作ってみました。

わかりやすいでしょうか!?



DSCF9466_convert_20130206075135.jpg

(絵カード「買って来ます」




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





[2013/02/06 07:53] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(7) |
ら抜きことばから見えてきたこと!
ら抜きことばを聞いたことがありますか。

特に、このら抜き言葉が、若い人たちの中では話されているようです。


「わたしはデンマーク料理をたべます」

という例文でちょっと考えてみましょう。


これを可能表現で言うと、

「わたしはデンマーク料理がたべられます

となります。


また、この「たべます」を受身尊敬で言うと、

「わたしはデンマーク料理をたべられます

となるでしょう。


さて、皆さんは、可能と受身・尊敬表現で話すときに

どのように表現していますか。


もしかしたら、

「わたしはデンマーク料理をたべれます」

と言っていませんか。


これは「ら抜き」ことばです。

日本語では、「ら抜き」ことばは、誤用とされています。


でも、若い人たちが、「ら抜き」で話している人が多いので、

将来、もしかしたら、「ら抜き」ことばが正式な日本語になるのかもしれません。


DSCF8149_convert_20121211084940.jpg

(Ⅱグループの活用表より:「たべます」の可能は「たべられます」



話は変りますが、

最近、duck4が、

デンマークの友人に日本語を教えていて気がついたことがありました。


それは、Ⅰグループ(五段活用)の可能動詞が、

「ら抜き」になっていたことです。


「かきます」「まちます」「つくります」はⅠグループの動詞ですが、

これらを可能にすると、「かけます」「まてます」「つくれます」となるのです。

Ⅱグループ(下一段活用)の動詞になっています。


最初、知ったときには、目からうろこのduck4でした。


DSCF8148_convert_20121211084911.jpg

(Ⅰグループの可能動詞はら抜きでもOKです!


最後に一言。

日本に住んでいるduck4にとって、

日本語を知らずに使っていたことに気づかされています。





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




[2013/01/25 08:14] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(6) |
ロールプレーで日本語レッスン!
デンマーク人の友人への日本語レッスンでは、

必ずロールプレーを入れるようにしています。


ロールプレーは、会話の練習にもなるし、

実践の場面で、習った例文をつかって話せるようになるからです。


ところで、

この日に教えた例文は、理由や原因をあらわす「~ので」を

教えました。



【ロールプレーの場面】


場面は、ダックホテルでひとコマ。

宿泊客のバウンさんが泊まっているお部屋で、

シャワーのお湯がでないという設定でロールプレーをします。



【ロールプレー】 ダックホテルのフロント係とバウンさんとの会話!


ダックホテルのフロント係:「はい!フロントです」

DSCF8849_convert_20130117074629.jpg

(ダックホテルのフロント係



バウンさん:「417号室です。シャワーのお湯がでないので、見に来ていただけますか」

DSCF8852_convert_20130117074714.jpg

(バウンさん


ダックホテルのフロント係:「417号室ですね。はい、すぐに、伺います」


DSCF8849_convert_20130117074629.jpg

(ダックホテルのフロント係



バウンさん:「お願いいたします」


DSCF8852_convert_20130117074714.jpg

(バウンさん








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





[2013/01/17 07:57] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(2) |
ロールプレーで日本語レッスン!
日本語レッスンで効果的な指導方法のひとつに

ロールプレーがあります。

そのロールプレーのスキットが

起承転結になるよう作るよう心がけているduck4です。


手作りスキットなので、

時々、あまりにも難しくて失敗することもあります。

でも、デンマーク人の友人から、今日のロールプレーが愉しかったと

言われると、とても嬉しくなるduck4であるのです。


スキットの内容は、次の通りに作りました。

●登場人物は、ウラさんとヘレさん。

●設定は、ウラさんが、クッキングスクールに行って、カレーライスを習うことになります。


ウラさん:「あの。カレーライスの作りたいのですが」

DSCF8672_convert_20130109080756.jpg


ヘレさん:「わたしの言うとおりにカレーライスを作ってください」

DSCF8673_convert_20130109080845.jpg


ウラさん:「ニンジン、ジャガイモ、たまねぎが置いてあります」

DSCF8674_convert_20130109080931.jpg

ヘレさん:「わたしの言うとおりにニンジン、ジャガイモ、たまねぎを切ってください」

DSCF8675_convert_20130109081009.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





[2013/01/09 08:18] | デンマーク・レポート | トラックバック(0) | コメント(10) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR