FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ミルクちゃん、アドちゃん、ルーちゃんの縄張りに対する思い!
この数日で、

定点ポイントの七北田川では、

飛来組のハクチョウさんたちが100羽を超え。


そのため、ミルクちゃんも、

「縄張りを追いやられてたまらんよ!」

とでも思っているのかもしれません。


そんな、ミルクちゃんですが、

またすりすり近くまで寄って、

じっと見つめます。


実に、ヒトに対して、

興味をしますハクチョウさんです。


DSCN9770_convert_20191113164615.jpg

(ミルクちゃん!)

そんな様子をそばに立って見つめているアドちゃん。

「ミルクちゃんにはかなわないよ!」

とでも心の中で言っていたようです。


でも、ミルクちゃん同様に、

「縄張りを追いやられて困っているよ!」

と毎年のことだけれども、目で訴えているようでした。


DSCN9771_convert_20191113165456.jpg

(アドちゃん!)

一方で、この初夏にアドちゃんに連れてきたルーちゃん。

「アドちゃんは良い仔だよ!」

「パートナーとしては、ちょっと頼りないけど!?」

「なので、アドちゃんに加勢してあげているんだよ!」

とでも羽をバタバタさせて思っていたようです。


DSCN9834_convert_20191113165519.jpg

(ルーちゃん!)

ミルクちゃん、アドちゃん、ルーちゃんでは、

縄張り意識には多少、違いがあるようです。


ただ、アドちゃんは、

縄張り意識がかなり芽生えてきているのは、

普段の行動からduck4にはわかります。


追伸!

河川敷には、1本の大木があります。

ただ、工事のため将来どうなるかわかりません。


その木は、小鳥さんたちが

隠れるのには良い場所のようです。

あの品のあるお洒落なシジュウカラさんが止まっていました。


DSCN9466_convert_20191110175518.jpg

(シジュウカラさん!)

そのそばには、どこかで見覚えがある鳥さん。

しばらく、見ていなかったのですが、

秋が深まってきたことで、また戻ってきたようです。

ジョウビタキさんのメスのようです。


DSCN9465_convert_20191110175451.jpg

(メスのジョウビタキさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2019/11/15 05:51] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
11月中旬で100羽越えした定点ポイントの七北田川!
定点ポイントの七北田川で、

ハクチョウさんの数が100羽超えました。


数年、観察していて11月中旬では初めてのことでした。


それも、なんと、

136羽に達していたから、

驚きです。


その内訳は、幼鳥が22羽。

コハクチョウさんが17羽でした。


その中には、

もちろん、いつもよりも早く戻ってきたであろう

3羽の幼鳥を連れて来たスミスさん一家もいました。


DSCN9974_convert_20191113171323.jpg

(定点ポイントの中洲付近!)

その多さに、滞在組のハクチョウさんたちの縄張りは、

飛来組に完全に占領されてしまっていました。


「出ていけ!ここは、滞在組の縄張りだ!」


斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃん、

アドちゃん、ティちゃん、ルーちゃんが、

協力して叫んでも焼け石に水の状態です。


DSCN0056_convert_20191113165809.jpg

(叫ぶ6羽の滞在組!)

追伸!

この数日、

ハクチョウさん数が増えてきました。

それに関係しているかどうかわかりませんが、

晩秋の満月をむかえました。


空気が乾燥しているので、

きれいに光っていました。


DSCN9899_convert_20191113165648.jpg

(晩秋の満月!)

月には、ウサギさんはいるのだろうか。

本物のウサギさんを見ながら、

思いにふけりました。


DSCN9504_convert_20191110175429.jpg

(ウサギさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/14 05:11] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
秋から冬へと向かっている七北田川!
定点ポイントの七北田川でも、

秋から冬に向かっています。


そのひとつが、

オナガガモさんの飛来です。


毎年、11月中旬から12月にかけて、

たくさんやってきます。


そして、日中、この土手、

お休みしています。


これから、北へ雪が降りだすと、

この辺りでも、

もっとオナガガモさんが集まってきます。


しかし12月中旬以降は、

数を減らします。


おそらく、

他の越冬地へ移動しているのではないかと、

思われます。


DSCN9264_convert_20191110174803.jpg

(土手で休んでいるオナガガモさんたち!)

もうひとつの秋から冬へ向かっていると感じるのは、

群れをつくってカワウさんが、

下流から上流へ向かって、

飛んで行くことです。


おそらく、群れで、お魚を追い込んで、

一網打尽で捕まえるのかもしれません。


時々、皆で着水するところを見ますが、

実際、食べ物にありついているのかは、

わかりません。


DSCN9383_convert_20191110175540.jpg

(カワウさんの群れ!)


ところで、ちゃんですが、

あのクチバシのイボはそのままですが、

化膿している部分は目立たなくなってきています。


しかし、飛来組に縄張りを占領され、

他の滞在組と協力して、

追い払おうとしています。


やはり、リーダーの斑ちゃん。

自分の縄張りを守ろうとする意識は、

他の仔たち以上に持っているようです。


ただ、あまりの多さに、

滞在組は押され気味になっています。


DSCN9282_convert_20191110174713.jpg

(斑ちゃん!)

その一方で、

コハクチョウさんのティちゃんは、

すごいです。


自分よりも体の大きなオオハクチョウさんに、

体当たりをするのですから、

おっとりしているようで、

意外と気が強いです。


アドちゃんやルーちゃん。

ただ大声を出すだけのチンさん以上に、

闘います。


よく、斑ちゃんの後ろを追いかけるところを見ると、

ティちゃんは、慕っているのかもしれません。


ただ、心配は、

羽をバタバタさせて向かって行くので、

風切羽の一部が抜けかかっていることです。


DSCN9304_convert_20191110174737.jpg

(羽が抜けかかっているティちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/13 05:00] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
3羽の幼鳥を連れて戻ってきたスミスさん夫妻!
今日は嬉しいニュースを紹介します。

なんと、あのスミスさん一家が、

七北田川の定点ポイントに戻ってきました。


3月上旬の早朝を最後に旅立っていきましたが、

今回は、なんと、3羽の幼鳥と一緒です。


子どもを連れて来たのは2016年のシーズンぶり。

この2年ほどは、夫婦のみで飛来だったので、

正直、子どもは、もう無理かなと思っていました。


そのスミスさんは、duck4に気づくや否や、

近づいてきてくれました。


「また、戻って来たよ!また、よろしく!」

と心の中で言っていたに違いありません。


DSCN9594_convert_20191110174527.jpg

(3羽の幼鳥を連れて戻ってきたスミスさん夫妻!)

なぜ、スミスさんと分かったかと言うと、

それは、クチバシの模様と鳴き声


間違いないか、

あとで、昨シーズンのブログの写真と、

今年の写真を見比べて、

スミスさんと判明しました。


DSCN9595_convert_20191111140323.jpg

(今シーズンのスミスさん!)

DSCN5053_convert_20190220163611_convert_20191111135710.jpg

(昨シーズンのスミスさん!)


>追伸!

スミスさんとは、もう数年の仲。

また、今年も戻ってきてとても嬉しかったです。


いつもならば、11月中旬から下旬ごろと、

もう少し寒くなったから飛来なのですが、

今シーズンは、早かったようです。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/12 05:37] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
5羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家も飛来!
対岸にいたのですが、

duck4を見るや否や、

6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

近づいてきてくれました。


しばらく、そばにいてくれましたが、

飛来組が戻ってくると、

下流へと去って行きました。


DSCN9265_convert_20191110174650.jpg

(6羽の滞在組のハクチョウさん!)

夕方になると、

多くの飛来組のハクチョウさんたちが、

塒入りをします。


この日の夕方は、3組の家族がいました。

そのうち5羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家


もう一組は、

3羽の幼鳥を連れたこちらもオオハクチョウさん一家です。



この2組の家族は、とても騒々しく、

両方の親鳥たちは羽を広げ威嚇を始めました。


DSCN9344_convert_20191110174602.jpg

(威嚇し合う2組のオオハクチョウさん一家!)

すると、お互い入り乱れるように、

ケンカが始まりました。


こどもたちも大慌てになりましたが、

一段落すると、両家族と離れていきました。


DSCN9345_convert_20191110174624.jpg

(乱れ合う両家族!)

追伸!

何か枝に止まっていると思い、

撮影してみると、そこにはカワラヒワさんがいました。


今シーズンは、河川敷の草刈りが遅かったこともあり、

例年のように、セイタカアワダチソウが伸び切っていません。


そのため、隠れるところも少なく、

カワラヒワさんたちにとっては、

あまり良くない環境ですが、

こうやって見かけると、嬉しくなります。


DSCN1022_convert_20191108173623.jpg

(カワラヒワさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/11 05:59] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
コハクチョウさん一家が滞在組の前に現れると!?
早朝の定点ポイント。

滞在組の近くに泳いできた

コハクチョウさん一家

1羽の幼鳥を連れてきていました。


duck4の定点ポイントでは、

オオハクチョウさんたちが圧倒的に多いのですが、

多少ですがコハクチョウさんも越冬します。


ところで、コハクチョウさんですが、

オオハクチョウさんと比べて、

クチバシの黒い模様が独特です。


泥んこの田んぼで餌を食べていたのでしょうか。

泥色に染まった頭の親鳥のクチバシは、

黒い部分が先から二股に別れ

また先の部分でくっついています。


これからもずっといてくれたら、

すぐに見分けがつく親鳥でしょう。


DSCN1073_convert_20191108174320.jpg

(コハクチョウさん一家!)

一方で、幼鳥の方ですが、

まだ、クチバシが朱色で黒くなっていません。


親鳥のようなクチバシの模様になるのは、

もう少し時間がかかりますが、

どんな模様になるのでしょうか。


DSCN1053_convert_20191108174350.jpg

(幼鳥のコハクチョウさん!)

実は、この後ですが、

このコハクチョウさん一家にある出来事がありました。


DSCN1094_convert_20191108174252.jpg

(コハクチョウさん一家!)

同じコハクチョウさんのティちゃんは、

親子に攻撃を仕掛けたのです。


しかし、察した一家は、

二手に分かれて難を逃れました。


同じコハクチョウさんなのに、

ティちゃんはなぜ怒ったのでしょうか。


ハクチョウさんは、

実に、縄張り意識が強い鳥さんです。


DSCN1099_convert_20191109172636.jpg

(羽を広げて怒っているティちゃん!)

追伸!

定点ポイントにも、

オオバンさんが現れるようになりました。


てくてくコンクリートを登る姿が、

とても愛くるしいです。


また、弁足というそうですが、

水かきでないのですが、

地面を歩くのは楽なんでしょうか。


DSCN1078_convert_20191108174220.jpg

(オオバンさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/10 05:09] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
心穏やかでないアドちゃん!
早朝行くと、

ここには、

アドちゃんとルーちゃんだけでいることがあります。


ナカヨシなのか。

それとも、ルーちゃんが、

昔の仲間を探していることにアドちゃんが焦っているのか。

わかりませんが、2羽で待っていることがあります。


ただ、この場所は、

強い飛来組のハクチョウさんも出没します。

ルーちゃんは、比較的、平気なのですが、

ずっとここで生きてきたアドちゃんは、

内心穏やかではないようです。


案の定、この時も、

2羽の姿を見て強そうな飛来組のハクチョウさんたちが、

近づいてきました。


そこで、まず、アドちゃんが、

「ここは、滞在組の縄張り!出ていけ!」

「クオ!クオ!」と叫びました。


それに呼応するかのように、

ルーちゃんも加勢しました。


DSCN0928_convert_20191108173517.jpg

(アドちゃん&ルーちゃん!)

しかし、アドちゃんたちにとっては、

最悪のシナリオ。


強い飛来組が近づいてきて、

アドちゃんと一発触発


しかし、アドちゃんは負けることがわかっているので、

とっさに逃げて難を逃れることができました。


DSCN0937_convert_20191108180838.jpg

(ケンカ!)

その後、両者引き分けで、

アドちゃん。

相手の強い飛来組のハクチョウさんが、

大きく羽を広げていました。


DSCN0941_convert_20191108173746.jpg

(鳴き騒ぐ2羽の飛来組とアドちゃん!)


追伸!

11月7日に県内500か所で行われた

冬の渡り鳥の一斉調査によると、

調査が行われた1972年以降、

最高の記録になったそうです。

マガンさん223,011羽。

カモ類37,279羽。🦆

ハクチョウ類8,622羽。🦢

合計268,912羽でした。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/09 05:55] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
砂押川で再開できたコブハクチョウさん&オオハクチョウさん!
7月中旬ごろのこと。

砂押川には2羽の夏越しのハクチョウさんがいたことを、

duck4ブログで紹介しました。


ちょうど、換羽の真っ最中で、

休んでいた浅瀬には、たくさんの古い羽が落ちていました。

それから、どうしているのかと、

案じていました。


すると、2羽砂押川にいたのです。

1羽はオオハクチョウさん。

もう1羽は、お休み中でした。


DSCN0880_convert_20191106171812.jpg

(砂押川の2羽のハクチョウさん!)

起きないかなと待っていたところ、

もう1羽を目覚めてくれました。


朱色のクチバシをした、

成鳥のコブハクチョウさんです。


DSCN0883_convert_20191106171835.jpg

(コブハクチョウさん!)

7月に出会ってから

約4月近く音信がありませんでしたが、

偶然にも、

コブちゃんとオオハクチョウさんが一緒にいるということは、

いつも行動を共にしているのかもしれません。


DSCN0884_convert_20191106171748.jpg

(共に行動しているコブちゃんとオオハクチョウさん!?)

そして、コブハクチョウさんの方は、

お疲れモードなのでしょうか。

「羽の下にクチバシを隠していました。」


ところで、この表現は、

あの英語で書かれていた

『醜いアヒルの子』の絵本の中にもありました。

The duckling hid his beak under his feathers.


ハンターによって撃たれたカモさんたちを、

探しにきた狩猟犬が近づいて来た時に、

醜いアヒルの子が、身をかがめて隠れていたシーンで

描かれていました。


そして、この表現ですが、

滞在組のハクチョウさんたちも、

お腹がいっぱいになり、羽繕いの後に、

よくする仕草です。


DSCN0894_convert_20191106171853.jpg

(コブちゃんは羽の下にクチバシを隠していました。)

それから、場所を移動して、

橋から撮影を試みてみましたが、

オオハクチョウさんは、起きていて、

コブちゃんを守ってあげているようでした。


DSCN0895_convert_20191106171935.jpg

(寝ているコブちゃんを見張っているオオハクチョウさん!)


追伸!

11月7日(木曜日)に

宮城県で今シーズン初めて渡り鳥の一斉調査が行われました。


ちなみに、duck4の定点ポイントは、

調査ポイントには含まれていませんが、

代わりに数えてみたら、

下記のような結果になりました。


ハクチョウさん 31羽(うち幼鳥4羽)🦢

カモ類 227羽🦆です。


(関連ブログ)

砂押川で出会ったコブハクチョウさん&オオハクチョウさん!

(2019年7月22日duck4ブログより)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/08 05:17] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
草を食べに土手に上がってくるアドちゃん、斑ちゃん、ミルクちゃん!
とある日の夕方。

アドちゃんは、コンクリートの土手を登ってきました。


DSCN0279_convert_20191106171148.jpg

(アドちゃん!)

新鮮な草を食べに

アドちゃんは、土手にやってきました。


今シーズンは、季節の進みが遅いので、

おいしそうな新鮮な草もまだまだたくさん生えていました。


DSCN0295_convert_20191106171217.jpg

(アドちゃん!)

そして、アドちゃんにつられるように、

あのリーダーのちゃんも登ってきました。


DSCN0326_convert_20191106171252.jpg

(斑ちゃん!)

このあと、

斑ちゃんも、草をついばんでいました。


DSCN0330_convert_20191106171315.jpg

(斑ちゃん!)

そして、アドちゃん、斑ちゃん以外にも、

ミルクちゃんも登ってきました。


一番高いところにいるのが斑ちゃん。

右にアドちゃんと左にミルクちゃんがいます。


DSCN0342_convert_20191106171439.jpg

(斑ちゃん、アドちゃん、ミルクちゃん!)

このあと、ミルクちゃんは、

すりすり近づいてきてくれました。


DSCN0356_convert_20191106171347.jpg

(ミルクちゃん!)

そして、目の前で、羽をバタバタ

「こっちを見てよね!」

とでも心の中でミルクちゃんは言っていたに違いありません。


DSCN0359_convert_20191106171413.jpg

(目の前で羽をバタバタさせるミルクちゃん!)


追伸!

早朝、

七北田川上空を通過するハクチョウさんの数が

増えてきました。


群れで飛んできて、

川で休んでいるハクチョウさんを見つけると、

舞い降りてきます。


そろそろ百均で買ったカウンターの出番になりそうです。


そして、まもなく、

宮城県でも渡り鳥の一斉調査が行われます。

どのくらいのガンさん、カモさん、ハクチョウさんが

飛来しているのでしょうか。


愉しみのひとつです。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/07 05:20] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
大沼周辺には100羽以上いるかも!?
11月上旬にもなると、

仙台平野にも、飛来組のハクチョウさんたちが、

渡ってきていました。🦢


仙台市にある大沼の近くの田んぼには、

おおきな群れをなして、

ハクチョウさんたちは、お食事していました。


数えてみると、

65羽ほどいたようです。🦢


DSCN0696_convert_20191105172738.jpg

(田んぼで食事中のハクチョウさんたち!)

その中には、

今年生まれた幼鳥たちも親鳥に連れられて、

一緒に食べていました。🦢


6月に生まれ、

5か月ほどで長旅をして日本にやって来られるのですから、

子どもの成長の早さに驚かされるばかりです。


DSCN0694_convert_20191105172808.jpg

(子供たちも一緒にお食事中!)

ところで、塒にしている思われる大沼にも、

昼下がりに、

羽休めをしているハクチョウさんたちがいました。


おそらく、大沼全体では、

50羽以上はいたかと思われます。


ここは、沿岸部の近くにある農業用のため池で、

近くには、農業園芸センターもあります。


そこには市営農園もあり、

1年契約で9000円から借りることもできるそうです。


この大沼ですが、

duck4の定点ポイントの七北田川からも近く、

直線距離すれば6キロほど。


なので、早朝、

下流へ向かって飛んで行くハクチョウさんの中には、

この大沼近くの田んぼで、

食べているものも、もしかしたらいるのかもしれません。


DSCN0706_convert_20191105172706.jpg

(大沼!)

話は変わりますが、

チンさんも冬支度は、もう済んだようです。

首周りの羽毛がふっくらしてきたからです。


これは、気のせいかと思われますが、

チンさんの首周りのくぼみが、

少なくなってきているようにも感じました。


パンを与えるヒトも少なくなり、

バランスの取れた食事ができているからでしょうか。

改善に向かっていれば良いのですが。


ただ、まだくぼんだ部分があるので、

完全回復にまでは至っていませんが、

もしそうだとすると、とても嬉しいことです。


DSCN0287_convert_20191105172909.jpg

(チンさん!)

追伸!

duck4手作りのクッペ風パンです。

焼き時間を25分にしたことで、

外は焦げ目をついて硬く、

内はふっくら柔らかい食べ応えがあります。


やはり、手作りパンを食べていると、

工場で作らているパンを食べると、

口の中で違和感を覚えることがあります。


DSCN0467_convert_20191105172839.jpg

(手作りのクッペ風パン!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/06 05:29] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ミルクちゃんの声の特徴!
最近、一番、

誰よりも近くに来てくれるのがミルクちゃん。


ちょっと真横からの撮影ですが、

こちらをじっと見ているようにも感じました。


日々、滞在組の縄張りにも、

飛来組が飛来してくるようになり、

大きな声をあげることが多くなってきました。


ミルクちゃんも例外ではないのですが、

どちらかと言うと詰まったような、

ちょっとハスキー声を出します。


甲高いトランペットのような音を出すことが

苦手なようです。


オオハクチョウさんの声調にも、

若干の違いがあるのではないかと思っています。


DSCN9696_convert_20191103101559.jpg

(ミルクちゃん!)

とこで、定点ポイントの七北田川にも、

留鳥がいます。


カルガモさんもその仲間。

この仔はあの片方の羽を骨折したカルガモさん。

コンクリートの上をてくてく歩いていました。


DSCN9601_convert_20191103101904.jpg

(羽を怪我しているカルガモさん!)

こちらは、トビさんです。

結構、大きな木に2羽で止まっていました。

よく、悠然と河川敷を飛び回っています。

何を食べて命をつないでいるのでしょうか。


DSCN9886_convert_20191103100955.jpg

(トビさん!)

このモズさんも一年中、

定点ポイントで見られる住人です。

上流部で河川敷の土砂を取り除く工事が行われていて、

林がなくなってしまいました。


そのため、居場所がなくなってしまっているのではないかと

ただいまduck4は案じております。


DSCN9577_convert_20191103101306.jpg

(モズさん!)


追伸!

定点ポイントには

バックパックで出かけます。🎒


朝晩も冷えようになり、

空気も乾燥してきたので、

真夏のころのにように長時間、

5キロほどの荷物を背負って、

びっしょり汗をかくこともなくなり快適になりました。


そのため、以前は、背中が濡れないように、

ショルダーベルト(肩ひも)を長くして背負っていたのですが、

歩くたびにバックパックが動きました。


その背負い方では、

荷物の重心が動くため、

腰にも負担がかかるのであまり良くないそうです。


また、ショルダーベルトをあまり短くすると、

腕が締め付けられ、

血流の流れが悪くなります。


そのため、背中にフィットする長さに

ショルダーベルトを調整するするとことが、

腰や肩に負担がなく背負えるそうです。


そして、また最近では、

背中にフィットするようなショルダーベルトの長さに

調整して背負うようにしています。🎒



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/05 05:24] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(6) |
縄張りを守っている滞在組!
斑ちゃんたちの頑張りもあり、

飛来組のハクチョウさんたちの数は、

減ってきています。


おそらく、塒を変えてしまったのかもしれません。

それと、5日ほどいたオオハクチョウさん一家も、

いつの間にか飛びだってしまいました。


DSCN9814_convert_20191103101408.jpg

(斑ちゃん、チンさん、ティちゃん!)

特に、

リーダーのちゃん。

声がでかいメスのチンさん。

コハクチョウさんのティちゃんの3羽は、

自分たちの縄張りを守ろうとするのに一生懸命です。


DSCN9825_convert_20191103101444.jpg

(大きな声で鳴くティちゃん、斑ちゃん、チンさん!)

「出ていけ!ここは滞在組の縄張りだ!」

と3羽で絶叫しています。


この3羽を見ていてひとつ疑問があります。🦆


なぜか、コハクチョウさんのティちゃんは、

オオハクチョウさんのオスのちゃんにべったり

恋心でもあるのでしょうか。


見ていると、

斑ちゃんは、チンさん以外のティちゃんにも、

好かれているようでもあります。


DSCN9833_convert_20191103101514.jpg

(ティちゃん、斑ちゃん、チンさん!)

飛来組のハクチョウさんの渡りの方は、

一時的にストップしています。🦢


一方で定点ポイントの七北田川の冬鳥の渡りの数は、

順調に増えています。


マガモさんも群れをなして泳ぎ回っています。


DSCN9593_convert_20191103101216.jpg

(オスのマガモさん!)

また、数日前から、オオバンさんも、

滞在組のハクチョウさんたちの周りで、

見かけるようになりました。


これから、朝晩は冷え込むようになります。

それに呼応するように、冬鳥さんたちも、

飛来してくることでしょう。

愉しみがまたひとつ増えそうです。


DSCN9700_convert_20191103101040.jpg

(オオバンさん!)


追伸!

ブロガーさんの皆さんは、どんなパン🍞がお好きですか。


duck4🦆は、クロワッサンが好きです。🥐

あのバターの香りとサクサクがとてもおいしく感じています。


最近のduck4🦆は、朝食用として、

クッペというパンを作っています。


砂糖、塩、ドライイースト、水、強力粉を混ぜて、

発酵させて、電気オーブンで25分焼くと、

クッペらしきパンが出来上がります。


次にチャレンジしたいのは、

薄力粉とベーキングパウダーを使って

ナンや蒸しパンなんかを作ってみたいと思うのですが。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/04 05:09] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(6) |
大橋に向かって飛んでいく2羽の飛来のオオハクチョウさん!
とある早朝。

ちゃん、チンさん、ミルクちゃん、ティちゃんは、

上流からもうひとつの定点ポイントに移動してきました。


そして、数羽の飛来組のハクチョウさんたちを見るや否や、

大きな声で叫び出しました。


「出ていけ!ここは滞在組の縄張りだ!」

と絶叫していました。


一方のアドちゃんとルーちゃんは、

上流に留まっていました。


最近、一緒にいることが多く、

とてもナカヨシのようです。


DSCN9861_convert_20191101232008.jpg

(ティちゃん、斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃん!)

そして、あまりのしつこさに

嫌気がさしたのか、

2羽の飛来組のオオハクチョウさんは飛び立っていきました。


DSCN9891_convert_20191101231728.jpg

(飛び立つ2羽の渡りのオオハクチョウさん!)

望遠レンズで追いかけて撮影していると、

あの大橋に向かって真っすぐ飛んでいきました。


大抵のハクチョウさんたちは、

橋の手前で旋回するのですが、

この2羽は橋を越えようとしました。


「危ない!」

とduck4は心の中で叫びました。


すると、この2羽は、橋の上を通過しようとしましたが、

車も走っていたので、突然、そこで旋回しました。


難を逃れ。

ちょっと、冷っとした瞬間でもありました。


DSCN9895_convert_20191101231917.jpg

(橋に向かって飛んでいく2羽のオオハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/03 05:51] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ミルクちゃんの水浴びとオナガガモさん!
お腹がいっぱいになったミルクちゃん。

早々に、他の仲間たちとは別れ、

水浴びを始めました。


ハクチョウさんたちに日課として、

お腹がいっぱいになると、

汚れた羽をきれいにするための水浴び

そのあとに羽繕いをしました。

終わると、お昼寝を始めます。


11月にもなり、

新しい羽毛に生え変わってきたようで、

ミルクちゃんももうかなり真っ白になり、

冬の準備は、整ってきたようにも感じます。


DSCN9922_convert_20191101231628.jpg

(ミルクちゃんの水浴び!)

そして、duck4の定点ポイントの七北田川にも、

冬の渡り鳥のカモさんの中でも一番体が大きな

オナガガモさんの群れが飛来してきました。


ハクチョウさんたちよりも、

多少遅れてこちらでは姿を見せました。🦆

これから、朝晩も冷え込むようになってくるので、

どんどん渡ってきて賑やかになることと思います。


DSCN9908_convert_20191101232041.jpg

(手前で泳いでいるのがオスのオナガガモさん!)

追伸!

英語の大学入試試験で、民間試験を取り入れることが、

延期になりました。


大学の公平性を考えた場合に、

民間試験の導入には、

いろいろな問題をはらんでいて、

生徒さんたちにとって不公平な面もあるからです。


例えば、

家庭の子供たちが入試を受けるときには、

かなりの経済的な負担になります。


また、

受験会場から遠い地域に住んでいる受験生にとってもです。


それと、duck4は、思うですが、

民間試験を導入しても、

「使える英語」が身につくのか、とても疑問です!?


もっと、英語教育そのものに問題があり、

話すなどの実用英語に力を入れるべきではないかと、

duck4🦆は思っています。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/02 05:30] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
羽をパタパタして歩くアドちゃん!
今年の春の話ですが、

アドちゃんは羽をバタバタさせて

独りで浅瀬を走り回っていました。


でも、突然、

羽ばたくのを止めて歩き出しました。


そのアドちゃんの様子を動画に撮影して、

何回も見ましたが、

いつも心がジーンと熱くなります。


羽を骨折して飛べなくなっても、

また飛びたい。

という思いは持ち続けているからです。


DSCN9420_convert_20191029153031.jpg

(羽をバタバタさせるアドちゃん!)

ところで、

アドちゃんも満5歳の成鳥のオオハクチョウさん。

今年の春には、独りぼっちだったルーちゃんを連れてきました。


今ではお気に入りのようです。

一緒にいる時間が多くなってきました。


そのお相手のルーちゃんは低空で飛ぶことがあります。

しかし、アドちゃんは、全く飛べません


あまり、羽をバタバタ広げるせいか、

以前は、よく、出血しました。


そして、最近は、加減がわかるようになり、

4月以降、めっきりなくなりました。


DSCN9421_convert_20191029153100.jpg

(アドちゃん!)

ずっと、子供のように接していたのですが、

いつの間にか大人になったようです。


そんな成長とは反対に、

duck4は、ちょっと、頼もしくも、

また寂しく感じる今日この頃です。


DSCN9422_convert_20191029153127.jpg

(アドちゃん!)

すると、川に戻っていたルーちゃんは、

低空ではありましたが、

アドちゃんの目の前を飛んで通過していきました。


そんな様子は、

陸上からどんな思いで見たいてのでしょうか。


やはり、また、飛びたいという欲求は、

ハクチョウさんとして生まれてきたからには、

持ち続けて生きているのかもしれません。🦢


DSCN9427_convert_20191029153155.jpg

(低空で飛ぶルーちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/01 05:36] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(6) |
体が細いルーちゃん!
首が長くてすらっとしたオオハクチョウさんのルーちゃん。

見た目は大きく見えるのですが、

意外と、細い感じがします。


DSCN9322_convert_20191029152605.jpg

(ルーちゃん!)

アドちゃんの方が小さいと思っていましたが、

近くにいると、ルーちゃんの方が細く見えます。


最近、よく飛ぶので、

そのため、体がしまってきたのでしょうか。


DSCN9306_convert_20191029152652.jpg

(意外と体が細いルーちゃん!)

この時は、土手に上がって草を食べていました。

しかし、のどが渇いたのか、

水たまりの水をごくごくと飲み始めました。


DSCN9313_convert_20191029152719.jpg

(水を飲むルーちゃん!)

DSCN9317_convert_20191029152752.jpg

(ルーちゃん!)

そして、ルーちゃんは、

ミルクちゃんの近くで、草を食べていましたが、

やはり、体は、ルーちゃんの方が細いようにも感じました。


夏越しをする滞在組のハクチョウさんたちは、

渡りで往復する飛来組と比較すると、

どうしても、体が小さくなります。


餌がないのか。

飛ばないので筋力が落ちるのか。

暑いので、体脂肪を蓄える必要がないのか。


いつも、duck4が、

疑問に思っていることのひとつであります。


DSCN9340_convert_20191029152828.jpg

(ミルクちゃんと奥にいるのがルーちゃん!)


追伸!

10月に冬の渡り鳥が飛来してくるようになりました。

duck4が定点ポイントで見たのは、

マガモさん、ヒドリガモさん、コガモさん、

オオバンさん、ホシハジロさんなどです。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/31 05:57] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ティちゃんのお食事!
ティちゃんも、食事を始め

土手に自生している草を食べています。


ティちゃんは、コハクチョウさんなので、

他の滞在組のオオハクチョウさんたちより、

体が小さいです。


しかし、コハクチョウさんの中では、

若干、ふっくらしていて体が大きいようにも感じます。


DSCN9384_convert_20191029152933.jpg

(ティちゃん!)

ティちゃんですが、

duck4に対しても若干、遠慮しているのか、

警戒心も強い仔です。


ただ、この時は、多少距離はあったので、

安心して近くを歩き回って食べていました。


DSCN9392_convert_20191029152900.jpg

(ティちゃん!)

これは、聞いた話ですが、

ハクチョウさんたちは、1日約2キロほど食べるそうです。🦢


やはり、見ていないところでも、

例えば、お腹が空いて、

夜でも探し回っているのでしょうか。


まだまだ、わからないことが多い

ハクチョウさんたちの食事です。


DSCN9367_convert_20191029153004.jpg

(歩いているティちゃん&ぢべた座りのアドちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/30 05:11] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
草を食べるミルクちゃん!
土手の草むらを歩き回るミルクちゃん。

ここは、2015年9月11日の豪雨で、

コンクリートの一部が壊れ、

修復工事が行われたところでした。


こちらを見て、

てくてく歩く姿は、とても可愛いです。


たぶん、ミルクちゃんはそんなことを意識して、

歩いているとは思いませんが。


DSCN9292_convert_20191028132029.jpg

(こちらを見つめるミルクちゃん!)

ミルクちゃんですが、

この土手を歩き回つているのには、

わけがありました。


それは、を食べるためです。


DSCN9263_convert_20191028131936.jpg

(草を食べるミルクちゃん!)

ハクチョウさんには歯がないため、

クチバシで引っ張って、

飲み込みます。


DSCN9278_convert_20191028132003.jpg

(草を飲み込むミルクちゃん!)

台風19号の影響で、

あらゆる茂みもぺちゃんこになってしまいました。


河川敷の砂を取って、

流れやすくする工事が行われているため、

あしらこちらで草や木がはぎ取られてしまい、

上流では地肌が丸見えになってしまっています。


ただ、ここは工事も終わっているので、

滞在組のハクチョウさんたちの餌場として、

また戻っているようです。


DSCN9283_convert_20191028132146.jpg

(ミルクちゃん!)

食後、ミルクちゃんは、

長い首に引っかかるのか

水を飲み込んで流し込んでいました。


DSCN9296_convert_20191028132100.jpg

(水を飲むミルクちゃん!)

追伸!

”The ugry duckling"

『醜いアヒルの子』の英語版の絵本を見つけ、

早速、図書館から借りました。


ところで、duck4の本箱にも、

高校生の時に買った洋書。


それから、

デンマークで買ったデンマーク語の絵本も持っているのですが、

こちらは読めないので、

時々、観賞用になっています。


この借りてきた絵本ですが、

醜いアヒルの子の絵がとても可愛くて、

気に入っています。


子供向けなので、

とても読みやすく、

滞在組のハクチョウさんたちのことを、

英語で日記につけているので、

役に立ちそうな表現も満載。


他の子供向けの優しい英語版の童話。

アンデルセンが書いたデンマーク語の原書を

英語にそのまま訳している本もあると、

読み比べができて面白なのですが。


読書の秋に、

ちょっと、探してみようと思っています。🦆



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2019/10/29 05:23] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(2) |
土手に上がって休み6羽の滞在組!
とある日の夕方。

斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃん、

アドちゃん、ティちゃん、ルーちゃんは、

滞在組の皆で土手に上がっていました。


昨シーズンも、秋になると、

自生している雑草を食べに来ていたのですが、

今シーズンは、この数日前まで上流付近で、

堤防の改修工事の影響で来ることはありませんでした。


しかし、飛来組が、

中洲付近を占領するようになり、

工事も終わったので、

ケンカを避けるために、

この辺りに退避するようになりました。


DSCN9236_convert_20191027103231.jpg

(土手にあがっている6羽の滞在組!)

その中で、チンさんは、

斑ちゃんのそばで、ぐっすりお休みしていました。


チンさんは、脚気の影響で、

片足を引きずって歩くのですが、

この急なコンクリートも何とか、

よちよち登れたようです。


DSCN9247_convert_20191027103417.jpg

(お休み中のチンさん!)

ティちゃんは、片足立ちしていました。

クチバシと片方の足を羽に隠しています。

まだ寒くはないのですが、

保温対策だったのでしょうか。


DSCN9245_convert_20191027103355.jpg

(片足立ちのティちゃん!)

アドちゃんは、ぢべた座りをしています。

このような姿勢をよくします。

いざというときには危なくないのか、

ひやひやものなんですが、

大丈夫なのでしょう。


DSCN9242_convert_20191027103259.jpg

(ぢべた座りのアドちゃん!)

羽を骨折している部位の羽繕いをしているようでした。

ところで、4月から、

出血がなくなったアドちゃん。


無謀な羽ばたきをしなくなったからでしょうか。

最近は、安心して見られるようになりました。


DSCN9244_convert_20191027103321.jpg

(座って羽繕いするアドちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/28 05:05] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
飛びたかったルーちゃん!
とある朝。

滞在組のハクチョウさんたちから離れ、

ルーちゃんは、飛来組のところに来ていました。


ところで、手前にいるのが、

あのルーちゃんですが、

長い首をたたみ込むと、

とても小さく見えます。


後ろにいる飛来組と比較すると、

一回り体が細くも感じました。


DSCN9068_convert_20191025130239.jpg

(体が細いルーちゃん!)

しばらくすると、

一斉に飛来組のハクチョウさんたちは、

飛び立ちました。


しかし、岸側を低空で飛んでいる

オオハクチョウさんがいます。


それは、あとでわかったのですが、

ルーちゃんでした。


飛べないはずのですが、

飛来組の皆について、

飛ぼうとしたのでした。


DSCN9074_convert_20191025130209.jpg

(飛来組について飛ぼうとしたルーちゃん!)

その後また、戻ってきたルーちゃん。

「一緒に飛びたかった!」

と心の中で叫んでいたのかもしれません。


やはり、飛べなくなって、

飛びたいというキモチは、いつでも持っているのが、

飛んでいた鳥さんの宿命であることに、

あらためて気づかされました。


DSCN9103_convert_20191025130306.jpg

(飛びたかったルーちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/27 05:55] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
滞在組&飛来組のバトル!
滞在組と飛来組のバトルがこの後、

起きました。


ちゃんと飛来組のオオハクチョウさんが、

首を噛みつくほどの大ケンカになったです。


体の大きさ。

体力の差で、

軍配は、渡りのオオハクチョウさんでした。


しかし、斑ちゃんも、ほぼ無傷のまま、

何とか踏ん張ることができました。


負け戦でも向かっていく斑ちゃんには、

いつも頭が下がる思いで、

他の仔たちも見ていたことでしょう。


DSCN8933_convert_20191024200011.jpg

(滞在組と飛来組!)

こちらは、コハクチョウさんのティちゃんと

飛来のオオハクチョウさんの闘い。


体力差で、

当然、ティちゃんが負けてしまいましたが、

頑張って一矢報いたようでした。


DSCN8950_convert_20191024200248.jpg

(渡りのオオハクチョウさんに一矢報いたティちゃん!)

負けても、滞在組のハクチョウさんたちは、

団結して、大きな声をあげていました。


「あっちへ行け!あっちへ行け!」

「ここは、滞在組の縄張りだぞ!」

と皆で叫んでいました。


DSCN8954_convert_20191024200319.jpg

(叫ぶ滞在組!)

その相手の飛来組のハクチョウさんも、

興奮を隠しきれません。


羽を広げたり、

首を水面に何度も潜らせて、

怒りをあわわしていました。


DSCN8958_convert_20191024200345.jpg

(怒りのポーズの渡りのオオハクチョウさん!)

一方、あのケンカにはめっぽう弱いアドちゃんと

ルーちゃんも頑張っていました。


3羽の強くて大きな渡りのオオハクチョウさんが、

アドちゃんとルーちゃんへ泳いできました。


それに対して、アドちゃんとルーちゃんも、

渡りのハクチョウさんたちへ向かって行きました。


「クゥオ!クゥオ!」

アドちゃんは、絶叫


「ク!ク!」

ルーちゃんも援護射撃


ただ、距離にして1~2メートルほど近づいたとき、

突然、アドちゃんは、ターン


大きな3羽のオオハクチョウさんに背を向けて

下流へと泳ぎだしました。


これで、勝負あり。

あえなく負けてしまいましたが、

これでも、アドちゃんにとっては、

かなりの勇気だったに違いありません。


DSCN9003_convert_20191024200412.jpg

(大声をあげるアドちゃん&ルーちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/26 05:09] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
飛来組のハクチョウさんたちに占領された中洲!
とある朝。

中洲は、飛来組のオオハクチョウさんたちに、

占領されていました。


泳いでいるのは、

コハクチョウさんです。


DSCN8768_convert_20191023131754.jpg

(中洲を占領する飛来組!)

すると、泳いでいた

コハクチョウさんが、首を上下に振り、

合図して飛び立ってきました。


もう、餌場に出かけると思いきや、

中洲付近を何回も旋回していました。


DSCN8790_convert_20191023132322.jpg

(旋回して飛ぶコハクチョウさん!)

どうやら、

飛び立たないオオハクチョウさんたちを、

待っているようでした。


数分すると、また、中洲付近に、

着水しました。


DSCN8797_convert_20191023133256.jpg

(飛んでいるコハクチョウさん!)

一方、2羽のオオハクチョウさんが、

どこからともなく飛んできて、

この中洲付近に着水。


皆のいるところに近づいてきました。

かつての滞在組の塒は、

15羽の飛来組に占領されてしまいました。


DSCN8780_convert_20191023131950.jpg

(降りてきたオオハクチョウさん!)

一方、滞在組のハクチョウさんはと言えば、

ここよりも、泳いで5分ほどの下流に、

アドちゃんとルーちゃんはいました。


2羽は、おとなしい性格なので、

飛来組のマークもそんなに強くなく、

また、弱いことも幸いして、

近づくことができるようです。


DSCN8831_convert_20191023132626.jpg

(アドちゃん&ルーちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/25 05:07] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
みんなのために一生懸命に縄張りを守ろうと奮闘する斑ちゃん!
今日のduck4ブログは、

クイズから始めます。


このちゃんは羽を広げていますが、

なぜ、広げていたのでしょうか?


DSCN8707_convert_20191023131552.jpg

(羽を広げている斑ちゃん!)

その答えは、「怒っている」からが正解です。


何に、ちゃんは怒っているのかと言うと、

それは、

飛来組に自分たちの縄張りに占領されてしまったことにです。


実を言うと、このような仕草をしたのを、

以前にも見たことがありました。


それは、たった独り中洲にいたときのこと。

ちゃんは、

10羽以上の飛来組のハクチョウさんたちに

取り囲まれてしまいました。


その時に、このように羽を広げて、

怒りのポーズを斑ちゃんは、

飛来組に対して示していました。


年を取っていますが、

リーダーとして自尊心の強さからか、

独りで立ち向かっていく姿に、

感銘を覚えてことがありました。


ところで、以前、白鳥おばさんが、

「斑ちゃんは、以前、仲間入りするのにいじめられ、

その滞在組のボスが亡くなってから、リーダーになれたんだよ」


と教えてくれました。


そのエピソードを知ると、

斑ちゃんも苦労をしたハクチョウさんだったようです。🦢


DSCN8708_convert_20191023131623.jpg

(怒りを示すために羽を広げる斑ちゃん!)

そして、この怒りのポーズの後。

斑ちゃんは、前かがみになりながら、

遠くは離れている

飛来組に対して大きな声で鳴き始めました。


それを知って、

チンさん、ティちゃん、あの自由奔放なミルクちゃんまで、

集まり加勢し始めました。


ちょっと粗暴なところがあるリーダーの斑ちゃんですが、

いざというときには、頼りになっているようです。


なので、

チンさんも慕っていることがわかりました。💛


DSCN8709_convert_20191023131701.jpg

(大きな声で鳴いて威嚇する斑ちゃん!)

DSCN8721_convert_20191023131727.jpg

(滞在組の縄張りに集まる飛来組のハクチョウさんたち!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/24 05:36] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
飛来組がいても平気なアドちゃんとルーちゃん!
とある朝。

アドちゃんとルーちゃんが、

いつもの場所で待っていました。


他の滞在組のハクチョウさんたちはいません。

おそらく、自分たちの縄張りに入られ、

嫌がっていて、来なかったのかもしれません。


DSCN8538_convert_20191021153953.jpg

(アドちゃんとルーちゃん!)

そして、対岸には、

飛来組のハクチョウさんたちがいました。


気に入っているのか、

この数日、早朝に行くといます。


DSCN8515_convert_20191021153728.jpg

(飛来組のハクチョウさんたち!)

その中には、

あの1羽の子どもを連れた

オオハクチョウさん一家もいます。


この時、家族で、昇ってきた

あさひを見ているようでした。


DSCN8503_convert_20191021153638.jpg

(飛来組のオオハクチョウさん一家!)

それから、オオハクチョウさんの群れに混じって、

七北田川にやってきた

コハクチョウさんもいます。


もう2年前の話になりますが、

滞在組の一員に、とても気性が荒い、

コハクチョウさんのおちびちゃんという仔に、

クチバシの模様が似ていました。


DSCN8511_convert_20191021153703.jpg

(飛来してきたおちびちゃんに似のコハクチョウさん!)

そして、周りに飛来組がいて、

若干、警戒しているようでしたが、

ずっと、ルーちゃんは、duck4のそばに立っていました。


DSCN8559_convert_20191021153802.jpg

(ルーちゃん!)

そして、ちょっと痒いところがあると、

水かきを使って掻いていました。


DSCN8550_convert_20191021153857.jpg

(痒いところを掻いているルーちゃん!)

久しぶりに、ルーちゃんの横顔を撮影しましたが、

下のクチバシの一部が欠けていました。


他のオオハクチョウさんのクチバシが

こうなっているのかわかりませんが、

ルーちゃんは、ケガでもしてしまったのでしょうか。


DSCN8554_convert_20191021153825.jpg

(ルーちゃん!)

ところで、滞在組の中で、

アドちゃんも、ここにいました。


自分から大声をあげて威嚇することもなく、

リーダーの斑ちゃんのように、

飛来組からのマークもないことから、

ひょこっと顔を出せるのかもしれません。


6羽いる滞在組のハクチョウさんたちですが、

それぞれ飛来組へ対する距離の取り方は、

違っているようにduck4は感じました。


DSCN8633_convert_20191021153924.jpg

(アドちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/23 05:31] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
肩身が狭くなる滞在組のハクチョウさんたち!
とある日の夕方。

ちゃん、チンさん、ティちゃんは、

砂が覆われている浅瀬にいました。


長靴を履いて近づいていきましたが、

台風後にできた砂の吹き溜まりに、

足がとられそうになりました。


そばまで行くと、

3羽に、

「いつもの時間とは違うんじゃない」

という顔つきで見られ、

心のつぶやきを聞きました。


そして、何気に、チンさんの足元を見ると、

薄緑色の糞が落ちていました。


ちゃんと、

自生している草も食べているようだったので、

安心しました。


DSCN8439_convert_20191021153427.jpg

(チンさんの足元には薄緑色の糞!)

そのそばには、ティちゃんもいました。

ちょうど、羽をバタバタさせたところです。


ただ、数日前のことだったのですが、

ティちゃんが飛ぼうとしたのですが、

助走をつけながらも、低空でも舞い上がられず

着水してしまいました。


あの様子を見てから、思ったのですが、

もしかしたら、

羽が傷んでいるのかもしれません。


DSCN8428_convert_20191021153558.jpg

(ティちゃん!)

また、リーダーのちゃんもいました。

ところで、斑ちゃんのクチバシですが、

若干、化膿している部分も少なくなってきているようです。


ただ、黄色い部分は、

カサカサ状態です。

反対側から見ると、

イボのように膨らんでもいました。


DSCN8433_convert_20191021153531.jpg

(斑ちゃんの横顔!)

そのあと、

いつもの定点ポイントへ行ってみると、

13羽の飛来組がいました。


もちろん、あのオオハクチョウさんの親子も、

餌場からちょうど戻ってきたところでした。


最後になりますが、

ちょうど行くころには、

最近、特に、滞在組の斑ちゃん、チンさん、ティちゃんが、

この付近に寄り付かなくなりました。


リーダーの斑ちゃんは、

争いを避けるために、

行かなくなったのかもしれません。


強い飛来組が七北田川に居座るようになると、

どうしても、滞在組のハクチョウさんたちは、

縄張りを追われてしまいます。


滞在組にとっては、

大変な季節になります。


DSCN8469_convert_20191021153500.jpg

(13羽の飛来組のハクチョウさんたち!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/22 05:18] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(8) |
羽を怪我しているカルガモさん!
あれからというもの、

オナガガモさんのマイクくんの音沙汰はありません。


けれども、

あの羽を怪我しているカルガモさんは、

台風を乗り越え、

姿を見せてくれました。


ヒトにも慣れていて、

地元の方を見ると、

寄って来ます。


きっと、親切なのは誰か、

わかっているようです。


何とかハンディを持っていても

生き抜いて欲しいと、

願います。


DSCN8314_convert_20191019101127.jpg

(羽を怪我しているカルガモさん!)

そして、このごろ、

飛来組が七北田川に戻ってきてからは、

滞在組のハクチョウさんたちは、

下流部へと移動してきました。

無謀なケンカを避けるためようです。


ところで、夕方、行ってみると、

この時季にしては珍しく、

みんなで21羽のハクチョウさんがいました。


夜どこで過ごしているのかは、

わかりません。


しかし、

早朝、行くと、必ず、あいさつしてくれる

滞在組のハクチョウさんたちです。


この時も、

duck4の姿を見るや否や、

ミルクちゃん、ちゃん、チンさんは近づいてきてくれました。


もちろん、集まってきてくれたときには、

うるうるした瞳で、

duck4のところを見つめていた3羽でした。


DSCN8300_convert_20191019101419.jpg

(ミルクちゃん、斑ちゃん、チンさん!)

追伸!

duck4は

朝食用のパンを手作りしています。


その材料はいたってシンプル。

強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、水のみ。


15分から20分ほど、こねてから、

2時間ほど自然発酵させます。


そして型を作ります。

食べる前に電気オーブンで、

15分から20分ほど焼いて出来上がりです。


この時は、

レーズンパンを焼きました。


DSCN8332_convert_20191019101200.jpg

(レーズンパン!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/21 05:37] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
定点ポイントにいたオオハクチョウさん一家!
雨が降りしきり、

また大雨警報が発令されました.。


いつもの定点ポイントには、

子どもを連れたオオハクチョウさんの一家が、

泳いでいました。


2日連続で会えたということは、

親鳥は、以前、七北田川にも来たことがあり、

気に入っているので、

今シーズンもやってきたのかなと思いました。


ただ、

他のコハクチョウさんやオオハクチョウさんたちは、

いなかったので、

もう餌場へとお出かけしたのか。


それとも、もしかしたら、

違うところに移動してしまったのかもしれません。


DSCN8285_convert_20191019101058.jpg

(飛来組のオオハクチョウさん一家!)

ところで、6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

下流に移動していました。


あの台風の影響で、

茂みも倒され、岸の一部も流されたことで、

自生している植物の根っこがむき出しになっていました。


それを、滞在組のハクチョウさんたちも、

引っ張って食べている仔もいたようでした。


DSCN8275_convert_20191019101351.jpg

(下流へ移動してきた6羽の滞在組!)


追伸!

地球温暖化は、

duck4の肌で感じた出来事がありました。


ひとつは、今回の台風19号の被害。

七北田川の地形が変わるほどの豪雨となりました。


それと、8月の熱波で、

白濁米が多かったことです。


あと、もうひとつあげると、

七北田川に飛来するハクチョウさんたちが、

例年よりも早かったことです。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/20 05:46] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
滞在組VS飛来組!/コロニヘーブ!
いつもは、ここにたむろしないのですが、

6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

集まっていました。


もしかしたら、上流に飛来組がいるので、

ここに避難してきただろうと、

思いました。


多勢に無勢。

自分たちよりも強い群れが来ると、

争いを避けるからです。


特に、リーダーのちゃんは、

かつて痛い目にあっています。


強い飛来組のハクチョウさんとケンカして、

彼の首の羽毛は、むしり取られ、

出血したことがあったかです。


それ以降、

無謀なケンカを挑まなくなりました。


DSCN8204_convert_20191018152617.jpg

(6羽の滞在組のハクチョウさんたち!)

そして、案の定。

そのduck4の勘は当たりました。


いつも、待っている定点ポイントには、

飛来組のハクチョウさんたちが占領していました。


最初、数えると8羽だと思い、

あとで写真を確認したところ9羽いました。


その中には、1羽の幼鳥のオオハクチョウさん。

そして、どうやら、

以前、滞在組にくっついて泳いでいた

あのコハクチョウさんもいたようです。


6羽の滞在組VS9羽の飛来組の図式

ちょっと数的には不利と思ったのか、

滞在組は、離れたのは、


今日のところ

賢い選択だったのかもしれません。


DSCN8230_convert_20191018152654.jpg

(9羽の飛来組!)

追伸!

コロニヘーブいう言葉を聞いたことがありますか

コロニとは、集合体。

ヘーブとは、庭という意味があります。


デンマークでは、このコロニへ―ブには、

小屋があり、庭では野菜やお花を作ったりできます。


まあ、日本で言えば、

小屋つきの家庭菜園と言ったところでしょう。


物価が高いデンマークなので、

コロニへ―ブで育てた野菜を

自分たちで食べたりしていた友人もいました。


duck4も夏には、

トマト。

1~2個しか実らないゴーヤー。

最近では、小松菜の栽培を、

細々と始めました。


理想は、コロニヘーブですが、

今は、滞在組のハクチョウさん一筋なので、

まだまだ、夢物語です。


ただ、将来的には、日本も、

消費税が10%以上、20%近くになると思うので、

どこかで節約しなければならなくなるはず。


そのときに、

コロニへ―ブのような家庭菜園で、

ジャガイモ、玉ねぎ、白菜などを育てた野菜を食べることが、

ブームになるのではと勝手に思っています。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/19 05:29] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
挨拶してくれるチンさん!
秋も深まってきました。

今朝は、手先が冷たく感じるようになりました。


ところで、先日来た、

飛来のコハクチョウさんは見ません。

おそらく、旅の途中で立ち寄っただけだったのかもしれません。


滞在組のハクチョウさんたちも、

頭の羽毛を除けば、結構、真っ白になっています。

冬の準備を始めているようです。


チンさんものですが

白くて新しい羽毛に変わってきたこともあり、

ふっくらしてきました。


朝行くと、

「ク!」と鳴いてあいさつしてくれます。

また、じっと見つめられることもあります。


そんなときは、

ちょっとウルウルなキモチになります。


DSCN7496_convert_20191011181546.jpg

(チンさん!)

追伸!

以前、ブログで紹介した、

小松菜ですが、かなり大きくなりました。


虫が寄り付かないように、

ネットをかけて栽培しいたので、

ほとんど喰われることがなく成長しました。


このままだと、プレゼントする前に、

duck4がすべて食べてしまいそうです。


DSCN7029_convert_20191008131849.jpg

(小松菜!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/18 05:53] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
タヌキさん現れる!
最近、用事が済むと、

さっさとduck4のところから去って行くミルクちゃん。

この日もそうでした。


対岸に移動してから、

いつもなら、羽繕いをしたりして過ごすのですが、

この日は、ちょっと違っていました。


ミルクちゃんは、

浅瀬の方をじっと見ていました。


DSCN7552_convert_20191011181235.jpg

(浅瀬を見るミルクちゃん!)

すると、そこには、タヌキさんがいました。

以前にも、この場所に現れたことがあるので、

もしかしたら同じタヌキさんかもしれません。


DSCN7553_convert_20191011181301.jpg

(タヌキさん!)

しばらく、ミルクちゃんとタヌキさんは、

同じ場所から動かずにいました。


水にいれば、

大丈夫であることがわかっていたので、

この時は、

仲間を呼ぶ警戒音を出すこともありませんでした。


そのあと、タヌキさんは、

草むらへと隠れて姿を消しました。


DSCN7555_convert_20191011181338.jpg

(タヌキさん!)


そのあとのミルクちゃんは、

何事もなかったように、平静にしていたようでした。


DSCN6891_convert_20191003181716.jpg

(ミルクちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/10/17 05:09] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR