デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
クッチャロ湖のハクチョウさん!/キジ君のパトロール!/お話好きなのかなリクちゃん!
クッチャロ湖のハクチョウさん!

ハクチョウさんのお見送りのため、

浜頓別町にあるクッチャロ湖に行って来ました。


この日は、6000羽ほどのハクチョウさんが湖全体にいて

観察館付近はそれよりも少なく、ヒトに慣れている個体が集まってきているようです。


DSCN1090_convert_20170429073416.jpg

(クッチャロ湖とハクチョウさん!)

ところで、今シーズンから一般市民の餌付けは禁止され、

町の職員さんが、行っていました。

しかし、のちに町のホームページによりますと、

4月25日より個人の餌やりも解禁されたようです。


DSCN1091_convert_20170429073804.jpg

(観察館の周辺にあつまる給餌に慣れているハクチョウさんたち!)

キジ君のパトロール!

滞在組のハクチョウさんたちを探しに行く途中、

最近出会うキジ君。

きっと、ここを縄張りにしていて、日々パトロールをしているようです。

前には、ツグミさんもいました。


DSCN3262_convert_20170429075403.jpg

(キジ君の前にはツグミさんも!)

この近くの草むらからは、突然、メスのキジさんも飛び去りました。

duck4が後ろから歩いて来ても、悠然と歩くキジ君。

普段ならば、すぐに驚いて飛び去るのですが、

かえって堂々としているので、大丈夫なのとこちらの方が心配しました。

そして、「ケーン!ケーン!」ホロ打ちを始めました。


DSCN3280_convert_20170429075124.jpg

(「ケーン!ケン!」とホロ打ちをするキジ君!)

すると、遠くからも聞こえて来ました。

毎日のように、自分の縄張りをパトロールをするキジ君。

これからの季節は忙しいのでしょうね。


DSCN3281_convert_20170429075616.jpg

(パトロールお疲れさまキジ君!)

オオハクチョウさんのリクちゃん!

羽をけがして帰れなくなったリクちゃん。

たった1羽で滞在組から離れて泳いでいました。


DSCN3402_convert_20170429080624.jpg

(オオハクチョウさんのリクちゃん!)

そして、duck4を見ると近づいて来てくれるようになりました。

また、「ウー!ウー!」と犬がうなるような声だけではなく、

「ク!ク!」と優しい声でアドちゃんのように話しかけてくるようにもなりました。

寂しいのか、おしゃべりをしたかったのでしょうか?


DSCN3407_convert_20170429080402.jpg

(リクちゃん!)

ところで、羽の方ですが、風切羽の一部が汚れてきて、

すかすかになっているものも見られます。

まだ、4月下旬なので換羽まではもう少し先になりますが、

これから初夏に向けて体も変化してくるのでしょう。


話は変りますが、

ミルクちゃんの羽も抜けかけていたのを見つけました。


DSCN3401_convert_20170429080437.jpg

(リクちゃんの羽の状態!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト
[2017/04/30 05:01] | ハクチョウさん・レポート② | トラックバック(0) | コメント(4) |
大沼のコハクチョウさんを見ておちびちゃんを思い出す!/アドちゃんの行く手を邪魔するビニール袋!
コハクチョウさんを見ておちびちゃんを思い出す!

クチバシを大きく開けて、

「コォ!コォ!コォ!」と鳴き騒ぐコハクチョウさん。

何か、自分を主張しているようにも見えます。


DSCN2470_convert_20170428070451.jpg

(「コォ!コォ!コォ!」と羽を広げて鳴き騒ぐコハクチョウさん!)

こんな姿を見ると、

あのお星様になったおちびちゃんを思い出します。


この仔は、あのおちびちゃんよりもおとなしかったですが、

羽を大きく広げて仲間に何かを訴えているようでした。

「強いんだぞ!」

とでも言いたかったのでしょうか?

これは、想像の域ですが。


DSCN2471_convert_20170428070421.jpg

(周りに強いことを主張しているようなコハクチョウさん!)

稚内の大沼で出会ったこの仔は、

どちらかというと勝気な性格のコハクチョウさんのようでした。


DSCN2473_convert_20170428070336.jpg

(勝気な仔を見ているとあのおちびちゃんを思い出します!)

アドちゃんの行く手を邪魔するビニール袋!

話は七北田川になりますが、

サクラも終わり、菜の花が満開になってきました。

この頃になると、遠出するように滞在組のハクチョウさんたち。

それぞれが、別れて行動することがあります。

この時は、アドちゃんとシンちゃんが一緒にいました。


そして、土のあたりをほじくっているアドちゃん。

新鮮な草をついばんでいるようでした。


DSCN3302_convert_20170428072604.jpg

(新鮮な草をついばんでいるアドちゃん!)

DSCN3301_convert_20170428072754.jpg

(見つめるアドちゃん!)

すると、アドちゃんの行く手を邪魔するかのように漂っているビニール袋。

「アドちゃん!それ食べてダメだよ!」

と注意をしたのですが、突っつきました。


そして、

「ダメ!ダメ!ダメ!」

と繰り返し話しかけると、突っつくのを止めました。

ほっとしたduck4でです。


DSCN3305_convert_20170428072922.jpg

(アドちゃんの行く手を邪魔するビニール袋!)

その後は、クチバシを大きく開けて、やれやれといった表情を見せてくれました。

まるで、こちらの心配をよそにです。


DSCN3310_convert_20170428073059.jpg

(クチバシを大きく開くアドちゃん!)

アドちゃんたちや滞在組のハクチョウさんたちが棲んでいる七北田川には、

作為的に捨てられたゴミが捨てられています。

それも、自然界には分解できないものです。

そんな環境の中でハクチョウさんのみならず鳥さんたちは生きています。


DSCN3312_convert_20170428073130.jpg

(アドちゃん!)

DSCN3309_convert_20170428074203.jpg

(こちらはシンちゃん!)

クイズの答え!

答えが遅れましたが、

今日、発表します。

1枚目の写真は、ちょっと難しかったと思いますが、

答えは、広島空港が正解でした。

山の中にある空港で、よくこんなところに空港を作ったのかと驚きました。

以前、着陸に失敗した事故もあり、

濃霧が発生して欠航したら、新たにルート変更を考えなければならないのでハラハラドキドキでした。


DSCN0691_convert_20170424072527.jpg

(広島空港!)

2枚目の写真は、羽田空港です。

こちらは、世界第5位の旅客数でわかっていただけたと思います。

またTOKYO2020の看板もヒントになったと思われます。


DSCN0783_convert_20170425075625.jpg

(羽田空港!)

3枚目の写真はお分かりいただけたでしょうか?

ヒントにアザラシと流氷を上げました。

この答えはオホーツク紋別空港でした。


DSCN0886_convert_20170427083408.jpg

(オホーツク紋別空港!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/29 05:05] | ハクチョウさん・レポート② | トラックバック(0) | コメント(4) |
中継地の大沼のハクチョウさんたちの傾向とは!
バードハウスを管理しているいつものスタッフさんに聞いたところ

「慣れているのはオオハクチョウさんで、

おそらく、ヒトの生活圏の近いところで繁殖を行っているからでしょう」


とおしゃっていました。


七北田川でもオオハクチョウさんの方が、

よくduck4に近づいて来る傾向があります。


DSCN2367_convert_20170427075115.jpg

(近くを歩いている2羽のオオハクチョウさんの幼鳥!)

そして、大沼で見ていると、

近くにいるのがオオハクチョウさんの方が、

比較的多かったのではないかと思います。


また、今回のduck4のフィールド旅のひとつの目的に、

大沼の幼鳥率飛来数を知ることにありました。

スタッフさんは、飛来中のハクチョウさんの数を

オオハクの成鳥と幼鳥、コハクの成鳥と幼鳥とに分類して

記録を取っています。

すごい貴重な統計的にも価値がある記録だと思います。


DSCN2317_convert_20170427080129.jpg

(群がるハクチョウさんたち!)

それによりますと、

2016年の春の渡りでは、オオハクチョウさんとコハクチョウさん共に

中継地の大沼に立ち寄っていました。


一方、2016年の秋の渡りでは、大多数がコハクチョウさんのみで、

ほとんどのオオハクチョウさんは、通過しました。

オオハクチョウさんの方は、大沼を経由せずに直接、越冬地へと行くのでしょうか?

興味深い結果です。


DSCN2304_convert_20170427075721.jpg

(給餌の時間になり一斉に集まるハクチョウさんたち!)

クイズ この空港は!?


DSCN0886_convert_20170427083408.jpg

「ここはどこの空港でしょうか?」

ヒント!

羽田から1日1便のみ就航しています。

羽田からは623マイルです。


DSCN0890_convert_20170427083500.jpg

アザラシさんと流氷で有名な街です。

皆さんからのお答えお待ちしております!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/28 05:03] | ハクチョウさん・レポート② | トラックバック(0) | コメント(4) |
稚内大沼で出会った目が充血しているオオハクチョウさん!
4月下旬の稚内にある大沼

このシーズンは、北のシベリアへ戻るハクチョウさんたちが集まる中継地になります。

今年もまた来ました。


そこで、見ていると1羽気になるオオハクチョウさんを発見。

首に何かついていました。

それは、のようです。


DSCN2502_convert_20170426071507.jpg

(首に泥をつけたオオハクチョウさん!)

しかし、それだけではありません。

何か、目が充血しています。


DSCN2503_convert_20170426071605.jpg

(充血した目!)

DSCN2505_convert_20170426071638.jpg

(反対側の目も!)

duck4も今まで出会ってきましたが、

目が充血しているハクチョウさんを見るのは初めてです。


DSCN2518_convert_20170426072216.jpg

(クチバシのあたりに出血が!)

写真を見ていると、瞬幕の一部が欠けて、

充血しているようにも見えます。


DSCN2531_convert_20170426072244.jpg

(瞬幕の一部が壊れ充血しているようなハクチョウさん!)

日本白鳥の会の研修会のときに、

「眼球が突出したハクチョウさん」の報告がありました。

またバードリサーチ白鳥通信2017年2月号の『水鳥の奇生する「ミズドリヒル」』の論文では、

水鳥による眼球突出はヒルによるものではないか結論付けています。


もしかしたら、この充血した瞬幕の一部が破けたオオハクチョウさんも、

そのような原因によるものなのでしょうか。

疑問に思ったduck4であります。


DSCN2528_convert_20170426072331.jpg

(元気に餌場を歩き回っている目が充血しているオオハクチョウさん!)

(参考論文)

バードリサーチ水鳥通信2017年2月号の『水鳥の奇生する「ミズドリヒル」』望月明義。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/27 05:05] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(8) |
餌場と塒を往復するハクチョウさん!
餌場と塒を往復するハクチョウさん!

餌場と塒が隣接しているので、中継地には本当に適しているのでしょう。

牧場では、たくさんのハクチョウさんが新鮮な草をついばんでいました。


DSCN2210_convert_20170425073435.jpg

(牧場を餌場にしているハクチョウさん!)

ここは、稚内の大沼にあるバードハウスのそば。

この日は、空気が澄み渡っていたので、

ユキに覆われた利尻富士がくっきりと見えました。


スタッフさんのお話によりますと、

「この風力発電用の風車の回転する音が、特に風が強い時には、ここまで聞こえて来る」

とのこと。

さぞかし、うるさいのかもしれません。


そんなことを気にしているのかどうかわかりませんが、

見ていると、餌場と塒を行ったり来たりしながら

ハクチョウさんたちは飛び回っていました。


DSCN2220_convert_20170425073330.jpg

(餌場に舞い降りようとするハクチョウさん!)

七北田川のハクチョウさんたち!  

この日の朝も遠出をする滞在組。

上流から斑ちゃん、チンさん、シンちゃん、アドちゃん、ティちゃんが

一緒になって泳いで来ました。


DSCN3130_convert_20170425083434.jpg

(シンちゃん、チンさん、斑ちゃん、アドちゃん、ティちゃん!)

そして、枝の上には、ホオジロさんが止まっていました。

カメラを変えたことで、遠くからでも気づかれずに撮影可能になりました。

このホオジロさんは、こちらに気づいていないようでした。


DSCN3022_convert_20170425083401.jpg

(ホオジロさん!)

クイズ この空港は!?

DSCF2900_convert_20160917192326.jpg

「ここはどこの空港でしょうか?」

ヒント

世界で年間第5位の旅客数を誇る空港です。

昨日のクイズの答え、広島空港からの便を乗り換え、

次の目的地へ向かう飛行機の前で撮影しました。

duck4は、空旅は好きです。

いつもワクワクします。


DSCN0783_convert_20170425075625.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/26 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(8) |
ハクチョウさんと利尻富士!/とある夕方の滞在組の様子!/アドちゃんからのクイズ!?
ハクチョウさんと利尻富士!  

多くのハクチョウさんたちは、

中継地の北海道に集まっているようです。

そのひとつが日本最北端の稚内にある大沼

この日は、空が透き通るような青空で、

ハクチョウさんたちをバックに利尻富士を撮影できました。

地元の方曰く、ここまで、きれいに見えることがないとのこと。

duck4は幸運でした。


ところで、これよりおいおいと北海道のハクチョウさんレポは、

duck4ブログにて投稿したいと思っております。


DSCN2350_convert_20170424064629.jpg

(ハクチョウさんと利尻富士!)

とある夕方の滞在組の様子! 

七北田川では、もう滞在組のみになりました。

そこに、あの飛べないオオハクチョウさんのリクちゃんも入り、

7羽になりました。


とある夕方。

斑ちゃんとチンさんだけで行動していました。


他の5羽。

ミルクちゃん、シンちゃん、アドちゃん、ティちゃんとリクちゃんは、

橋の周辺にいました。


DSCN3070_convert_20170424065658.jpg

(チンさんと斑ちゃん!)

DSCN3074_convert_20170424065852.jpg

(新しいメンバーのリクちゃん!)

DSCN3077_convert_20170424070044.jpg

(夕日の光に照らされるコハクチョウさんのティちゃん!)

DSCN3091_convert_20170424070316.jpg

(シンちゃん!)

DSCN3097_convert_20170424071051.jpg

(アドちゃん!)

アドちゃんからのクイズ!?

DSCF2900_convert_20160917192326.jpg

ここはどこの空港でしょうか?

ヒント!!

仙台からの直行便は1日2往復。

羽田便ではボーイング777型ー200型が使われています。

また、早朝、、台湾の中華航空と中国の中国東方航空が駐機していました。

どこの空港だと思いますか?

お答えお待ちしております。


DSCN0691_convert_20170424072527.jpg

(駐機中のボーイング777機ー200型!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/25 05:03] | ハクチョウさん・レポート② | トラックバック(0) | コメント(6) |
春本番で遠出する滞在組!
一方、4羽の滞在組のハクチョウさんのちゃん、チンさん、シンさん、アドちゃんは、

上流の堰まで出かけていました。

そして、遠くから「コーイ!コイ!」白鳥語で呼んだのですが、

近づいてくれませんでした。


もしかしたら、水が勢い良く流れていたので、

近づけなかったのかもしれません。


この堰の近くにあるサクラ並木まで出かけるようになると、

もう飛来組の姿もなく、滞在組のハクチョウさんたちのみになります。


DSCN3009_convert_20170423230039.jpg

(滞在組の斑ちゃん、チンさん、アドちゃん、シンちゃん!)

DSCN2994_convert_20170423230122.jpg

(葉桜になってきたサクラの並木道!)

そして、戻る途中、「ケーンケン!」とホロ打ちをするオスのキジくんの鳴き声が高らかに聞こえて来ました。

すると、草むらから、その勇姿が見られました。

「ここは、縄張り、近づくな!」

とでも言っているかのようでした。


DSCN3015_convert_20170423230708.jpg

(キジくん!)

また、枝の先には、モズさんも止まっていました。

この場所では、よく見かけるので、

縄張りのひとつではないかと思います。


DSCN3021_convert_20170423231306.jpg

(モズくん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/24 05:05] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
リクちゃんのお顔の特徴!
とある朝。

七北田川には、7羽の滞在組のみになりました。

そして、2つの群れに別れて行動していました。

ひとつの群れは、リーダーの斑ちゃん、チンさん、シンさん、アドちゃんで、

桜並木がキレイな上流にある堰まで出かけていました。


一方、ミルクちゃん、ティちゃんともう1羽ケガをしているオオハクチョウさんのリクちゃんが一緒にいました。

どうやらリクちゃんも滞在組の仲間入り!?を果たしたのでしょうか。


DSCN3068_convert_20170423101941.jpg

(ミルクちゃん、リクちゃん、ティちゃん!)

ところで、リクちゃんですが、

お顔とクチバシの間に黒い線のような模様があります。

これが見分ける特徴のひとつになりそうです。

首は細くて長いのですが、体はがっしりしています。


DSCN3063_convert_20170423101828.jpg

(黒い線が特徴のリクちゃん!)

DSCN3065_convert_20170423101908.jpg

(クチバシの模様が深くY字なっているミルクちゃん!)

リクちゃんにとって仲間とともに北へと帰れないことで、

ここで生きていくことは不本意だったことでしょう。

けれども、これから、何とか皆と一緒にナカヨクなって欲しいと願っているduck4であります。


DSCN3063_convert_20170423101828.jpg

(リクちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/23 05:07] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(4) |
電線で休んでいるツバメさん!
春になり住宅地でもツバメさんが飛び回る姿を見かけるようになりました。

きっと、巣の場所を見つけ、つくり、子育ての準備を始めているのでしょうか。


七北田川でもツバメさんが水面ギリギリを飛びまわっています。

水を飲んだり、体を清潔にして水浴びをしたり、

また食べ物の虫でも探しているのでしょう。


でも、そんな飛び回っているツバメさんを撮影するのは至難の業。

もしチャンスのときは、電線で休んでいる時です。


おそらく、このツバメさん。

疲れていて、休んでいたのでしょう。

邪魔をしてしまったようです。


DSCN0060_convert_20170411072945.jpg

(休んでいるツバメさん!)

ちなみに、仙台管区気象台による動物季節観測によると、

今シーズンのツバメさんの初観測は、4月16日とのこと。

平年4月11日なので5日遅くなりました。


ところで、duck4の定点ポイントの七北田川では

4月8日でした。


DSCN0061_convert_20170411072327.jpg

(ツバメさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/22 05:03] | アヒル・白鳥・野鳥⑦ | トラックバック(0) | コメント(4) |
七北田川のカワアイサさんのお友達!
七北田川の常連さんの鳥さんのひとつ。

それが、オスのカワアイサさんです。

近くにメスもいました。

ツガイだったのでしょうか。


DSCN0030_convert_20170410193708.jpg

(カワアイサさん!)

カワアイサさんは、渡り鳥ですが、

頻繁に見かけます。

もしかしたら、ここにいついている仔なんでしょうか。


DSCN0031_convert_20170410182755.jpg

(カワアイサさん!)

DSCN0262_convert_20170417195357.jpg

(サクラの花びらと幹の鼓動!)

大雨で感じる季節の移ろい!

大雨が降るようになり、川が増水するということは、

季節が、春から初夏へと向かっていることを肌で感じます。

この日も2箇所に別れて10羽のハクチョウさんたちがいました。


あの片足を骨折している子どものコハクチョウさんも、

2羽のツガイのオオハクチョウさん、リクちゃん、滞在組の斑ちゃん、チンさん、ティちゃんがいるところに一緒にいました。

大雨が降った日には、ハクチョウさんたちは、高いところの退避してやり過ごしているようです。

ミルクちゃん、シンさん、アドちゃんの3羽は、丘に上がって泥色に濁った川を見ていました。


DSCF5121_convert_20170418065747.jpg

(一番前を泳いでいるのが片足を骨折している子どものコハクチョウさん!)

DSCF5132_convert_20170418065831.jpg

(丘にいるミルクちゃん、シンさん、アドちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/21 05:06] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(2) |
七北田川のアオサギさんのお友達!
カメラを向けると、すぐ飛び去ってしまうアオサギさん。

でも、この時は気づかず、おさまってくれました。

倍率の高いカメラで撮影したからでしょうか。

それとも、duck4に気づいていなかったのでしょうか。


毎年、春なると、

ここから約2~3キロほど離れたところにサギさんたちの繁殖コロニーがあります。

4月にもなったので、そろそろ子育ての準備のため巣を構えているのかもしれません。

子どもが生まれると、よく餌場と巣を行き来する親鳥の姿を見かけるようになります。

その季節もまもなくです。


DSCN0010_convert_20170410182425.jpg

(アオサギさん!)

また、ここから下流にも、餌を探している

1羽のコサギさんがいました。

繁殖羽が、強風に揺らいでいました。


DSCN0238_convert_20170417195148.jpg

(強風に揺らぐコサギさんの繁殖羽!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/20 05:10] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(4) |
七北田川のカルガモさんのお友達!
1年中いてくれる鳥さんと言えば、

それは、カルガモさんたち。


給餌中には、滞在組の周りに集まってきて、

横取りしています。


特に、マイペースなアドちゃんなんかはよく被害にあっています。

小回りがきくので、体の大きなハクチョウさんには、あのような俊敏な動きは出来ないからなんでしょう。


ただ、そんなカルガモさんも油断すると、ハクチョウさんに捕まって、

痛い目にあっているところを何度ともなく目撃しています。


そして、ちょうど、この仔は、

首のところが痒かったのか、

クチバシでつっついているようでした。


DSCN0005_convert_20170410182615.jpg

(カルガモさん!)

ところで、このサクラの並木道は、

duck4がお気に入りの場所。

例年だと、このあたりまで滞在組のハクチョウさんたちが遠征するのですが、

今シーズンはまだのようです。


DSCN0307_convert_20170417194024.jpg

(サクラ並木!)

DSCN0314_convert_20170417194326.jpg

(明るめの露出で撮影したサクラ並木!)

しかし、サクラには、ヒヨドリさんたちが集まっていました。

時折、けたたましく、「ヒー!ヒー!」と鳴いて、

他の木に移動します。

サクラが散るころには、多くのヒヨドリさんたちも、

繁殖地へと移動するようなので、少なくなります。

なんだか、あの賑やかなヒヨドリさんがいなくなると寂しくなります。


DSCN0311_convert_20170417194239.jpg

(ヒヨドリさんとサクラ!)

DSCN0312_convert_20170417194404.jpg

(ヒヨちゃんみーつけ!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/19 05:05] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(4) |
片足を骨折している子どものコハクチョウさん!
ミルクちゃん!

クチバシに水滴が着いているミルクちゃん。

水を飲んでいたのでしょうか。


DSCN0087_convert_20170413075123.jpg

(水滴がついているミルクちゃん!)

ミルクちゃんの特徴はV字のヘアスタイルです。

そして、いつの間にか、いそいそとそばに近寄って来ます。

特に、duck4に慣れています。


DSCN0053_convert_20170411072646.jpg

(ミルクちゃん!)

この時は、皆と一緒にいましたが、

結構、マイペースで1羽でいることもあります。

そんなときは、独りきりになりたいのかな!?

と思ってしまいます。


DSCN0058_convert_20170411072507.jpg

(ミルクちゃんの横顔!)

片足を骨折している子どものコハクチョウさん!

ケガをしたハクチョウさんたちの続出の今シーズン。

足をけがしている子どものコハクチョウさんも旅立ったと思いきや、

また姿を現してくれました。


DSCN0299_convert_20170417074636.jpg

(片足が骨折している子どものコハクチョウさん!)

しかし、滞在組のハクチョウさんに交わることありません。

きっと、皆と一緒に旅を続けたかったと思いますが、

断念せざろうえなかったのかもしれません。


DSCN0300_convert_20170417074704.jpg

(骨折の影響で片足が曲がっている子どものコハクチョウさん!)

片足を骨折して不自由な体になってしまいましたが、

この子どものコハクチョウさんは、生命力にあふれています。


早朝、早速、餌場へ向かって飛び立って行きました。

今後、ここに残るのか、それとも旅立つのかわかりませんが、

応援したいハクチョウさんがまた1羽増えたduck4であります。


DSCN0301_convert_20170417074736.jpg

(片足が不自由でも飛べる子どものコハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/18 05:07] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(6) |
丸く見えるアドちゃん!
休日の夕方。

七北田川には、6羽の滞在組、リクちゃん、ツガイのオオハクチョウさんのカップル、子どものオオハクチョウさん。

計10羽いました。


そして、翌朝、

同じところには、子どものオオハクチョウさんがいなくなり、

計9羽になっていました。

子どものオオハクチョウさんはどこに行ったのでしょうか?


最近、行くと、話しかけてきてくれるチンさん。

「ク!コォ!コォ!コォ!」と時々首を上下動かしたりと、

duck4がいる間、鳴き続けてくれます。


仲間に話しているのか、

それともduck4に話しかけているのかわかりませんが、

白鳥語で何か伝えようとしているのは確かなのです。


DSCN0181_convert_20170416075615.jpg

(片目をつぶっているチンさん!)

DSCN0183_convert_20170416075649.jpg

(水面に映し出されているチンさん!)

DSCN0185_convert_20170416075533.jpg

(おかっぱ頭がかわいいチンさん!)

ところで、カメラを変えたことで、

今まで取れなかったアングルで写真が撮れるようになりました。

そのおかげで、顔のドアップも撮影できるようになり、

表情まで何となくですが伝わってくるような錯覚を覚えます。


肉眼で見ると、

カメラのレンズで映し出された写真を見るのとでは、

大分、顔の表情も違うので、ちょっと違和感もあります。


それは、ヒトの眼とカメラ越しのレンズとの違いからなんでしょうか。

どちらかと言うと、カメラの方が、実物よりも丸く見えてしまうような気がします。


特に、そう思ったのは、アドちゃんを撮影したとき。

「こんなに丸かったかな!?」

と写真を見るたびに驚いております。


DSCN0202_convert_20170416080905.jpg

(丸く見えるアドちゃん!)

そんなアドちゃんですが、カメラを変えたことで、

以前のように「ク!ク!ク!」と鳴いて近づくことが少なくなったようにも感じます。

それは、duck4はカメラに夢中になっていることが面白くないとでも思っているのでしょうか?

そのあたりは聞いてみないとわかりませんが。


アドちゃんも、まもなく6月で3歳になるので、

関心が、他に移っているのか、その真意は、まだまだ測りかねているduck4であります。


DSCN0204_convert_20170416081006.jpg

(アドちゃんの横顔!)

DSCN0203_convert_20170416080937.jpg

(アドちゃん!)

ところで、仙台のサクラは満開です。

毎年、春になりサクラを見るたびに特別な思いになります。

そして、今年もブログに投稿しています。

サクラをさかいに、冬鳥と夏鳥が入れ替わるのですが、

まだ、七北田川には、飛来組のハクチョウさんたちも残って、

ハクチョウさんとサクラのコラボを愉しんでいます。


DSCN0213_convert_20170416081856.jpg


DSCN0216_convert_20170416081925.jpg

DSCN0214_convert_20170416082221.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/17 05:01] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(6) |
満開のサクラとふて寝するアドちゃん!?
サクラが満開になった仙台。

七北田川にも10羽のハクチョウさんがいます。

そのうち、6羽の滞在組とリクちゃんは、居残るでしょう。

ただ、2羽のツガイのオオハクチョウさんと子どものオオハクチョウさんは、

居残るのか、それとも一緒に渡っていくのか目が離せないでいるduck4です。


DSCN0135_convert_20170415073112.jpg

(一緒にいる子どものオオハクチョウさん!)

DSCN0149_convert_20170415073205.jpg

(チンさんと同じおかっぱちゃんとその夫婦!)

話は変りますが、ハクチョウさんは泳ぎながら眠るのでしょうか。

アドちゃんは、下のまぶたが閉じているようですが、

上のまぶたは、薄っすらと開いているようにも見えます。


新しいカメラを使っているおかげで、いろいろなハクチョウさんの様子がわかるようになりました。

ただ、撮影に夢中になるので、以前のようにアドちゃんにかまってあげられず、

どことなくいじけて、ふて寝しているでしょうか。

この時は、チンさん、斑ちゃんのように話しかけてくることはありませんでした。


DSCN0155_convert_20170415074327.jpg

(ふて寝するアドちゃん!?)

ところで、サクラですが、満開になりました。

週末が一番の見ごろになるかと思われます。

一瞬のうちに咲いて散るサクラ。

なぜ、深く心に期するところがあるんどえしょうか。

不思議な花です。


DSCN0159_convert_20170415075037.jpg

(神社のサクラ!)

DSCN0160_convert_20170415075009.jpg

(満開の花びら!)

DSCN0163_convert_20170415074930.jpg

(duck4の標準木!)

DSCN0165_convert_20170415074825.jpg

(ピンク色っぽいサクラの花びら!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/16 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(6) |
満開のサクラと10羽のハクチョウさん!
多くのハクチョウさんたちは、

もうすでに北海道入りしているようです。

例えば、浜頓別町のクッチャロ湖でも1000羽ほどが羽を休めていますし、

日本最北端の稚内市にある大沼でも1000羽ほどが集まっているようです。


そんな多くのハクチョウさんたちが雪どけが進んでいる中継地の北海道に集まっている中、

サクラが満開になった七北田川にも10羽のハクチョウさんがいました。

6羽の滞在組、オオハクチョウさんのカップル、1羽の子どものオオハクチョウさん、

そしてもう1羽子どものコハクチョウさんです。

しかし、リクちゃんには会えませんでした。


話は変りますが、最初に迎えに来てくれたのが、

滞在組のコハクチョウさんのティちゃん。

「フー!フー!フー!」と鳴いていましたが、

そばまで近寄ることはせず、また皆の上流へと泳いで行きました。

距離を保つところを見ると、ティちゃんなりの付き合い方があるようです。


DSCN0107_convert_20170414071441.jpg

(「フー!フー!」鳴きながら近寄るティちゃん!)

ティちゃんに導かれるように上流へと歩いて行くと、

8羽のハクチョウさんたちが出迎えてくれました。

そこには、あのオオハクチョウさんのツガイ。

子どものオオハクチョウさん。

滞在組の斑ちゃん、チンさん、シンさん、ミルクちゃん、アドちゃんが近づいて来ました。

DSCN0108_convert_20170414071950.jpg

(近づく8羽!)

そして、以前は、全く警戒して近づこうとはしなかった、

あの子どものオオハクチョウさんも恐る恐るではありますが、

皆の後を着いて泳いで来るようになりました。

ただ、シャイな性格なのか、臆病なところもあるので、

duck4との距離はまだまだ大分あります。


DSCN0110_convert_20170414072355.jpg

(ミルクちゃんの後を追いかけて泳いでいる子どものオオハクチョウさん!)

DSCN0116_convert_20170414073316.jpg

(子どもにしては結構真っ白なオオハクチョウさん!)

そして、もう1羽は今日は、1羽のコハクチョウさんが残っていました。

おそらく、足を負傷している子だと思います。

この子は、中洲の近くで独りで、

入念に羽繕いをしていました。

飛べるようですが、仲間のコハクチョウさんの群れからは置いていかれて様子。

普段は、どこで何を食べて過ごしているのでしょうか。

とても気になっているduck4であります。


DSCN0113_convert_20170414072839.jpg

(独り残された子どものコハクチョウさん!)

DSCN0112_convert_20170414072920.jpg

(入念に羽繕いをしている子どものコハクチョウさん!)

ところで、花冷えと強風が吹いていましたが、

仙台でも、ついにサクラが満開になりました。

duck4の標準木でも7分咲きになっています。


DSCN0125_convert_20170414073602.jpg

(神社のサクラは7分咲き!)

DSCN0127_convert_20170414073702.jpg

(duck4の標準木!)

DSCN0126_convert_20170414073636.jpg

(ピンク色のサクラの花びら!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/15 05:06] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
10羽のハクチョウさんになった七北田川
「ク!ク!ク!ク!」と話しかけるリーダーのちゃん。

まるで、鳴いて、「こっちを見てよ!」とでも言っているようでもあります。

クチバシに独特な黒い模様があるので、

いつ見てもいかつく感じてしまいます。


DSCN0085_convert_20170413071715.jpg

(斑ちゃん!)

また半開きなので、

どことなく目も鋭いのか、眠いのか!?

どちらとも言えるような表情をしていました。


DSCN0086_convert_20170413072352.jpg

(斑ちゃんのまなざし!)

ところで、今朝。

10羽のハクチョウさんたちがいる七北田川。

そのうち子どもは、オオハクチョウさんの1羽だけ。

あの結構、羽が白い子のみが残っていました。

一緒にいたあの3羽のオオハクチョウさんたちは、わたっていったのでしょうか。

また、足をけがしている子どものコハクチョウさんも見掛けませんでした。


DSCN0100_convert_20170413071921.jpg

(体は大分白くなってきている子どものオオハクチョウさん!)

DSCN0083_convert_20170413071640.jpg

(10羽のハクチョウさんになった七北田川!)

ちなみに、duck4の標準木は、ここまで咲きました。

5分咲きでしょうか。

一気に花が開いたといった感じです。


DSCN0103_convert_20170413072540.jpg

(4月13日のduck4の標準木の様子!)

DSCN0104_convert_20170413072602.jpg

(ピンク色っぽい花びら!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/14 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
オオハクチョウさんとコハクチョウさんの子ども!
サクラが開花した仙台。

そして、七北田川にもまだ12羽のハクチョウさんがいます。

そのうち2羽は、オオハクとコハクの子どもです。

そこには、6羽の滞在組。

羽をけがしているリクちゃん。

あのカップルのオオハクチョウさんもいます。


この日は、前日に、たくさん雨が降り、

今年に入って初めて川が増水していました。


DSCN0071_convert_20170412070239.jpg

(滞在組のシンちゃん!)

DSCN0070_convert_20170412070141.jpg

(ちょっと羽が土色に色しているアドちゃん!)

DSCN0077_convert_20170412071230.jpg

(羽をけがしているオオハクチョウさんのリクちゃん!)

DSCN0074_convert_20170412070525.jpg

(いつもより増水している川を泳いでいるティちゃん!)

ところで、2羽のハクチョウさんは、

duck4が「コォ!コォ!コォ!」と滞在組を呼ぶときのように白鳥語で話しかけても、

そばまでは近づこうとはしません。


ただ、結構、羽が白くなってきている子どものオオハクチョウさんは、

行こうか行かないか!?迷っている様子で、正直ためらっているようにも見えます。

一緒にいる3羽の子どもたちは、見かけず独りぼっちでいました。

そして、水中にいる食べ物でも探しているようでした。


DSCN0072_convert_20170412070339.jpg

(白くなってきている子どものオオハクチョウさん!)

DSCN0073_convert_20170412070430.jpg

(何か食べ物を探している子どものオオハクチョウさん!)

もう1羽の子どものコハクチョウさんは、

中州で羽繕いをしていました。

いつもは、もう1羽の子と一緒に行動しているのですが、独りぼっちでした。

もしかしたら、この子が、足をけがしているのかもしれません。

この子に対しても、「おいでよ!」と心の中で呼びかけているのですが、

全く、来る気配はありませんでした。


これは、duck4の意見ですが、

オオハクチョウさんに比べ、コハクチョウさんの方が警戒心が強いところがあるのではないか。

それは、あのおちびちゃん、ティちゃん、そしてこの子も然りですが、

なれなれしくすることはありませんでした。


ただ1羽、例外は、ツンドラYちゃんで、

見るとこちらへと近づいてきてくれました。


DSCN0080_convert_20170412070704.jpg

(もしかしたら足をけがしている子どものコハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/13 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
ちょっとお疲れなのチンさんなのかな!
チンさん、最近お疲れモードなのでしょうか。

見ていて、そんな感じを受けます。


しかし、「ク!コォ!コォ!コォ!」と大きな声で鳴いていたので、

duck4の思い過ごしだったら良いのですが。

特に、チンさんも、duck4によく白鳥語で話しかけてくれる1羽なのです。


DSCN0055_convert_20170411072555.jpg

(チンさん!)

それから、あのナカヨシ夫婦のオオハクチョウさんもまだ残っています。

どうやら、急ぐ旅ではないようです。


ただ、北海道の中継地にはたくさん集まり始めているので、

かえって、こちらの方が焦ってしまいます。


ところで、このカップルを見ていると、

すごく愛情深いなんだなあと思わせられます。

生き続けていく限り、一生の伴侶なのもうなずけます。


DSCN0054_convert_20170411072832.jpg

(ナカヨシ夫婦のオオハクチョウさん!)

この日も、七北田川には、まだ13羽がいます。

確実に残るのは、6羽の滞在組とケガをしているリクちゃん。

このツガイのハクチョウさんを含む4羽の子どもたちは、どうするのか今のところは未定のようです。

聞いてみたいところなのですが、もちろん、まだ実現できていません。


話は変りますが、

この後、急に、ハクチョウさんが強い声で「コ!」と皆で交互に鳴き交しを始めました。

どうやら、対岸に4つ足動物らしきものがいたので、

その警戒だったのかもしれません。

そろそろ、繁殖のためキツネさんも来ているのでしょうか。


DSCN0056_convert_20170411073336.jpg

(13羽のハクチョウさんたち!)

サクラの方ですが、3分咲きくらいでしょうか。

duck4の標準木も一斉につぼみから花を咲かせました。

今週末が満開になると思われます。


DSCN0067_convert_20170411072420.jpg

(duck4の標準木!)

DSCN0065_convert_20170411073035.jpg

(咲き始めのサクラ!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/12 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
滞在組、ツガイ、リクちゃん、4羽の子どもたちのいる七北田川!
今朝は、アドちゃん、シンちゃん、2羽の飛来組の成鳥のツガイが、

いつもの定点観測ポイントでduck4を待っていました。


そして、新しいカメラでアドちゃんを撮影してみました。

後で、見てみると、アドちゃんは細い仔なのですが、

ふっくらして見えます。

いつもと表情が違うので、ちょっと驚きです。


でも、アドちゃんは、「ク!ク!」の優しく鳴きながら近づいて来てくれました。


DSCN0003_convert_20170410072127.jpg

(アドちゃん!)

こちらは、この1週間ほど見かける2羽のオオハクチョウさんのツガイ

ケンカするところも全くないので、とてもナカヨシ夫婦です。

もしかしたら、老夫婦!?

ハクチョウさんは一度夫婦になったら、一生付き合う愛情深い鳥さんです。


そして、4月になっても、まだ七北田川にいるということは、

どちらかに、何か、あったのでしょうか。


まだ、子どもたちが4羽も残っているので、

一緒に北へとわたっていって欲しいと願っているduck4であります。


DSCN0013_convert_20170410072215.jpg

(飛来組の2羽のツガイ!)

すると、しばらくすると、上流から滞在組の斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃん、ティちゃん。

羽をけがしているオオハクチョウさんのリクちゃん。

それに3羽の子どものオオハクチョウさんが一緒に泳いで来ました。

これで合計12羽になりました。


DSCN0018_convert_20170410072611.jpg

(上流から泳いで来た滞在組、リクちゃん、3羽の子どもたち!)

それから、上流の中州へと探しに行くと、

たった1羽で子どものオオハクチョウさんがいました。

いつもの仲間と離れて行動しているようです。


ところで、この子は、とても警戒心が強く、他の3羽のように近くことは全くしません。

結構、奥手でシャイな子なんです。


でも、羽の方は、

他の子たちよりも、真っ白になってきています。


DSCN0026_convert_20170410072354.jpg

(中洲付近にいた1羽の子ども!)

ところで、duck4の標準木のサクラですが、

やっと咲き始めました。

仙台での開花宣言は4月7日だったので、3日遅れの開花になりました。


DSCN0042_convert_20170410072446.jpg

(4月10日に開花したduck4の標準木!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/11 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(8) |
今日も15羽のハクチョウさんたち!
夕方、中洲に行ってみると、

13羽のハクチョウさんたちがいました。

うち、ティちゃん以外は、皆、オオハクチョウさんたちです。

うち4羽は子どもたちでした。

ちなみに、中州を占領して休んでいたのが6羽の滞在組でした。


DSCF4987_convert_20170409075356.jpg

(中州周辺にいた13羽のハクチョウさんたち!)

翌朝、行ってみると、

たった1羽でいたコハクチョウさんの子ども

近づいていくと、離れて行ったので、そのあとを追うのを止めました。


DSCF4994_convert_20170409075434.jpg

(1羽の子どものコハクチョウさん!)

そして、他のハクチョウさんたちを中州に行ってみると、

そこには、あの子どものコハクチョウさんが、ちょうど飛んで来ました。

もしかしたら、後を追いかけてきたのでしょうか?

この子は、自由に空を飛べるようです。


DSCF5001_convert_20170409075517.jpg

(皆がいる中州に1羽子どものコハクチョウさんが飛来!)

そして、数えてみると、

成鳥9羽幼鳥6羽計15羽です。

うち3羽がコハクチョウさんです。

今シーズンの七北田川のハクチョウさんたちからは、

なかなか目が離せない状態が続いております。


DSCF5038_convert_20170409075622.jpg

(コハクチョウさんのティちゃん!)

DSCF5051_convert_20170409075653.jpg

(羽を怪我しているオオハクチョウさんのリクちゃん!)

DSCF4983_convert_20170409075318.jpg

(最近やって来た飛来のツガイのような2羽のオオハクチョウさん!)

仙台では、4月7日に開花宣言が出ましたが、

duck4の標準木は、まだつぼみ状態。

一厘も咲いていませんでした。

明日、開花するような気配もします。


DSCF5053_convert_20170409075722.jpg

(つぼみもピンクに色づき始めたduck4の標準木!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/10 05:04] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(4) |
14羽のハクチョウさんとサクラ!
いつもの定点観測ポイントに行ってみると、

最初、ティちゃんを除く5羽の滞在組のハクチョウさんたち。

そして、もう1羽は子どものコハクチョウさんでした。


DSCF4902_convert_20170408074639.jpg

(5羽の滞在組と1羽の子どものコハクチョウさん!)

ところで、この子どものコハクチョウさんは、duck4のところには近づくことなく、

たった独りでここから飛び去って行きました。

もう1羽の子はどうしたのでしょうか。

いませんでした。


DSCF4911_convert_20170408074606.jpg

(飛び去る1羽のコハクチョウさん!)

そして、「ク!コォ!ク!コォ!」と鳴くチンさん。

でも、ちょっとお疲れモードな感じを受けました。

最後までduck4のところにいましたが、

時々、こっくりこっくりと転寝をしてました。

何でもなければ良いのですが、ちょっと、今朝は、気になりました。


DSCF4927_convert_20170408074713.jpg

(チンさん!)

DSCF4934_convert_20170408074748.jpg

(転寝するチンさん!)

そして、4羽の子どもたち、リクちゃんがいなかったので、

上流の中州まで行ってみると、そこには7羽いました。

それは、皆、オオハクチョウさんたち。

4羽の子どもたち2羽の成鳥のペア!?そして羽をケガしているリクちゃんです。

リクちゃん以外の6羽は飛べるのですが、まだ仙台サクラが開花しても七北田川に残っています。

どうも、繁殖地には急ぐ必要がないからのんびりしているのでしょうか。

そう思うようにしています。


それから、河川敷では、ビューン!ビュン!と飛び回るツバメさんを多く見かけるようになりました。

ウグイスさんにツバメさん。

そして飛来組のハクチョウさんと冬と春が同居している七北田川です。


DSCF4945_convert_20170408074440.jpg

(中州にいた7羽のオオハクチョウさんたち!)

ところで、仙台では4月7日に開花宣言が出されましたが、

duck4の標準木のサクラは、まだつぼみ状態でした。

新しい木なので、開花が若干遅れるのでしょうか?

開花は、時間の問題のような感じのduck4の標準木です。


DSCF4964_convert_20170408074513.jpg

(まだつぼみの標準木!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/09 05:05] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(4) |
ハクチョウさんとサクラ!
七北田川のいつもの定点観測ポイントでは、

6羽の滞在組、

オオハクチョウさんのリクちゃん、

2羽の子どものコハクチョウさん、

4羽の子どものオオハクチョウさんがいました。


そのうち2羽のコハクチョウさんの子どもたちは、たぶん、餌場へと一緒に飛んで行きました。

でも、4羽の子どもたちは、いつも給餌する地元の方を待っていました。

今シーズンは、いつもとは違う展開になっているので、duck4もとても驚いています。


DSCF4895_convert_20170407073337.jpg

(6羽の滞在組、リクちゃん、4羽の子どもたち!)

ところで、仙台市にある標準木のサクラの方は、4月7日に開花

ちなみに、いつものduck4の標準木のサクラは、まだつぼみ状態です。

気象台の標準木よりもいつも1日~2日ほど遅れて開花すると思われます。

サクラが咲くと、春本番になります。


DSCF4860_convert_20170407073304.jpg

(4月6日のサクラの様子!)

DSCF4899_convert_20170407073405.jpg

(4月7日のサクラの様子!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/08 05:01] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
15羽のハクチョウさんたち!
「おはよう!」

「ク!ク!ク!」

「アドだよ!」

そんな様子で写真に写ってくれました。


とろで、この日は、6羽滞在組と4羽の飛来組(うち3羽は子どもたち)が

いつもの定点観測ポイントにいました。


DSCF4807_convert_20170406072933.jpg

(アドちゃん!)

そのうち2羽は、子どものコハクチョウさん。

群れに置かれたのでしょうか。

ケガをした仔も飛べるようになり、餌場まで出かけられるようになりましたが、

今のところは居残っています。

ずっと、見て来ましたが、まったく、近づくことはない子たちです・


DSCF4813_convert_20170406073007.jpg

(2羽の子どものコハクチョウさん!)

すると、突然、2羽一緒になって、助走をつけて飛び去っていきました。

今日も朝食を食べに餌場に出かけるのでしょうか。

2羽でいると、一応、安心します。


DSCF4820_convert_20170406073113.jpg

(飛び立つ2羽の子どもたち!)

そして、久しぶりに、あの成鳥のオオハクチョウさんが戻って来ました。

それは、あの羽を怪我しているリクちゃん。

最近、見かけないので、どこにいたのだろうかと心配になりましたが、

また、ここに戻って来たようです。


DSCF4816_convert_20170406073042.jpg

(ケガしたオオハクチョウさんのリクちゃん!)

そして、上流へと行く途中、

5羽のハクチョウさんが群れをなして、下流の方へと飛んで来ました。

よくみると、3羽が幼鳥で2羽が成鳥でした。

前日までは、4羽の子どもがいたはずなんですが、今朝、行ってみるとオオハクチョウさんの子どもは1羽のみ。

もしかしたら、その3羽の子どもたちが混じっているのではないかと期待を寄せました。


DSCF4828_convert_20170406073151.jpg

(大空には5羽のハクチョウさんの群れ!)

それから、再び、いつもの定点観測ポイントに戻ってみると、

13羽のハクチョウさんになっていました。


DSCF4834_convert_20170406073225.jpg

(こちらへ向かって泳いで来るハクチョウさんたち!)

ここでちょっとした算数の話になります。

【最初見たとき】

6羽の滞在組+2羽の子どものコハクチョウさん+1羽の子どものオオハクチョウさん+リクちゃん=10羽

【数分後】

10羽-2羽の子どものコハクチョウさん=8羽

【戻ってきてから】

6羽の滞在組+1羽の子どものオオハクチョウさん+リクちゃん

+2羽の成鳥のオオハクチョウさん+3羽の子どものオオハクチョウさん

13羽


ということは、あわせてduck4の定点観測ポイントには15羽いたことになります。

今シーズンは、まだたくさんのハクチョウさんが残っています。


DSCF4837_convert_20170406073308.jpg

(近寄ってきたハクチョウさん!)

そして、そこには、2羽の成鳥のオオハクチョウさんもいます。

初めて見る仔たちなんですが、まだ大人のハクチョウさんが残っていることで

ちょっとほっとしたduck4であります。


DSCF4848_convert_20170406073341.jpg

(2羽の成鳥のオオハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/07 05:05] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(4) |
ハクチョウさんの同級生!
まもなく仙台でもサクラが開花する頃になりました。

しかし、七北田川には、まだ5羽の飛来組が残っていました。


DSCF4765_convert_20170405070127.jpg

(滞在組と飛来組の子どもたち!)

完全に親鳥とは離れて、

子どもたちだけのハクチョウの学校のようです。


5羽もいると、それぞれの個性もあり、

同じ仲間を攻撃したり、いつも独りぼっちで離れたところにいる子などもいます。


DSCF4766_convert_20170405070211.jpg

(2羽のオオハクチョウさんの子どもと奥にいるのがコハクチョウさんの子ども!)

すると、5羽のうち1羽だけの子どものコハクチョウさんが、

早々に、塒を離れ飛び去って行きました。

きっと、お腹が空いているので、餌場に出かけたのかもしれません。


DSCF4770_convert_20170405070255.jpg

(飛び立つコハクチョウさんの子ども!)

一方、4羽のオオハクチョウさんのうちこの3羽はヒト慣れしていて、

地元の方の給餌にも積極的に加わります。

でも、もう1羽は、全く近づこうとはせずに奥手な子もいます。


DSCF4773_convert_20170405071110.jpg

(残った3羽の子どものオオハクチョウさん!)

滞在組のハクチョウさんたちは、

そんな子どもたちを尻目に、のんびりと春を感じているようです。


ところで、ちゃんとチンさんの羽を見ていると、

少し灰色っぽく汚れが目立つようになってきました。

今年は、ちょっと、汚れるのは早いようです。

川の水が汚れているからなんでしょうか?


そのあたりは、斑ちゃんやチンさんに聞いてみないとわかりませんが。


DSCF4789_convert_20170405070404.jpg

(斑ちゃんとチンさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/06 05:03] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(4) |
5羽の子どもたちが!
滞在組の斑ちゃん、チンさん、シンさん、ミルクちゃんたちの中に混じって、

4羽のオオハクチョウさんの子どもたちと1羽の子どものコハクチョウさんが、

また残っていました。


DSCF4732_convert_20170404071900.jpg

(滞在組に混じっているいる子どもたち!)

ところで、手前にいるのが、オオハクチョウさんの子ども。

奥にいるのがコハクチョウさんの子どもです。


そして、子どものコハクチョウさんの方は、

「フー!ウー!ウー!」と鳴いて、

オオハクチョウさんの子どもたちに一生懸命に話しかけていました。


おそらく、

「一緒に餌場に行こうよ!早く!」

とでも行っているようでした。


DSCF4738_convert_20170404071828.jpg

(オオハクの子どもとコハクチョウの子ども!)

4月に入っても、まだ5羽の子どもたちが残っている七北田川

ここが居心地が良いのか、それとも子どもたちだけ取り残されてしまったのか?

これだけは、本人に聞いて見ないことには、わからないことです。


DSCF4744_convert_20170404071731.jpg

(滞在組と飛来組の子どもたち!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/05 05:01] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(4) |
群れの通過を見て急に飛び立つ4羽の子どもたち!
4月になっても、まだ4羽の子どものオオハクチョウさんたちは残っています。

地元の方も、「成鳥がいれば、連れて行ってくれるのに!」

と話していました。


例年だと、サクラが開花する頃までは、

飛来組のハクチョウさんが立ち寄るので、

それに期待しているところであります。


DSCF4684_convert_20170403073605.jpg

(4羽の子どもの飛来組と滞在組!)

すると、対岸で休んでいたはずの4羽の子どもたちが、

空を見上げるようにして、首を伸ばしました。

その気配に気づいたduck4も、何か下流から鳴き声を聞きました。


それは、5羽のハクチョウさんの群れで、

目の前の上空を通過して行きました。


DSCF4713_convert_20170403073314.jpg

(上空を通過するハクチョウさんたちの群れ!)

すると、3羽が、突然、助走をつけて急いで、飛び立ちました。

まるで、群れを追いかえるようでもありました。


DSCF4716_convert_20170403073245.jpg

(通過する群れを見て追いかける3羽の子どもたち!)

また、それに気づいたもう1羽の子も、

急いで3羽の後を追いかけていきました。


もしこのまま、翌日も見なかったら、

ひとまず安心なんですが、どうなっているのでしょうか?

いなくなればいなくなるで寂しくなりますし、

また、いればいるで心配になってしまうduck4であります。


DSCF4718_convert_20170403073932.jpg

(3羽の子どもたちを追いかけるもう1羽の子!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/04 05:09] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(4) |
5羽の幼鳥が留まっている七北田川!
とある夕方。

いつもの定点観測ポイントには、

ミルクちゃんを除く5羽の滞在組

そして、1羽のオオハクチョウさんの子どもがいました。

他の子どもたちはいないということは、餌場に出かけていたのかもしれません。


DSCF4607_convert_20170402074919.jpg

(滞在組と1羽の子どもオオハクチョウさん!)

そして、上流へと探しに行くと、

ミルクちゃんだけが、橋の中洲で休んでいました。

「コォ!コォ!コォ!」と白鳥語で呼んでみると、

いそいそと近づいて来てくれました。


そこで、「どうして、ここにいるの!?」と聞いてみたのですが、

鳴かずにただただ見つめていました。


DSCF4617_convert_20170402075920.jpg

(見つめるミルクちゃん!)

翌朝、いつもの餌場に出かけると、

そこには、4羽のオオハクチョウさんの子どもたち。

4羽の滞在組がいました。

その後で、下流からティちゃんとアドちゃんがやって来ました。

子ども4羽、成鳥6羽の合計10羽が集まりました。


すると、1羽の子どもらしきハクチョウさんが、上空を通過して、餌場の方へと飛んでいくのを見ました。

どうやら、まだ5羽の幼鳥のハクチョウさんたちが、

七北田川周辺には留まっているようです。


DSCF4626_convert_20170402075017.jpg

(4羽の子どもと4羽の滞在組!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/03 05:03] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(6) |
飛来組は5羽の子どものみ!
6羽の滞在組を除くと、

飛来組の5羽は幼鳥のハクチョウさんのみになりました。

成鳥の群れは飛び立って行ったようです。


DSCF4562_convert_20170401072756.jpg

(残るは滞在組と飛来組の子どもたちのみ!)

子どもたちのみになり、

北へと帰ることできるのか!?

と、地元の方ともに案じているduck4であります。


すると、1羽の子どものコハクチョウさんが、

滞在組と4羽の子どものオオハクチョウさんの目の前を飛んで行きました。


もしかすると、あの足を怪我していていた子かもしれません。

じっと、浅瀬で動かないでいましたが、餌場まで出かけられるまでに回復したようです。

良かったです。


しかし、長距離を飛べない思ったので、残ったのでしょうか?

そのあたりは、この子に聞いてみないと何とも言えません。


DSCF4574_convert_20170401073041.jpg

(目の前を飛んでいく子どものコハクチョウさん!)

残るは5羽の子どもたちのみ。

当然、北へ戻り方はわからないと思います。

どうするのでしょうか。


午前中、餌場に行ってみると、

1羽のハクチョウさんが、畑にいて、何か一生懸命についばんでいました。

個別識別まではできませんでしたが、

もしかしたら、あの足のケガをしていたコハクチョウさんの子どもが、

来ていたのかもしてません。


DSCF4591_convert_20170402074318.jpg

(畑で餌を食べている1羽のハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/04/02 05:10] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(2) |
ナカヨシの斑ちゃんとチンさん!
早朝、いつもの定点観測ポイントにいたのは、

飛来組のコハクチョウさんとオオハクチョウさんの子どもたち。

昨日までいた、

あの黄色の斑点をクチバシに持ったオオハクチョウさんの家族は、

姿を現しませでした。

渡って行ったのでしょうか?


DSCF4460_convert_20170331072742.jpg

(20羽ほどハクチョウさんの群れがいた早朝!)

すると、ツンドラYちゃんが、群れから離れてduck4のところに近づいて来ました。

どうやら、まだ、居残っていたようです。

3月初旬からツンドラYちゃんのことは知っていて、

行くと、なぜかコハクチョウさんの中では、唯一、やって来てくれます。


DSCF4469_convert_20170331072818.jpg

(ツンドラYちゃん!)

すると、仲間の様子が、鳴き交しをはじめ、

ツンドラYちゃんは、戻って行きました。


そんな中、待ちきれなかった1羽の群れにいたコハクチョウさんがフライングをして飛び立って行きました。

しかし、後を追いかけてくる仲間がいなかったので、

また、戻って来たました。

それを2度ほど繰り返しました。


午前5時51分。

群れのコハクチョウさん18羽が一斉に、duck4の目の前を飛び去って行きました。

そこに残るのは、4羽の子どものオオハクチョウさん。

後から来た滞在組のアドちゃんとティちゃんのみでした。


そして、オオハクチョウさんの子どもたちも、

後を追いかけるように5時54分には、飛んで行きました。


DSCF4500_convert_20170331072858.jpg

(飛び去る群れのコハクチョウさんたち!)

しかし、滞在組の他も仔たちは来ませんでした。

やっと、遅れて、シンちゃんとミルクちゃんが到着しました。

けれども斑ちゃんとチンさんは、まだ来ません。

地元の方が、

「一緒に行動していたようだね!一緒の方がいいのに!」

とおしゃっていました。


そこで、上流まで探しに行くと、ちゃんとチンさんは、一緒にいました。

何か、2羽の時間を大切にしたかったのでしょうか?

そのあたりは、白鳥語で聞いてみたかったのですが、

実現できませんでした。


DSCF4531_convert_20170331072706.jpg

(チンさんと斑ちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/04/01 05:03] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR