FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
大人と一緒に旅立った迷子の幼鳥のヴィちゃん!
2日ほど定点ポイントでは、、

飛来組の姿を見なくなりました。


ということは、

もう、飛び立ってしまったのかもしれません。


その中には、3月上旬からいた

あの迷子の幼鳥のヴィちゃんもです。🦢

一緒について行ったようです。


DSCN0161_convert_20200407171805.jpg

(ぢべた座りしているヴィちゃん!)

3羽の幼鳥を連れて来たスミスさん一家。

2羽の幼鳥を連れた来てあの事故でシングルペアレントになった

ウラルさん一家が飛び立ってからは、

たった独りの幼鳥としてヴィちゃんは残されました。🦢


そのため、他の飛来組の成鳥からは、

よく突っつかれ追い回されたりもしました。


しかし、めげずに、割り込んできて、

食事をしていました。


独りぼっちで心細いはずなのですが、

それを、はねつけるだけの強さも持ち合わせたヴィちゃんでした。🦢


DSCN0247_convert_20200407171723.jpg

(ヴィちゃん!)

それから、ヴィちゃんは、

キャベツも食べてくれました。🦢


周りを見渡して、危険が察知できるので、

安心して食べられたからかもしれません。


DSCN0231_convert_20200407171742.jpg

(キャベツを食べるヴィちゃん!)

ところで、幼鳥のヴィちゃんの特徴のひとつに、

クチバシにある黒い線のような模様があります。


これが、個体識別には、

とても役立ちました。


もう少し大きくなった時に、

どうのように黒い模様が変化するかはわかりませんが、

もし、来シーズン、ここに戻ってきたのならば、

見分けられればと思っています。🦆


DSCN0256_convert_20200407171657.jpg

(黒い模様があるヴィちゃんのクチバシ!)

DSCN0309_convert_20200407171609.jpg

(ヴィちゃん!)

そして、迷子の幼鳥のヴィちゃんの存在をはじめて知ったのは、

3月上旬に数羽のハクチョウさんたちとともに、

突然、早朝に、飛来してきてからです。


親と別れ別れになってしまっていたので、

大丈夫かな。

と、とても、とても案じておりました。


帰るのが近くなってきた4月上旬になると、

ここに残っていた飛来組の5羽のハクチョウさんたちの後ろ、

追いかけるようになりました。


もしかしたら、ヴィちゃん自身も、

この大人の群れについて繁殖地へ戻らなきゃ。

と思いがあったようにも見えました。


DSCN0289_convert_20200407171630.jpg

(飛来組の中にいる幼鳥のヴィちゃん!)


DSCN0364_convert_20200407171547.jpg

(大人について泳いでいる幼鳥のヴィちゃん!)

そして、これが、

幼鳥のヴィちゃんの今シーズン最後になった写真。


この時は、

滞在組のコハクチョウさんのティちゃんのそばを泳いでいました。


この5日夕方5時以降には、

ヴィちゃんのみならず5羽の飛来組の成鳥と、

duck4は会っていません。


なので、ヴィちゃんは、一緒に旅立ったので、

ちょっと安心したとともに、

無事、大人たちともに繁殖地までの長い旅を続けて

欲しいと願っております。


DSCN0394_convert_20200407171521.jpg

(幼鳥のヴィちゃんと滞在組のティちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
スポンサーサイト



[2020/04/08 05:25] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(1) |
チンさんの身に何が!?
「1羽のハクチョウさんが

腹を地面にこすりながら川へ入って行った」


と地元のヒトから言われました。


もしかしたら、チンさんの身に何にかあったのか!?

と見るまでもなく思ってしまいました。


チンさんは、パンの食べ過ぎで脚気になってしまい、

いつも片足を引きずって歩いているからです。


なので、パンをあげることはやめて欲しい。

と、強く思うようになったduck4であります。


そのため、とうとう、歩けなくなった日が訪れたのか。

と、とてもとても心配になってしまいました。



しばし、チンさんのあとを追うと、

片足をあげて

まるで、水かき曲がっているようでした。


DSCN0334_convert_20200406172047.jpg

(水かきが曲がってしまったのかもしれないチンさん!)

そして、チンさんのそばに付き添うかのように、

ちゃんも一緒に泳いできました。


それから、チンさんは、

中洲に上がって、大きく羽をバタバタさせました。


どうやら、両足で立てるようでした。


ただ歩くときには、片足を引きずって歩くので、

以前の状態と変わりないので、

少し安心しました。


ただ、地元のヒトが言っていた

「腹ばいになり下りた!!」

という言葉があまりにも衝撃的だったので、

正直、まだまだ不安でした。


DSCN0369_convert_20200406172137.jpg

(チンさん!)

案の定、チンさんは、ぢべたに座り込み

そこから全く動かなくなってしまいました。


それから、目を閉じで、

かたまったように、体を丸めてしまいました。


「いや、大丈夫!」

「チンさん!チンさん!」

と声を掛けましたが、全く反応しませんでした。


DSCN0404_convert_20200406172112.jpg

(チンさん!)

そして、寝ているチンさんに寄り添うように、

オスの斑ちゃんが、そばから離れようとしません。


まるで、優しくチンさんを見守っているようでした。

斑ちゃんは、チンさんのことを思いやっているのだなあ。

と、対岸から見ていてduck4は思いました。


その後、薄暗くなってきたので、

チンさんは心配でしたが、

そばには、斑ちゃんがいるので、

「バイバイ!」と言って帰えりました。


そして、翌日には、その場所にはいなかったので、

どこか2羽で移動していました。


DSCN0409_convert_20200406172200.jpg

(座り込むチンさんも見守る斑ちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/04/07 05:22] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
水浴びする飛来組のハクチョウさんたち!
1羽減って11羽になりましたが、

昨シーズンよりも居残っている飛来組は、

多いです。


4月中旬までいることもあるので、

繁殖地へ急がないハクチョウさんたちがいても、

おかしくはありません。


そんな昼下がり。


そのうち1羽の成鳥のオオハクチョウさんが、

仰向けになり、体をひっくり返しながら、片足をあげて、

大胆にバシャバシャバシャバシャ水しぶきをあげながら、

水浴びをしていました。🦢


DSCN0086.jpg

(仰向けになり水浴びする成鳥のオオハクチョウさん!)

また、幼鳥の迷子のヴィちゃんも水浴び後に、

羽の裏側をクチバシでお手入れしていました。🦢


ハクチョウさんたちにとって、

食べること。

寝ること。

その次に大切なのが羽繕いのようです。


DSCN0070_convert_20200406003719.jpg

(迷子の幼鳥のヴィちゃん!)

DSCN0146_convert_20200330190932.jpg

(ヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/04/06 05:37] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(5) |
折れかかっているミルクちゃんの羽!
ミルクちゃんはヒト慣れしているオオハクチョウで、

誰にでも近づいて行きます。


この時も、そばまで来て、

川からじっとduck4を見つめていました。


ただ、右羽の風切羽が折れていて、

今にでも抜けそうでした。


DSCN9960_convert_20200404214629.jpg

(見つめるミルクちゃん!)

骨折した部位なので、

あまり羽をバタバタさせると負荷がかかり、

このようにボロボロになってしまうのかもしれません。


最近、アドちゃんとつるんで、

一緒になって弱そうな飛来組に対して

羽を広げて威嚇することも

多少、影響してのではないか。

と、duck4は見ています。


DSCN9963_convert_20200404214655.jpg

(羽を広げるミルクちゃん!)

2018年度は3月3日にスミスさん夫妻が旅立ち、

越冬数調査は、3月中に終わりました。


2019年度シーズンは、嬉しい悲鳴で、

4月になっても調査を続けております。


このあと、統計学を使って分析しようと思っていますが、

もう少し先になりそうです。


ところで、この1週間ほどルーちゃんは見ませんが、

ただ、また1羽オオハクチョウさんがやって来て、

12羽になりました。


うち幼鳥は、

迷子のヴィちゃんもその中にはいます。


DSCN0012_convert_20200404214559.jpg

(12羽のハクチョウさんたち!)


追伸!

近頃、気をつけていることは、

手を洗うことです。

親指を洗うのは盲点とのことを

専門家の方がおしゃっていたので、

石鹸をつけ、そのあと水ですすぎます。


流水だけでも、手についた細菌は落ちるそうです。

ただ、石鹸を使うことで、より長く水で流すので、

手を洗う時間がかかるので良いとのことでした。


よく洗うので、手荒れもひどい感じがします。





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/04/05 05:02] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
ヒヨドリさんとサクラ!
仙台でも、サクラの満開が発表されました。

満開のサクラは、ヒトだけではなく、

甘党な鳥さんの代表格と言って良いヒヨドリさんも、

嬉しい待ちに待っていたのかもれません。


DSCN9887_convert_20200403210103.jpg

(ヒヨドリさんとサクラ!)

とあるサクラの木には、

蜜で顔が黄色くなっている

ヒヨドリさんを見つけました。


サクラの木には、どこからともなく、

ヒヨドリさんたちが鳴きながら飛びまわっています。


たくさんの食べ物があっても

縄張り争いはあるようです。


DSCN9880_convert_20200403210042.jpg

(蜜で顔が黄色くなっているヒヨドリさん!)

仙台では、3月28日にサクラの開花が発表され、

4月3日に満開を迎えました。

こんなに早かったのは新記録だったそうです。


duck4が決めているサクラの標準木は、

まだ、満開には至っていません。


しかし、例年だと、

気象台の標準木よりも1日ほど遅いので、

4月4日には、ほぼすべての花が開いていると思います。


DSCN9888_convert_20200403210131.jpg

(サクラ!)

今シーズンは、

新型コロナウイルスの影響で、

市内でも花見は中止。


寂しい限りですが、

拡大を抑えるには必要なことだと思います。


そして、仙台でもクラスターが発生。

毎日のように感染するヒトも増えています。


多くのヒトの集まる場所。

密閉された空間。

ヒトと距離を保つこと。

が、感染予防には重要になってくることでしょう。


DSCN9890_convert_20200403210150.jpg

(サクラ!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🌸
[2020/04/04 05:09] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
健康に大切なミルクちゃんの水浴び!
新型コロナウイルスの予防策のひとつに、

手洗いの励行があります。


知らず知らずのうちに、

触っているうちに、

手には細菌が付着しているからです。


ところで、

清潔にするのは、ヒトだけではなくて、

ハクチョウさんたちも然り。


羽を清潔にするために、

水浴びをします。


この時は、

ちょうど滞在組のミルクちゃんが、

水に体を叩きつけて行っていました。


DSCN9829_convert_20200402165143.jpg

(ミルクちゃん!)

そして、両羽をバタバタさせて、

水しぶきが上がっていました。


DSCN9836_convert_20200402165030.jpg

(ミルクちゃん!)

また、体を水に叩きつけて、

何回も何回も続けていました。


DSCN9837_convert_20200402165059.jpg

(ミルクちゃん!)

首は、水の中に潜らせて、

若干、体は浮き上がります。


そして、この時は、撮影できませんでしたが、

おなかを見せながら

背中をきれいにするため仰向けになることがあります。


DSCN9839_convert_20200402165123.jpg

(ミルクちゃん!)

それから、羽についた水を落とすために、

大きく羽を広げました。


その様子を見てみると、

右羽の一部に、事故による怪我の後遺症のあとが

残っていることがわかります。


一部の羽が壊死していたり、

風切り羽が欠損しているところもありました。


ハクチョウさんもですが、

水洗いをすることで清潔にすることが、

健康に大切なことなのです。


DSCN9843_convert_20200402165006.jpg

(ミルクちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2020/04/03 05:31] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
一斉に飛び立った6羽の飛来組も!
滞在組と飛来組のハクチョウさんたちは、

いつもよりも下流付近にいました。


そして、6羽の飛来組が、

お互い首をを上下に振って、

鳴きかわしていました。🦢


もしや、飛び立つのかと思って見ていると、

息が合った瞬間に、一斉に羽ばたきながら

走り出したのです。🦢


その中には、

あの迷子の幼鳥のヴィちゃんもいたので、

ちょっとほっとしました。


このまま、一緒にいてくれれば、

いつになるかわかりませんが、

ヴィちゃんも北帰行ができるかもしれないからです。🦆


DSCN9483_convert_20200401213001.jpg

(飛び立つ飛来組!)

DSCN9484_convert_20200401213026.jpg

(一斉に走り出す6羽の飛来組!)

早朝だったので、このまま、定点ポイントを離れると思いきや、

この日は、上流に降りていました。


ところで、このヴィちゃんですが、

成鳥のオオハクチョウさんからは

よく追い回されてしまい、攻撃を受けます。


この時も、背後を突っつかれてしまい、

前に進んで振り切ることに一生懸命に

なりました。


どうしても、群れで行動すると、

プライドが高いハクチョウさんたちは、

自分よりも弱いものを突っついて、

仲間内での優位に立ちたいというキモチが

強く働くからです。


DSCN9553_convert_20200401212936.jpg

(成鳥に追い回されるヴィちゃん!)

それから、振り切ったのちに、

ヴィちゃんは、羽をバタバタ広げました。🦢


幼鳥のヴィちゃんは、負けましたが、

小さな子どもであっても、

ハクチョウさんとしてのプライドを持って生きているのではないかと、

思いました。🦆


DSCN9556_convert_20200401212859.jpg

(羽を広げるヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/04/02 05:30] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
飛んだティちゃんのわけ!
滞在組で唯一のコハクチョウさんのティちゃんは、

羽を怪我していますが、低空であれば、

飛ぶことができます。


突然、この時は、

滞在組の縄張りを守るため、

弱そうな飛来組のハクチョウさんに向かって、

飛びだしました。


DSCN9628_convert_20200331205435.jpg

(突然飛び出すティちゃん!)

ところで、ティちゃんですが、

duck4は、何度も低空で飛ぶところを見ています。


ただ、最近は、事故の後遺症で、

左羽の一部が壊死しているのが目立ってきています。


負荷がかかっているのではないかと

思われます。


DSCN9629_convert_20200331205502.jpg

(飛んで空中に浮いているティちゃん!)

この後ですが、またすぐ着水。

すると、顔を川の中に何回も潜らせました。


また 両羽を半分広げて、

周りにいる飛来組のハクチョウさんたちに、

威嚇のポーズを取りました。


オオハクチョウさんたちの中で生きていくために、

ティちゃんは、強くなることを選んだのかもしれません。


DSCN9630_convert_20200331205528.jpg

(ティちゃん!)

追伸!

今日から新年度です。

2019年度では、いろいろなことがありました。


特に、3月には、思った以上に、

お伝えすること多くあり、

滞在組のハクチョウさんたちについて、

ブログへの投稿が少なくなっています。


そのひとつに、飛来組のハクチョウさんたちが、

3月下旬にも居残ってくれていたからでした。


新年度になっても、

伝えきれなかったことを

ブログに投稿したいと思いますので、

今後ともによろしくお願いたします。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/04/01 05:55] | 2020年4月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
まだ居残っている飛来組のオオハクチョウさんたち!
今、定点ポイントには、

6羽の飛来組が残っています。


個体識別のため、真正面の写真を撮ってます。

皆さんの中には、

見覚えのある仔はいたでしょうか。


まず、最初の仔は、

クチバシと生え際付近に、

黒い多数のしみのようなものがあるのが

とても特徴的です。


クチバシの切れ目も

若干、V字型をしていました。🦢


DSCN0153_convert_20200330192404.jpg

(クチバシに黒いしみが多いオオハクチョウさん!)

次の仔は、生え際がU字になっていています。

また、クチバシには1つほくろなような黒い斑点があるのが

とても特徴的でした。🦢


DSCN0146_convert_20200330192334.jpg

(クチバシに黒いほくろがあるオオハクチョウさん!)

こちらの仔は、

おかっぱ頭のオオハクチョウさんです。🦢


滞在組のチンさんもこのような

ストレートヘアをしているので、

この仔ととても似ています。


DSCN9209_convert_20200330191107.jpg

(おかっぱ頭のオオハクチョウさん!)

翌日、皆から離れて、

おかっぱちゃんともう1羽が一緒にいたので、

もしかしたら、ツガイなのかもしれません。


DSCN9352_convert_20200330191136.jpg

(おかっぱちゃんはツガイかも!?)

そして、

この幼鳥のオオハクチョウさんは、

3月上旬にひょっこり現れてからいる

迷子のヴィちゃんです。🦢


V字の黒い文字のような模様がとても特徴的です。

旅立つときには、成鳥にくっついて、

一緒に行って欲しいと、

地元の方ともども話題にしています。🦆


DSCN0146_convert_20200330190932.jpg

(ヴィちゃん!)

DSCN0150_convert_20200330191231.jpg

(幼鳥の迷子のヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/31 05:13] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
きらクラの最終回!
ハクチョウさんをテーマにした

クラッシックは、と聞かれて、

皆さんならば、

どんな曲を思い浮かべることでしょうか。


DSCN9425_convert_20200328161152.jpg

(アドちゃん!)

バレー組曲だけあって、

目まぐるしく激しく劇的な曲想の

チャイコフスキー作曲の「白鳥の湖」


優雅な甘美なイメージに聴こえてくる

サンサーンス作曲の「白鳥」

あまりにも耽美的なので、

スワンソングともいわれるほどです。


妖艶でどこかハクチョウさんに神秘的なイメージを

感じてしまう、

シベリウス作曲の「トゥオネラの白鳥」です。


この3つの曲で、

いつも見ている滞在組のハクチョウさんたちとは、

ちょっとかけ離れているかな!?


と3人の巨匠には悪いですが、

duck4は、そう思いました。


DSCN9354_convert_20200328161225.jpg

(ミルクちゃん!)

ところで、

毎週日曜日NHKFMでオンエアされていた

ラジオ番組「きらクラ!」が、

3月29日で8年の幕を閉じました。


毎週、愉しみに聴いていたので、

とても、残念でなりません。


このきらクラでは、

時々ですが、公開放送が行われました。


以前、会津若松では、

地元の中学生とのコラボによる

合唱が行われたりもしました。


それから、酉年の時には、

かなり多くの鳥さんに関する

クラッシック曲も紹介されたことがもありました。


それと、リスナーさんからの投稿によって、

小説に、クラッシックの曲を載せて、

朗読するコーナー(BGMクラッシック)

があります。


最終回では、

「忘れられないおくりもの」という作品に、

曲をつけて朗読がありました。


賢くて何でも知っているアナグマは、

いつもみんなから頼りにされ慕われていました。

でも、秋の終わり、年取ったアナグマは自分の死を悟ります。


そして、ある夜、

長いトンネルを浮き上がるように走る夢を見ながら死にました。

「長いトンネルのむこうに行くよ、

さようなら アナグマより」という手紙を残して――。

かけがえのない友だちを失い、

残された仲間たちは悲しみでいっぱいです。

みんな、どうしていいかわかりませんでした。

春が来て外に出られるようになると、

みんなは互いに、

いろいろなことを教えてくれた優しいアナグマの思い出を

語り合うようになりました


「忘れられないおくりもの」のあらすじ


(YouTubeより!)

この絵本のあらすじを読み返して、

思ったことは、あなぐまさんは、

このきらクラであり、番組からリスナーさんへの

心温まるメッセージを伝えていたことです。


あなぐまくんと生前親交があった友人たちが

振り返りながら思い出を語り合うシーンこそ、

番組は終了しても、いつまでのリスナーさんの

思い出して欲しいという願いが、

込められていたのかもしれません。


そして、「きらクラ」では、

あまり有名でなかった作曲家の曲も

紹介されることが多かったです。


そのひとつに、

フィンジ作曲

「ピアノと弦楽のためのエクローグ」

もあり、最終日の後半部で再度、流されました。



(フィンジ作曲「ピアノと弦楽のためのエクローグ」)

また、一番最後に流れた曲は、

チェリストの遠藤真理さん、ふかわりょうさんのピアノ演奏による

エルガー作曲の「愛の挨拶」。


この演奏を聴いていて、、

リスナーの一人として、

とてもジーンとする気持ちでいっぱいになりました。


あ!

この番組もこれでおしまいだけれど、

いつまでも、あのあなぐまくんたちと出会った

動物たちのようにいつまでも

思い出の中に生き続けるに違ないと。


DSCN9297_convert_20200329202621.jpg

(「きらクラ!」のホームページより!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/30 05:15] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(6) |
チンさんの首周りと唯一の幼鳥の迷子のヴィちゃんの話!
とある日の朝。

いつもよりも、チンさんの首周りが羽毛で、

膨らんでいました。


もう春と言うにです。


しかし、首周りの羽毛の一部が

陥没しています。


そんなチンさんですが、

来てくれると、羽を大きく広げて、

バタバタさせます。


まるで、

「こっちを見てよね。」

と言っているようでした。


DSCN9438_convert_20200328161059.jpg

(チンさん!)

ところで、

9羽の幼鳥を連れた立ち寄り組の群れは、

すでに定点ポイントを離れていきました。


一方で、6羽の飛来組のオオハクチョウさんが、

まだ居残っています。


その中には、

あの迷子の幼鳥のヴィちゃんも一緒にいて、

行動中です。🦢


DSCN9426_convert_20200328161125.jpg

(幼鳥のヴィちゃん!)

追伸!

仙台でもサクラが開花しました。🌸

例年よりも2週間も早かったです。


それから、ツバメさんも、

定点ポイントで初認しました。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢🌸
[2020/03/29 05:13] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
定点ポイントの幼鳥さんたち!
今シーズンは、

3月下旬になっても、

まだ、残ってくれています。


そして、驚いたことに、

9羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさんの

立ち寄り組の群れがやってきたことです。


見ていると、まるで、白鳥学校のよう。

親鳥から離れても、愉しく過ごしている姿に、

どこかほのぼのさせられます。


DSCN0133_convert_20200327175955.jpg

(立ち寄り組の9羽の幼鳥さんたち!)

3月上旬に飛来してきた

迷子のヴィちゃんは、

この群れとは一線画しているようです。🦢


あまり、近づくとはしません。

ただ、他の成鳥に混じって、

独りで、もまれながらもなんとか、

やっているように見えています。


そして、早朝、待っていると、

迷子のヴィちゃんが先頭に立って、

こちらに近づいてきました。🦢


なかなか、しっかりとした子どもだと思います。

なので、他の群れに混じって、

北帰行を続けて欲しいと願っております。


DSCN0214_convert_20200327180014.jpg

(迷子のヴィちゃん!)

DSCN0235_convert_20200327180038.jpg

(先頭を泳ぐヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/28 05:09] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(8) |
一緒に叫ぶミルクちゃんとアドちゃん!
大きな声を上がているのは、

ミルクちゃんとアドちゃんです。


「ここは、縄張りだ!出ていけ!」

と立ち寄り組の子どもたちに叫んでいるようでした。


ところで、最近、

ミルクちゃんとアドちゃんが、

一緒になってこのような行動にでることが、

多く見られるようになりました。


ミルクちゃんとアドちゃんは、

馬が合う仲になっているのかもしれません。


DSCN9978_convert_20200325171826.jpg

(一緒に叫ぶミルクちゃんとアドちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/27 05:22] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
愉しい子どもたちの白鳥学校!
12羽のうち9羽の幼鳥のオオハクチョウさんの群れ。🦢


親鳥から別れて、寂しい想いをしていると思いきや、

子どもたちは、元気、いっぱいです。


定点ポイントに降りて来るや否や、

大きく羽を広げて、

「自分の方が強いだぞ!」

と言って威勢を張り合っている子どもたちもいるほどです。


ハクチョウさんとして生きている限り、

自分の立場が、他の子よりも上であることは、

大切なことにようにも見えました。


DSCN9828_convert_20200325171539.jpg

(下りてきたのちにすぐ騒いだす立ち寄り組の幼鳥たち!)

DSCN9829_convert_20200325171557.jpg

(追い回す立ち寄り組の幼鳥!)

その様子を見ていて、

自分たちの縄張りにやってきた幼鳥たちの群れを見て、

滞在組のハクチョウさんたちも負けずに騒ぎだしました。


「ここは、うちらの縄張り!騒ぐな!」

とでも言って大きな声で注意しているようでした。


ただ、その起こり方も、

本心からのものではないようにも思いました。


「ただの立ち寄り組なので、あと数日で行くだろうな!」

と滞在組のハクチョウさんたちは、考えている節でした。


DSCN9844_convert_20200325171625.jpg

(群れを見て騒ぎ出す滞在組のハクチョウさんたち!)

一方、3月上旬に数羽の成鳥と飛来してきた、

迷子のヴィちゃんは、この立ち寄り組の幼鳥たちから、

離れたところにいました。🦢


もう2週間ほどいるので、

duck4のこともわかってくれているのか、

立っていると、遠くから飛んできてくれました。


まあ、どこかの群れにくっついて北帰行をしてほしいのですが、

困ったことに、まだ、その気にはなっていないようです。


ただ、よく定点ポイントを独りで飛び回っているところを見ると、

いつでも、誰かにくっついていける体力は、

ありあまっているのかもしれません。


DSCN9951_convert_20200325171646.jpg

(飛んで来た迷子のヴィちゃん!)

DSCN9952_convert_20200325171705.jpg

(ヴィちゃん!)

ヴィちゃんを含め10羽の子どもたちがいる定点ポイントで、

写真を撮ろうとしたところ、

角度が悪く、その様子を撮影できませんでしたが、

幼鳥同士で、向き合ってハッピーリングを作っていました。💛


越冬中に親鳥が行っていたのをまねたのか。

それとも、他の成鳥のカップルがやっていたのを、

まねたのかわかりませんが、

この2羽の子どもたちはやってみたいと思ったから、

とりあえず作ってみたのかもしれません。


タンチョウさんでも、成鳥がやっているダンスを、

幼鳥がまねをしてやっているところを、

見たことがあります。


この子たちも、

大人たちをまねて遊んでいたのかもしれません。


親鳥から別れて子どもたちや先生役の若鳥から

いろいろなことを教えられる白鳥さんの学校は、

見ていて飽きることはありませんでした。


DSCN9964_convert_20200325171726.jpg

(ハッピーリングを作る子どもたち!)

DSCN9965_convert_20200325171750.jpg

(2羽の幼鳥!)

DSCN9966_convert_20200325171807.jpg

(2羽の幼鳥!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/26 05:48] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
早朝、9羽の幼鳥を連れた総勢12羽のオオハクチョウさんが飛来!
翌朝、定点ポイントには、

12羽のハクチョウさんのみになっていました。


6羽の滞在組、迷子のヴィちゃん、

5羽の飛来組の成鳥のオオハクチョウさんです。


数え終わると、

上空には、

ハクチョウさんの群れが飛んでいました。


そして、その群れは、旋回しながら、

下りてきました。

朝の6時30分ごろのことでした。


総勢12羽の群れで、

うち9羽幼鳥のオオハクチョウさん。


こんな幼鳥だけの群れに出くわしたのは、

ほぼ初めてのこと。

数年前に、3月中旬ごろにいた

飛来組のハクチョウさんたち以来のことでした。

あの時も、幼鳥が残っていました。


DSCN9695_convert_20200324170822.jpg

(早朝飛来してきたハクチョウさんたちの群れ!)

DSCN9699_convert_20200324170847.jpg

(12羽のうち9羽幼鳥のオオハクチョウさん!)

下りたのちは、

飛んで来たばかりにもかかわらず、

羽繕いを始める幼鳥もいました。


ところで、この時季にそれも大多数が幼鳥という

群れには、わけがあるとduck4は思いました。


それは、春のわたりで、この幼鳥の親鳥は、

繁殖のために急がなければならないので、

先に行ってしまったことも十分に考えられます。


幼鳥にとって、繁殖するまでには、

あと数年先だから急ぐ必要がないからです。


ただ、帰り道はわからないので、

かつて、渡りを経験したことがある

若鳥がいれば、何とか生まれ故郷まで、

戻ることが可能です。


ちなみに、この立ち寄り組の群れには、

幸いにも3羽の成鳥がいたので、

9羽の幼鳥にとっては、

安心してついてきたのかもしれません。


DSCN9714_convert_20200324170911.jpg

(羽繕いをする幼鳥!)

ここに来た9羽の幼鳥のオオハクチョウさんたちは、

とても無邪気で、子どもたちだけで追い回したりして、

着いたとたんに、自分の方が強いんだと、

自己主張する子まで見受けられました。


子どもたちの間でも、群れでいる以上、

自分の順位は気になるようです。


親鳥が離れた9羽の子どもたちの群れは、

まるで、白鳥さんの学校のようです。


DSCN9722_convert_20200324170933.jpg

(元気な3羽の幼鳥!)

DSCN9782_convert_20200324170956.jpg

(9羽の幼鳥の群れ!)

一方、独りぼっちだった迷子のヴィちゃんは、

遠巻きから、その子たちの様子を見ていました。


DSCN9800_convert_20200324171020.jpg

(迷子のヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/25 05:38] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(6) |
シングルペアレントになったウラルさん一家!
事故前、ウラルさん一家は、

こちらに向かって飛んできました。🦢


そして、橋の下にいたduck4の目の前を

通過して行ったのでした。


それから、また、旋回して、橋の上を飛んで行って、

1羽の親鳥が高圧電線に衝突


数人の地元の方がその瞬間を目撃していました。

そして、ウラルさんが対岸で横たわっているのを

確認したのは午前7時08分でした。


衝突原因は、直接、目撃していてわけではなかったので、

わかりません。


もしかしたら、電線が見えずに、避けきれなかったのか。

それとも、自づから子どもをかばって、衝突したのか。


今となっては、推測するしかありません。


DSCN9483_convert_20200323174610.jpg

(飛び立ったウラルさん一家!)

DSCN9484_convert_20200323174636.jpg

(目の前を通過するウラルさん一家!)

それから、地元の方と一緒に、

その現場に行って、まだ体が温かい

ウラルさんをビニールにくるまっている時のことです。


もう一方の親鳥のウラルさんと2羽の子どもたちは、

不安げに、こちらの方をじっと見つめていました。🦢


また、パートナーを失った親鳥は、

相手を心配するかのように鳴いていたのを

duck4は、聞きました。


DSCN9525_convert_20200323174721.jpg

(ウラルさん一家!)

DSCN9521_convert_20200323174700.jpg

(ウラルさん一家!)

この日は、いつものフィールド調査だったので、

ちょうど、お昼前に、定点ポイントに行ってみると、

シングルペアレントになった2羽の子どもたちと一緒に、

泳いでいるウラルさん一家を見ました。


表情からは、察することはできませんでしたが、

一家の落胆ぶりは計り知れないものと思います。


DSCN9561_convert_20200323174740.jpg

(お昼ごろのウラルさん一家!)

また、夕方、行ってみると、

定点ポイントには、15羽のハクチョウさんたちがいて、

あのウラルさん一家もいました。


2羽の子どもたちは、親鳥を支えるように、

そばにいました。🦢


DSCN9619_convert_20200323174803.jpg

(ウラルさん一家!)

「どうやって、

この子たちを繁殖地のふるさとまで連れて行こうか!?」


と残されたウラルさんは、

心の中で言っているようにも聞こえてきました。


そして、この日の夕方に最後にあって、

翌朝には、ウラルさん一家の姿は、

ありませんでした。


たぶん、辛い思い出が残るこの定点ポイントから、

親子で旅立って行ったのかもしれません。


DSCN9632_convert_20200323174828.jpg

(ウラルさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/24 05:01] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(8) |
高圧電線に衝突して夭折した成鳥のオオハクチョウさん!
悲しい出来事がありました。

3月20日7時8分。

高圧電線に

成鳥のオオハクチョウさんが

衝突しました。


数人の地元のヒトたちが目撃。

対岸に、急行しました。


もう横になっていてぐったりとしていました。

あの事故から20分ほど経過していたと思いますが、

体はまだ、温かく、目も開けていました。

そして、地元の方と一緒に亡骸をビニール袋に入れました。


川では、一緒に飛んでいた

3羽のハクチョウさんは不安げに、

我々のしていた行動を見ていました。


そして、また、ペット斎場に運ぶました。

午後2時ぐらいだったでしょうか。

衝突当初には、出血はほとんどなかっやのですが、

7時間後には、クチバシの鼻腔から、

血が出ていました。


体重を測定すると12.25キロある

かなり重い成鳥のオオハクチョウでした。


お花と地元の方が備えてくれたお米を与え、

最後のお見送りをしました。


ウラルさんのご冥福をお祈りいたします。



お願いとご注意!

ウラルさんの最後まで生きていた証として、

追記にて夭折したときの写真を投稿しました。


出血したときのものも含まれていますので、

閲覧の際は、ご注意ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
続きを読む
[2020/03/23 05:23] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(8) |
外出するルーちゃん&2羽の幼鳥を連れているウラルさん一家!
数日ほどルーちゃんは、不在だったので、

昨シーズン、いた梅田川に行ってみると、

そこには、4羽のオオハクチョウさんがいました。


そして、首が曲がっている、

見覚えのある1羽がいました。


やはり、その仔はルーちゃんでした。

いつもの定点ポイントより、

2キロほど離れたところまで移動していたのです。


ところで、ルーちゃんは、

羽を怪我していますが、

低空でならば、多少飛べます。


なので、他の滞在組のハクチョウさんたちに比べても、

容易に短時間で移動できるようです。


また、この冬は、

5羽の滞在組とは別行動を貫き、

飛来組に混じっていました。


おそらく、滞在組と一緒にいると、

ルーちゃんが一番弱く、下とみられていることに、

嫌気がさしているからかもしれません。


多くの飛来組がいるうちは、

その方が気楽で、

誰からも干渉を受けないからでしょう。


DSCN9265_convert_20200321205940.jpg

(ルーちゃん!)

DSCN9263_convert_20200321205826.jpg

(梅田川に移動してきたルーちゃん!)

追伸!

現在、定点ポイントでは、

16羽のハクチョウさんになってしまいました。


うち、幼鳥は3羽。

迷子のヴィちゃん。

2羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家。

ウラルさん一家の子どもたちです。


このウラルさん一家ですが、

ずっと、定点ポイントにいましたが、

警戒心が強いのか、

なかなかduck4には近づいてきてくれませんでした。


スミスさん一家が旅立っていったので、

唯一の家族になりました。


DSCN2464_convert_20200321205305.jpg

(ウラルさん一家!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/22 05:59] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
スミスさん一家、さっちゃん&ハッチちゃんの姿がなかった定点ポイント!
今朝、行っていると、

スミスさん一家

さっちゃんハッチちゃんの

姿がありませんでした。


帰るところを目撃はしていないので、

なんとも言えません。


今朝は、北からの嵐のような強風が吹き荒れれいたので、

前日の暖かい穏やかな南風が吹き込んだのを良いタイミングに

飛びだって行ったのかもしれません。


お別れのあいさつだったのでしょうか。

スミスさん一家は、来てくれました。


「ク!コ!コ!コ!」

スミスさんお父さんは話しかけてきました。


「ク!コォ!」

スミスお母さんも鳴いていました。


その後、

こちらが近づくと、

「ウー!」

とスミスお父さんは犬が唸るような声で鳴きました。


ところで、スミスさん一家は、

昨年11月10日に、duck4の定点ポイントで、

初認しました。


それから、ここから離れず、

3月19日の朝までいたところを確認しております。


昨シーズンの2018年度には、

3月3日に夫婦のみで旅立って行ったので、

今シーズンは2週間ほど遅れました。


子どもたちを連れての北帰行なので、

ゆっくり戻ろうかな。

と思っていたのかもしれません。


ただ、この1週間ほど前からは、

親子で鳴きかわしのコミュニケーションを図ったり、

また、飛ぶ練習もしていました。


「渡りの衝動」とは、

どんなタイミングなのか。

おそらく、風が大きく影響しているかもと

duck4は思っています。


まだ、居残っているハクチョウさんたちもいて、

フィールド調査は継続中なので、

滞在組のみになったら、気象データと照らし合わせながら、

じっくりと考えてみたいテーマでもあります。


DSCN2544_convert_20200320183232.jpg

(スミスさん一家!)

DSCN2549_convert_20200320183257.jpg

(スミスさん一家!)

DSCN2567_convert_20200320183209.jpg

(今シーズン最後のスミスさん一家の写真!)

ところで、3月13日早朝からいた

広瀬川から来たさっちゃんと幼鳥のハッチちゃん。🦢


スワン食堂が開かれると、

どこからともなくやってきます。


ただ、この2羽も3月19日を最後に、

姿を見せなくなりました。


おそらく、スミスさん一家とともに、

飛び立って行ったと思われます。


1週間ほどいたさっちゃんと幼鳥のハッチちゃんは、

とてもインパクトのあった仔たちだったので、

思い入れも強いものになりました。🦢


DSCN2191_convert_20200318193535.jpg

(幼鳥のハッチちゃんとさっちゃん!)

DSCN2497_convert_20200320183624.jpg

(幼鳥のハッチちゃんとさっちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/21 05:53] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(9) |
飛び回った後戻ってきたスミスさん一家!
早朝、定点ポイントに行ってみると、

11羽の飛来組のハクチョウさんたちが、

上空を旋回していました。


もしかしたら、旅立ちのため、

他の居残って行った仲間たちを

誘っているのかと思いきや、

数分後には、戻ってきました。


その中には、スミスさん一家もいました。

この日は、あまり風もはく、

南風に乗って、飛ぶには、

若干、風が弱かったのかもしれません。


ただ、天気予報によると、

明日には、北西の風が吹き込むので、

向かい風になるので、渡りには、

あまり良いとは言えない状況のようです。


DSCN2398_convert_20200319173051.jpg

(戻ってきたスミスさん一家!)

話を元に戻しますが、

戻ってきた、スミスさん一家は、

親子で一斉に羽繕いを始めました。


ハクチョウさんたちにとって、

羽はとても大事。


若干のお手入れをしてから、

duck4のところに近づいてきました。


「ク!」スミスお父さんは話しかけてきましたが、

一体、何か伝えようとしていたのでしょうか。


もしかしたら、

「まだ、行かないよ!?」

「このあと、旅立つよ!」

だったのでしょうか。


DSCN2430_convert_20200319173025.jpg

(羽繕いをするスミスさん一家!)

オオハクチョウさんのハッチちゃんは、

幼鳥のわりにかなり鮮やかな黄色のクチバシをしています。🦢


まだ、若干、しわしわで、一部白っぽいですが、

3月中旬で、ここまで黄色の幼鳥を見るのは、

初めてかもしれません。


顔と羽毛の生え際ですが

正面からみるとU字型になっています。


このまま、生え際が変わらなければ、

来シーズンやってきたときに、

見分けることも可能かもしれません。


DSCN2474_convert_20200319173215.jpg

(U字の生え際の幼鳥のハッチちゃん!)

DSCN2475_convert_20200319173145.jpg

(幼鳥のハッチちゃん!)

こちらは、迷子の幼鳥のヴィちゃんです。

3月上旬に、他の成鳥のオオハクチョウさんたちと

一緒にやってきました。🦢


それから、ここが気にいっているのか。

いや、成鳥の飛来組のハクチョウさんたちが、

飛ばないので、居残っているようです。


迷子のヴィちゃんは、帰り道がわからないので、

どうしても、成鳥に頼らざろうえません。


周りが、大人の中で、

たった独りで生きている迷子のヴィちゃんが、

飛来組のハクチョウさんたちの旅立つ瞬間を

見逃さないことを願う限りです。


DSCN2505_convert_20200319174847.jpg

(迷子の幼鳥のヴィちゃん!)

そして、今朝のさっちゃんは、

さっちゃん節を炸裂していました。

パワフル全開でした。


ういさんからうわさには聞いていましたが、

この日も、立っていると、

duck4の目の前まで来ました。


そして、幼鳥のハッチちゃんもついて来たり、

また、あとを連れてきたりしていました。🦢


DSCN2160_convert_20200318193412.jpg

(さっちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/20 05:49] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
スミスさんの教育方針!
知る限りにおいて、

スミスさん夫妻は、今まで10羽の子どもたちを、

duck4の定点観測ポイントに連れてきています。


なので、親鳥としては、

子育てにも慣れていると思われます。


河川敷を行ったり来たりしている時は、

親子で一緒に動きます。


そして、スミスさんお父さんが鳴くと、

子どもたちが鳴き返し、

スミスお母さんが応答します。


親子でコミュニケーションを密に図っています。


そのことを、動画に撮影して、

あとで、見返して、

ハクチョウさん一家の会話を分析したいと思っています。


そして、ひとつ、言えることは、

鳴き声は、その時と場合によって、

使い分けているようです。


また、スミスさん夫妻の教育方針なのでしょうか。

3羽の子どもたちだけで行動しているときには、

温かく見守ることが多くなつてきたようです。


子どもたちの自律を促すことを考えてのことでしょうか。

あと、2月もすると、繁殖地に到着するので、

そこで、親子は別れるからかもしれません。


ところで、この日の早朝は、

家族一緒に移動していたのですが、

子どもたちが、何度も「飛ぼうよ!」と言ってから、

飛び立ちました。


すると、お母さんも急いで、

子どもたちの後を追ったのですが、

すぐに、お父さんのもとに引き返してきました。


そして、スミスさんお父さんお母さんは、

上空を旋回している子どもたちに向かって、

「コォ!コォ!」とお互い鳴きかわしてました。


「ここにいるよ!待っているよ!

と子どもたちに伝えていたようでした。


DSCN1903_convert_20200317173048.jpg

(スミスさん夫妻!)

DSCN2319_convert_20200318193340.jpg

(上空を旋回して戻ってきた3羽のスミスさんの子どもたち!)

一方、さっちゃんハッチちゃんは、

今朝も、29羽のハクチョウさんたちの中にいました。


そして、ハッチちゃんが、離れていくと、

「さっちゃん!、こっちだよ!」と鳴いて呼ぶこともありました。


その親子でもない2羽ですが、

さっちゃんの大胆な行動について行くように、

ハッチちゃんもまねることさえあります。


DSCN2191_convert_20200318193535.jpg

(幼鳥のハッチちゃんとさっちゃん!)

浅瀬で立っていると、

さっちゃんは、どこからともなく、足音を立てず、

目の前に立っていました。🦢


ういさんから教えてもらっていましたが、

ここまで、ヒトに慣れているとは驚きました。


きっと、旅の途中で、そんな越冬地や中継地に降りて、

学んだ結果、やるようになったのかもしれません。


学ぶは、まねることから始まるとよく言われていますが、

幼鳥のハッチちゃんも、さっちゃんの行動をまねて、

学んでいるようでした。🦢


DSCN2160_convert_20200318193412.jpg

(目の前に立っているさっちゃん!)

DSCN2174_convert_20200318193511.jpg

(幼鳥のハッチちゃん!)

それから、3月になってから飛来してきた、

迷子の幼鳥のヴィちゃんは、独りぼっちなので、

成鳥やその家族の子どもたちに追い回されながらも、

四苦八苦しながら孤軍奮闘を日々を送っています。🦢


DSCN2352_convert_20200318193444.jpg

(迷子の幼鳥のヴィちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/19 05:44] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
親代わりのさっちゃんを信頼している幼鳥のハッチちゃん!
定点ポイントでは、

29羽のハクチョウさんたちが居残っています。


前日には32羽いたのですが、

3羽減りました。


うち1羽は、滞在組のルーちゃんです。

梅田川の方にでも行ってしまったのでしょうか。


さて、数日前、広瀬川から来た、

さっちゃん幼鳥のハッチちゃんは、

一緒です。🦢


そして、さっちゃんですが、

浅瀬にいると、近づいてきました。🦢


ここにいる飛来のオオハクチョウさんよりも、

体が若干小ぶりなのですが、

ヒトにも動じない性格の持ち主のようです。


もう何年も付き合いがある、

滞在組のコハクチョウさんのティちゃんやルーちゃんですら、

ここまで、来ないので、とても驚いております。


DSCN1979_convert_20200317172835.jpg

(近づいて来たさっちゃん!)

ハッチちゃんは、幼鳥のわりに、

もう鮮やかな黄色のクチバシの持ち主です。


ただ、黒い線や斑点模様がないので、

大きくなって来シーズン再開したときには、

さっちゃんと一緒でなければ分からないと思います。


DSCN1599_convert_20200316190943.jpg

(鮮やかな黄色のクチバシのハッチちゃん!)

そして、これは、今朝の話です。

「コォ!コォ!」と鳴きながら首を振るさっちゃん


「ハッチちゃん!一緒に飛ぼう!」

と数回、ハッチちゃんに話しかけました。


すると、ハッチちゃんが、

首を上下に大きく振って、

「コォ!」な鳴くや否や、

一緒に飛び立ち、中洲付近で着水しました。🦢


さっちゃんは、優しい仔で、

まるで、幼鳥のハッチちゃんの親代わりのようです。


そして、ハッチちゃんも、

さっちゃんを信頼しきっていることが、

そばで見ていてduck4は、感じました。


DSCN1948_convert_20200317172938.jpg

(さっちゃんと幼鳥のハッチちゃん!)

一方、迷子の幼鳥のヴィちゃんは、

大人たちにもまれながらきたりも生きています。🦢


そして、遠くで、何かあると、

急いで飛んで行きます。


毎シーズンのことですが、

独りぼっちのヴィちゃんのような迷子ちゃんに、

出会います。


まだ、飛来組のハクチョウさんたちに、

くっついて旅を続けて欲しいと、

会うたびに願っております。


DSCN2030_convert_20200317172910.jpg

(迷子の幼鳥のヴィちゃん!)

DSCN2028_convert_20200317175758.jpg

(羽を広げるヴィちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

🦢
[2020/03/18 05:33] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(6) |
居残っている飛来組の子どもたちとその保護者たち!
とある休日の夕方。

定点ポイントには、32羽のハクチョウさんたちが

残っていました。🦢


そこには、数日前にやってきた、

さっちゃんと幼鳥のハッチちゃんもいます。🦢


DSCN1462_convert_20200316190801.jpg

(さっちゃんと幼鳥のハッチちゃん!)

そして、ちょっとだけ、一緒にやってきた

さっちゃんが離れたときのことです。


「クワ!」ハッチちゃんは鳴きました。🦢

「おいて行かないで、さっちゃん!」

とでも言っていたのかもしれません。


故郷への帰り方を知らないハッチちゃんにとって、

さっちゃんは、なくてはならない大きな存在だからです。


DSCN1464_convert_20200316190825.jpg

(鳴く幼鳥のハッチちゃん!)

そんな不安げな幼鳥のハッチちゃんに気付いたさっちゃんは、

とても面倒見が良いオオハクチョウさん。🦢


メスなのか!?

と思ってしまうほどの、ハッチちゃんを守るような、

母性本能に包まれた接し方をしているように、

duck4に見えます。


DSCN1495_convert_20200316190846.jpg

(さっちゃん!)

迷子のヴィちゃんは、独りぼっちですが、

たくましく生きています。


この飛来組の群れと一緒に旅立って欲しいと願っています。


DSCN1486_convert_20200316190914.jpg

(独りぼっちの迷子のヴィちゃん!)

そして、

2羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさんの一家が

まだ居残っています。


この親鳥に育てられた、

子どもたちはすくすく育っています。


DSCN1455_convert_20200316191217.jpg

(2羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさんの一家!)

ところで、

なかなかduck4のところには近づいてくれないので、

難しかったのですが、

来シーズンのために親鳥の撮影をしてみました。


クチバシは、V字模様で、

若干、濃い黄色が薄れてきているので、

意外と、年がいっているオオハクチョウさんのかもしれません。


DSCN1456_convert_20200316191256.jpg

(黄色が薄れてきている親鳥!)

ずっと、見てきたスミスさん一家ですが、

最近、変化を感じることがあります。


家族で鳴きかわしながら

泳いでいることです。


スミスお父さん「ク!ク!」と鳴くと、

3羽の子どもたち「クワ!クワ!」と声をあげ、

最後に、お母さんまで、小さな声で相槌を入れるかのように、

「コ!」と鳴きかわすからです。


よく、空を飛んで移動中に、

群れで鳴きかわしながらコミュニケーションをとっている

行動にとても似ているからです。


もしかしたら、スミスお父さんが、

「もうそろそろ出発するので、家族の意思疎通を図るための

渡りをするうえでの大切なコミュニケーションの準備だよ!」

と、特に3羽の子どもたちに教え込んでいたのかもしれません。


DSCN1512_convert_20200316191037.jpg

(スミスさん一家!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/17 05:16] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
孤軍奮闘している迷子のヴイちゃん、スミスさん一家、さっちゃん&ハッチちゃんの話!
duck4の定点ポイントでは、

32羽のうち7羽が幼鳥のオオハクチョウさんです。


そのうち、独りぼっちで行動しているのが

この迷子のヴイちゃんです。🦢


トレードマークは、

クチバシの黒いの模様のV字

なので、そう呼ぶことにしました。


DSCN1082_convert_20200315191633.jpg

(飛んでいる迷子のヴィちゃん!)

この迷子のヴイちゃんですが、

他の渡りの成鳥からも相手にされず、

近づいてきて突っつかれることも多々あります。


ただ、生きるために精一杯の迷子のヴイちゃんは、

何とか、おなかを満たすために、

パンの餌付けをしているところにも

割り込んで食べています。


そして、いつも思うのですが、

餌付けするヒトには、パンではなく、せめて、

お野菜、玄米、配合飼料などを与えて欲しいのですが。


なぜか、パンを与えるヒトが絶えないので、

見ながら、いつも心配しています。


なぜなら、滞在組のチンさんが、

片足を引きずって歩くようになったのも、

パンの食べ過ぎで栄養過多による

脚気が原因だからです。


DSCN0914_convert_20200314185346.jpg

(孤軍沸騰の迷子のヴイちゃん!)

このあと、迷子のヴイちゃんは、

飛来組のオオハクチョウさんに背後から追い回されて、

攻撃されました。


何とか、振り切った後、

大きく羽をバタバタさせました。


「お腹のあたりが泥で汚れているよね!」

「きっと、頑張って、餌探しをしているからだよね!」


と迷子のヴイちゃんを見ていた地元の方が

おしゃっていました。


DSCN0957_convert_20200314185409.jpg

(大きく羽を広げる迷子のヴイちゃん!)

ところで、スミスさん一家ですが、

早朝行くと、定点ポイント周辺を飛び回って、

旋回してまた戻ってくることがあります。


よく片目を閉じるスミスお父さんも一緒なので、

家族で春の渡りの準備でもしているのでしょうか。


ただ、お昼に、フィールド調査に出かけると、

スミスさん一家は、浅瀬で爆睡していました。


DSCN0706_convert_20200314185321.jpg

(スミスさん一家!)

成長のさっちゃんと幼鳥のハッチちゃんは、

こちらの定点ポイントでもいつも一緒にいるようです。🦢


早朝、行くと、親子でもないのに、

2羽でべったりいました。


ハッチちゃんが、当てにしてさっちゃんに後をくっついているのか。

さっちゃんが、面倒を見ているのか。


まだ、会って数日しか見ていませんが、

さっちゃんとハッチちゃんが、

お互い支えあって生きているようです。


そして、大人のさっちゃんが、

見回しながら、キョロキョロしながら、

ハッチちゃんに危険が及ばないように、

守ってあげているようにも感じました。


この日もあの滞在組のリーダーの斑ちゃんとニアミスになった

さっちゃんとハッチちゃん。


その時、ハッチちゃんに、

「この滞在組の斑ちゃんたちには近づかない方がいいよ!」

と諭していたのがさっちゃんのようでした。


また、スワン食堂が開かれると、

どこからともなく、さっちゃんとハッチちゃんが

やって来て他の仲間たちに混じって食べていました。🦢


体は、こちにいる飛来組のハクチョウさんたちに比べ、

小柄ですが、持ち前のヒトに動じない性格で、

ここでも何とか2羽で協力してやっていけるのではないか

と思って見ています。


DSCN1245_convert_20200315191701.jpg

(幼鳥のハッチちゃんとさっちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/16 05:32] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
やって来たのはさっちゃんとハッチちゃんだった!
昨日のブログで、

「幼鳥と成鳥がやってきた」という題で投稿したところ、

ブロガーのういさんから、この仔たちは、

幼鳥のハッチちゃんと成鳥のさっちゃんでは、

とのコメントをいただきました。


ところで、このさっちゃんとハッチちゃんですが、

13日の金曜日の朝、2羽で一緒に泳いでいました。🦢


見たときに、成鳥と幼鳥なので、

何か訳ありなのかなと、

すぐに思いました。


そして、こちらへと近づいて来たこともあり、

成鳥のさっちゃんを個体識別するために、

撮影を試みました。


すると、クチバシの黒い模様が独特で、

この仔ならば、見分けがつくと、

とっさに考えたからです。


DSCN0693_convert_20200314185238.jpg

(さっちゃん!)

もう1羽、成鳥と一緒の幼鳥のハッチちゃんは、

他の子どもたちによりも、

かなり鮮やかな黄色のクチバシをしています。


また、よく鳴く子がどうかわかりませんが、

泳いでいる時に「クワ!」と声をあげました。🦢


もしかしたら、

さっちゃんに、話しかけたのかもしれません。


DSCN0702_convert_20200314185300.jpg

(幼鳥のハッチちゃん!)

そして、早朝にスワン食堂が開かれていましたが、

そこに、さっちゃんとハッチちゃんが現れ、

アドちゃんたちの中に混じっていました。🦢


このことから、随分、ヒト慣れしたハクチョウさんだなあ。


もしかしたら、給餌が行われているところで、

越冬していたのではないかとduck4は思いました。


DSCN0760_convert_20200314185212.jpg

(ハッチちゃんと後ろ向きなのがさっちゃん!)

お昼に、また、フィールド調査のために

定点ポイントに行ってみると、

さっちゃんとハッチちゃんが一緒にいました。


そして、地元のヒトの方が置いた白米を

ハッチちゃんは食べていました。🦢


幼鳥のわりに、大胆だなあと思いました。

すると、ここを主としている

滞在組のリーダーのちゃんが近づき、

ハッチちゃんの首を突っついて追い払おうとしたのでした。🦢


DSCN0882_convert_20200314185143.jpg

(斑ちゃんに攻撃を受けるハッチちゃん!)

夕方、行ったときに、

ちょうどカメラのバッテリー切れて、

さっちゃんとハッチちゃんの様子を撮影できませんでしたが、

他の飛来組のハクチョウさんたちに混じっていました。


ハッチちゃんは、さっちゃんから離れると、

「クワ!」と呼ぶように鳴いていました。🦢


そして、そばまで来て、

さっちゃんとハッチちゃんは、ぺったりと寄り添いました。

まるで、ハッピーリングを作るようにです。


見ていて、すごく信頼し合っているのだなあと

実感しました。


このまま、さっちゃんとハッチちゃんとともに、

繁殖地まで北帰行の旅を無事続けて欲しいと、

願っています。


DSCN0794_convert_20200314185951.jpg

(前を行くさっちゃんとついて行くハッチちゃん!)

追伸!

さっちゃんとハッチちゃんのことを

教えていただきありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/15 05:02] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
幼鳥と成鳥がやってきた!
3月中旬にもなると、

日の出の時間も早くなり、

6時になると完全に明るくなっています。


そして、30羽ほど残っている飛来組のハクチョウさんたちは、

もう旅立っているのではないか。


特に、出発する日は、

早立ちするので、急ぎ、定点ポイントへ

とduck4は向かいました。


すると、見覚えなのない、

2羽の立ち寄りハクチョウさん!?

が一緒に泳いでいました。🦢


先頭を泳いでいるのが、

成鳥のオオハクチョウさん。


そして、後ろをくっついているのが、

幼鳥のオオハクチョウさんです。


一緒に、行動しているのでしょうか。


DSCN0395_convert_20200313191139.jpg

(早朝、一緒にいた成鳥と幼鳥!)

それから、一緒に、上流に向かって泳いできたときに、

正面を向いてくれたので、

幼鳥のオオハクチョウさんを撮影できました。


すると、この仔は、かなりクチバシが、

もう、成鳥と変わらないくらいに鮮やかな黄色


まだ、頭は灰色ですが、

体は小柄ですが、

かなり早熟だったのかもしれません。


DSCN0417_convert_20200313191205.jpg

(鮮やかな黄色のクチバシの幼鳥のオオハクチョウさん!)

そして、

もう1羽一緒にいた成鳥のオオハクチョウさんは、

クチバシの黒い部分がV字になっていました。


付け根には、左右対称の両方に、黒い線があります。


一度見たら、

忘れられないオオハクチョウさんだと思います。


ところで、この成鳥と幼鳥ですが、

前日にはいなかったので、

おそらく、どこかでいたのが、

duck4の定点ポイントに立ち寄ったのではないか。

と思っています。


DSCN0465_convert_20200313191231.jpg

(クチバシの黒い模様が独特な成鳥!)

上流には、スミスさん一家がいました。

3羽の子どもたちは、首を上下に振りながら、

鳴きかわしをはじめました。


「コ!」

「コ!」

「コ!」

とスミスさんの子どもたちだけでです。


DSCN0496_convert_20200313191428.jpg

(スミスさん一家)

すると、子どもたちだけが

フライングするように飛び立って行きました。


もしかして、ここで親離れ。

いや、一瞬、そんなことが心によぎりました。


DSCN0514_convert_20200313191512.jpg

(上空を旋回するスミスさんの子どもたちともう1羽!)

すると、飛び立たなかった

スミスお父さんとお母さんは、

子どもたちの飛んでいる様子を、川から見守っていました。


「コ!」

「コ!」


と子どもたちを呼ぶように夫婦で声をあげていました。


数分くらい、高圧電線手前を旋回していた

3羽のスミスさんの子どもたちは、

親元にそばに着水しました。


もしかしたら、また、

飛ぶ練習でもしていたのでしょうか。


DSCN0513_convert_20200313195029.jpg

(スミスお父さんとお母さん!)

次の話は迷子ちゃんですが、

独りぼっちで泳いでいました。


DSCN0550_convert_20200313191255.jpg

(迷子ちゃん!)

ただ、この迷子ちゃんは、

かなりもまれて育ったのか、

割り込んで食事をしていました。


それも、スミスさん夫妻のそばでです。


すると、1羽のスミスさんの子どもが、

この迷子ちゃんの背中を噛みつきました。


それにも、めげずにしばらく動じませんでした。

やはり、ただでは転ばない強さを持った

仔のようです。


DSCN0557_convert_20200313195111.jpg

(スミスさんの子どもに突っつかれる迷子ちゃん!)

でも、5対1に争い。

スミスお父さんとお母さんは、子どもたちのケンカには、

ノータッチでしたが、やはり背中からの攻撃だったので、

迷子ちゃんは、前進して逃げるしかありませんでした。


DSCN0566_convert_20200313191318.jpg

(逃げる迷子ちゃん!)

そして、やっとの思いで、

ふりきった迷子ちゃんは、大きく羽をバタバタさせました。


「今回は負けてしまったが、次回は、負けないよ!」

という思いで、

迷子ちゃんは、大きく羽をバタバタさせていました。


DSCN0567_convert_20200313191345.jpg

(ケンカのあと羽をバタバタさせる迷子ちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2020/03/14 05:26] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(8) |
迷子ちゃん、2羽の子どもたちを連れた一家、スミスさん一家の様子!
今、duck4が、一番、案じているのは、

この幼鳥のオオハクチョウさんです。


親と離れ離れになって、

迷子ちゃんとして、定点ポイントに、

飛来してきました。


幼鳥なので、

成鳥になるころには、

クチバシの模様が若干、変わるかと思いますが、

黒い模様がV字が、

とても特徴的です。


DSCN9836_convert_20200312175408.jpg

(迷子のオオハクチョウさん!)

ところで、この迷子ちゃんですが、

独りぼっちなので、時々、他のハクチョウさんに追い回されて、

ケンカで敗れてしまいます。


しかし、めげずにいるところを見ると、

結構、芯の強いところもあるようです。


目の前にいるカルガモさんをクチバシで

突っつこうとしていました。


勝気なところもありそうです。


DSCN9810_convert_20200312175202.jpg

(カルガモさんを突っつこうとしている迷子ちゃん!)

ただいま、定点ポイントには、

他に5羽の幼鳥がいます。


ただ、この迷子ちゃんは、、

他の幼鳥のオオハクチョウさんに比べて、

小さくて、泥で汚れています。


しかし、独りでも奮闘して、

地元の方が提供する

スワン食堂に割り込んで何とか食べているようです。


DSCN9813_convert_20200312175227.jpg

(迷子ちゃん!)

ただ、ほとんど独りぼっちなので、

ヒトの良さそうなシングルの成鳥にくっついて、

面倒を見てくれればとduck4はいつも願っています。


今までの経験からですが、

この迷子ちゃんは、しっかりしているようなので、

ここを旅立つときに、群れに混じって、

北帰行の旅を続けて欲しいと願っています。


DSCN9816_convert_20200312175256.jpg

(迷子ちゃん!)

そして、あまりブログでは、紹介してこなかった思いますが、

2羽の子どもを連れたオオハクチョウさん一家もいます。


ずっと、定点ポイントにいたのですが、

あまり近づいてきてくれないので、

親鳥の正面からのクチバシを特定できる写真が

撮影できずにいました。


スミスさん一家が来ると、去って行きますが、

この一家の子どもたちもすくすく育っています。


DSCN9927_convert_20200312175529.jpg

(2羽の子どもを連れたオオハクチョウさんの一家!)

最近、ずっと、飛ぶところを見なかったスミスさん一家

この時は、親子で一斉に飛び立ちました。


そして、体が重いのか、

スミスさんお父さんがちょっと遅れて離陸していきました。


DSCN0262_convert_20200312175609.jpg

(飛び立つ前のスミスさん一家!)

そして、しばらく、上空を旋回していたのですが、

また、戻ってきました。


DSCN0284_convert_20200312175631.jpg

(戻ってきたスミスさん一家!)

そして、着水。

スミスお父さんは、泳いでいるとき、よく、片目を閉じるので、

飛べるのが心配でした。


しかし、こうやって数分間

、飛び回っているところを見ると、

もう、そろそろ、越冬地を離れようかと、

スミスさん夫妻は、思っていたのかもしれません。


DSCN0286_convert_20200312175652.jpg

(着水するスミスさん一家!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/13 05:57] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
まだ居残ってくれている飛来組のハクチョウさんたち!
ミルクちゃんだけが、

コンクリートの土手で立っていました。


「皆はどこ?」

「もう、旅立ったの!?」

と尋ねていると、目の前を泳いでいく、

ハクチョウさんたちの群れがやってきました。


DSCN9972_convert_20200311173906.jpg

(ミルクちゃん!)

それは、今日も、居残っていてくれた、

飛来組のハクチョウさんたちです。


雨上がりなので、

まだ、薄暗いうちに旅立ったのかと思いきや、

いてくれてくれたことにほっとしました。


それと、いなくなるのは、

やはり、寂しいです。


DSCN9994_convert_20200311173959.jpg

(立っているミルクちゃんの目の前を通過する飛来組!)

そして、あとを追いかけるように、

滞在組のチンさん、ちゃん、アドちゃん、ティちゃんも、

やってきました。


「ここは、滞在組の縄張り。早く出ていけ!」

と心の中の叫びも聞こえてきそうです。


「でも、飛べたらなあ!」

「飛来組と一緒に帰りたいなあ!」

「故郷へ!」

と内心は思っているのかもしれません。


DSCN9995_convert_20200311174027.jpg

(チンさん、斑ちゃん、アドちゃん、ティちゃん!)

すると、上空を通過する5羽のハクチョウさんが、

下流から上流へ向かって空高く通過。


このまま、北帰行をするのかとなと思っていましたが、

橋の上で旋回、また、下流へ戻って行ったのでした。


このあと、地元の方と

「今日は、強い、北から吹く風なので、多くの飛来組が旅だっのは、

明日かな!?」


と話しました。


DSCN9993_convert_20200311173935.jpg

(通過する5羽のハクチョウさんたち!)

ところで、もう、お別れが近いので、

スミスさん一家の動画を撮影していました。


その時、いつもにもまして、

スミスお父さんは、大きな声で鳴きました。

「ク!コ!コ!」


時々、片目を閉じたりしてはいましたが、

とても強くです。


もしかしたら、

こんなことを言っていたのかもしれません。

「いろいろ面倒見てくれてありがとう!」

「もうそそろそお別れだね!」

「また、秋になったら戻ってくるよ!」

だったに違いありません。


そして、翌日行ったら、

スミスさん一家は、まだ、居残ってくれるのでしょうか。

それとも家族全員で旅立ってしまっているのでしょうか。


DSCN9628_convert_20200309172741.jpg

(スミスさん一家!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/12 05:02] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(4) |
お別れがまもなくかなスミスさん一家&震災を知らないアドちゃん!
早朝、定点ポイントに行くと、

31羽の飛来組が居残っているのを見ると、

なぜかほっとします。


特に、今シーズンは、

ずっと、スミスさん一家をそばで、

見守ってきたからなおさらです。


そして、それをわかってくれているのか、

スミスお父さんは、よく話してくれます。


「ウー!」という犬が吠えるような声。

「ボ!」と若干かすれた優しく低音の声、

でです。


スミスさんがポジティブなキモチを

表しているときには、「ボ!」と鳴きます。


「いつ、家族を連れてここを去るの!?」

とスミスお父さんに心の中で話しけるのですが、

もちろん、答えはありません。


ここを離れるときには、

一言、「ボ!」と鳴いて、

「秋にはまた来るよ!」

と言ってくれるのならば、なお、嬉しいです。


なぜなら、スミスさん夫妻は

昨シーズンもそうだったからです。


DSCN9639_convert_20200309172839.jpg

(スミスお父さん!)

一方、スミスお母さんは、あまり話しかけてくれませんでした。


しかし、「スミスお母さん!スミスお母さん!」

としつこく名前で話しかえるようになってからは、

「ク!コォ!」と、鳴くようになりました。


今シーズンも、11月10日から、一家を見守ってきたので、

そのことを、スミスお母さんもわかってくれていることと

信じております。


ただ、

「旦那さんは、よく片目を閉じるけど、大丈夫!」

「これから、繁殖地までの約二か月」

「4000キロの北帰行できるの!?」

とお母さんに尋ねたいところなんですが。

まだ、聞いていません。


きっと、長年、一緒に、夫婦ナカヨク、過ごしてきて、

スミスさん夫妻なので、3羽の子どもたちを無事、

生まれた故郷まで帰ることができることを、

信じたいと思っています。


DSCN9637_convert_20200309172814.jpg

(スミスお母さん!)

3羽の子どもたちは、

時々、親鳥から離れ、

一緒にいることが多くなったようにも感じます。


そして、

さっさと先に行って、

「お父さん、お母さん、早く来てよ!」

と、警戒音を発するような声で呼ぶことがあります。


そして、基本は、いつも親子一緒。

朝、duck4に近づいてくるときには、

「クワ!クワ!」とアヒルさんのような声で、

掛け合いながら泳いできます。


空を飛ぶときには、

ハクチョウさんたちは、鳴きかわしますが、

まるで、3羽の子どもたちも、親子一緒に移動するときには、

そのような声をあげるのです。


昨シーズンは、3月3日にスミスさん夫妻は旅立ちました。

今シーズンは、3月中旬になってもまだ、他の飛来組と一緒に、

居残ってくれています。


ただ、過去のデータを見ていると、

やはり、3月中旬には、ここを旅立っています。


なので、朝行ったときに、

いないということもあることでしょう。


寂しくなりますが、

「また、秋に、戻って来いよ!」

と声をかけて一家をお見送りだけはしたいものです。


DSCN9628_convert_20200309172741.jpg

(スミスさん一家!)

追伸!

ある地元の方から、質問されたことがありました。

「頭に、黒いものが、アドちゃんにはあるよね!」

その方の質問に、よくアドちゃんの特徴を捉えていると思いました。


DSCN9626_convert_20200309172716.jpg

(アドちゃん!)

このアドちゃんですが、

2015年3月中旬に怪我をして、

それっきり、ここで滞在組のハクチョウさんの一員として、

生きています。


なので、斑ちゃん、チンさん。

もしかしたら、ミルクちゃんもですが、

あの東日本大震災の津波を経験していません。


ただ、震災直後の目撃情報として、

「津波が川を逆流してきて、

ハクチョウさんたちが奇声をあげて飛び回っていた」


という情報が地元新聞に掲載されていました。


ということは、2011年3月11日にも、

飛来組のハクチョウさんたちがいたことになります。


また、それから10日ほどたった3月下旬ごろにも、

居残っていたハクチョウさんを撮影したことがありました。


震災から9年。

あのときのことは、今でも忘れられません。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/11 05:11] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(6) |
頭にコブのあるオオハクチョウさん&逞しい迷子ちゃんに応援!
定点ポイントには、

まだ37羽のハクチョウさんたちが居残っています。


「もう、旅立つのもそろそろだよね!」

と地元の方とも話しています。


そんな思いで、早朝、行くと、

いるのでほっとさせれれます。


ところで、飛来組のオオハクチョウさんの1羽に、

こんな仔がいました。


DSCN9619_convert_20200309172651.jpg

(気になる飛来のオオハクチョウさん!)

よく、見ると、この仔の頭が、コブのように

盛り上がっています。


何かにぶつけてこうなったのでしょうか。


そうだとすると、あの幼鳥と一緒に、

5羽がやってきた1羽だったのかもしれません。


それは、わかりませんが、

電線にぶつけたときの後遺症でなければ良いのですが。


ただ、元気そうなので、

遠くから見守っていました。


DSCN9621_convert_20200309172630.jpg

(頭にコブなようなものがオオハクチョウさん!)

それから、あの迷子のオオハクチョウさんは、

独りぼっちでも逞しくいます。


お腹のあたりが泥色に汚れているところを見ると、

土手に上がって草の根っこでも食べていたのかもしれません。


また、スワン食堂が営業していたときにも、

割り込んで食べていました。


成鳥に突っつかれても、

ひるまずいるこの迷子ちゃんに、

心の中で声援を送っていました。


DSCN9607_convert_20200309172608.jpg

(独りぼっちでも逞しい迷子のオオハクチョウさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2020/03/10 05:30] | 2020年3月白鳥日記! | トラックバック(0) | コメント(6) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR