FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
巣立ちを待つサギさんのヒナちゃんたち!
8月下旬。

ビール工場の敷地内にある雑木林には、

まだ、巣立ち前のさん大きくなったヒナのサギさんたちが、

止まっていました。


餌を運んでくるのを待っているようでもありました。


しかし、

餌を持って戻ってくる親鳥の姿はあまり見かけません。

もう、そろそろ、巣立ちを促しているからでしょうか。


DSCN3089_convert_20190822173711.jpg

(コロニーの巣で待っているサギさんのヒナちゃんたち!)

また、初夏から梅雨開けにかけて、

七北田川上空を数羽の群れをなして、

餌場と可愛い我が子が待っているコロニーを行き来している

サギさんのよく見かけましたが、

最近は、その数を減らしています。


羽をバタバタさせて、

飛ぶ練習をしているのでしょうか。


もう体は、

親鳥の変わらないほどに成長してヒナちゃんたちですが、

巣立ちを前にして、じゃれあっているようでした。


DSCN3093_convert_20190822173735.jpg

(羽をバタバタさせてじゃれあっているヒナちゃんたち!)

ただ、悲しいことに、

歩道には、巣立ったばかりの若鳥

動かず横たわっていました。


このままだと、あまりにも不憫なので、

敷地内に移動して、自生していた葛の葉っぱで、

布団代わりにかけてあげました。


生涯は、とても短かったサギさんの若鳥。

どうか、天国では幸せになって欲しいと願って、

手を合わせました。


そして、この時、巣にとどまっていた

ヒナちゃんたちは、今はもう巣立ってしまったのでしょうか。


DSCN3107_convert_20190822173814.jpg

(親鳥と変わらないほどの成長したサギのヒナちゃん!)

追伸!

雨の日の早朝。

6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

duck4のところを待っていてくれました。


みな、新しい風切羽に変わり、

今は、羽毛が抜けています。

10月上旬ごろまで、

ゆっくりと古い羽毛から新しくなると思われます。


羽繕いをしていると、

川面に古い羽毛が浮いていることがあります。


DSCN3726_convert_20190828212155.jpg

(6羽の滞在組のハクチョウさんたち!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2019/08/29 05:50] | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |
お盆に平和を思う!
8月15日はお盆。

そして、終戦から74年目。


前にもduck4ブログに投稿したことがある

「アドちゃん&ティちゃんのコント!」

の写真をお送りします。


DSCF1010_convert_20160814163746.jpg


DSCF1020_convert_20160811095841.jpg


DSCF1011_convert_20160814164438.jpg


DSCF1017_convert_20160814200242.jpg


DSCF1014_convert_20160815090213.jpg


DSCF1018_convert_20160814164024.jpg

ところで、アドちゃんもティちゃんも、

お盆が特別な日であることは、わかっていないはず。


しかし、平和の言葉の意味はわからなくても、

どのような状態であるかは、

肌でわかっているに違いありません。


まあ、

古株の滞在組のハクチョウさんたちに追い回されたり、

攻撃されて痛い目に合わないこと。


日々、安心、安全に、普段と変わりない生活ができることが、

一番と思っていることでしょう。


そんなアドちゃんやティちゃんが思っているような

日々が、世界中に訪れるのは、

いつのことか。


アドちゃんとティちゃんのコントに触れ、

duck4は思うのでありました。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/08/15 05:35] | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |
デンマークで出会ったコブハクチョウさんたち!
今日も、デンマークで撮影したコブハクチョウさんたちの話です。

この場所は、デンマークとドイツの国境付近な浜辺だった思います。

ユトランド半島です。


確か早春の3月ごろだったと思いますが、

幼鳥のコブハクチョウさんもだいぶ大きくなっていて、

成鳥のかわらないほどの体形に成長していました。


CIMG1140_convert_20110222211227.jpg

(コブハクチョウさんの幼鳥!)

同じ時季のオオハクチョウさんやコハクチョウさんの幼鳥に比べて、

羽がかなり白くなっているようにも感じました。

また体も一回り大きいと思います。


CIMG1144_convert_20110222211838.jpg

(コブハクチョウさんの幼鳥!)

ところで、ブロガーのういさんから、こんなコメントをいただきました。

「コブハクチョウさんのクチバシの模様で個体識別ができるのですか」


確かに、デンマークにいた時には、クチバシで個体識別ができるということは、

全く知らなかったので、そのことを意識して撮影したことがありませんでした。

しかし、日本にいるコブハクチョウさんの顔を撮影してみるとわかるのかもしれません。


CIMG1147_convert_20110222212304.jpg

(成鳥のコブハクチョウさん!)

この写真のコブハクチョウさんですが、

歩いているのに、なぜか羽を半開きにして、

われわれを威嚇しているようにも見えます。

滞在組のハクチョウさんたちが、duck4に接するときには、

このような仕草は、全く見せません。

ただ、あまり近づくと、

犬が唸るような唸り声で鳴かれることがあります。


CIMG1149_convert_20110222212639.jpg

(羽を半開きのコブハクチョウさん!)

この浜辺で見たコブハクチョウさんたちは、

観光客からもらえるパンがお目当てか、

自らヒトに近づいていく仔たちが多かったと思います。

この仔も、モデルになってあげるのだから、

何か、ちょうだい!といった表情にも見えました。


よく、観光地にいるコブハクチョウさんたちは、とてもヒト慣れしています。

鳥さんの中でも、ここまで近寄って来るのは、ハクチョウさんぐらいだと思います。

いくら、スズメさん、カラスさん、ツバメさんたちは、ヒトの生活圏近くで生きていますが、

信頼しきっているのはハクチョウさんぐらいでしょうか。

これは、ある意味、考えものなのかもしれませんが、

近づいてくれると嬉しくなります。


CIMG1154_convert_20110222213426.jpg

(モデルになってくれたコブハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/07/04 05:53] | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) |
デンマークの国鳥のコブハクチョウさんのお話!
データを整理していたところ、

大好きな写真が出てきたので、

またブログに投稿することにしました。


ところで、この1枚目の写真ですが、

9月上旬から中旬ごろのデンマークで撮影したもの。

偶然、歩いているとツガイのコブハクチョウさんだと思いますが、

一緒に飛んでいました。


CIMG0354_convert_20101206193019.jpg

(空飛ぶツガイのコブハクチョウさん!)

そして、まもなく、湿地の沼に降りてきました。

デンマークでは、このコブハクチョウさんが国鳥で、

コパンハーゲンのような大都市で池でも、よく見られる一般的な鳥なのです。


アンデルセンの童話を全部読んだわけではありませんが、

よくハクチョウさんが彼の作品の中では登場します。

有名なお話といえば、あの『みにくいあひるのこ』


あの幼鳥のハクチョウさんは、アヒルさんに育てられ、居場所がなくなり飛び出し、

最終的には、醜いアヒルの子と思い込んでいて、いつも誰からも総すかんを受け続いて、

最後の勇気を振り絞って成鳥のハクチョウさんに向かって飛んでいく姿は、

いつ読んでも、とても感動的なエンディングです。


アンデルセンの想いが詰まった究極な童話だと思います。


CIMG0353_convert_20101206192754.jpg

(舞い降りて来たコブハクチョウさん!)

この3枚目の写真は、5月初旬から中旬ごろだと思いますが、

ある島に行ってトレッキングをしていたところ、

湿地の真ん中で、高く小枝などを積み上げて、

の中で抱卵している親鳥のコブハクチョウさんがいました。

初めて見たのが、外国。

それも、この写真では、写っていませんでしたが、

巣の前には、もう1羽オスの思しきコブハクチョウさんが、

メスとこれから生まれてくる子どもたちを守っていたのでした。


この出会いで、ハクチョウさんがとても身近な存在になり、

また、会いたいという想いが募り日本に帰国したのですが、

なんとなんとです。


七北田川に通年いる滞在組のハクチョウさんたち出会えたことは、

あらたな人生で貴重な豊かな時間を与えてくれました。


duck4にとっては、

デンマークと七北田川はつながっていたとは、

思ってもみませんでした。


CIMG1607_convert_20121102082913.jpg

(抱卵中のコブハクチョウさん!)

4枚目の写真もお気に入りのひとつで、

アンデルセンの生誕の地オーデンセにあるとあるレストランの看板です。

醜いアヒルの子を連想させられました。


デンマークでは、実にアヒルさんやハクチョウさんたちが身近な存在であり、

なので、duck4にとっては、とても好きなところであります。


CIMG0171_convert_20120617071405.jpg

(醜いアヒルの子の看板!)

追伸!

別行動していたルーちゃんは、また滞在組のハクチョウさんたちのところに戻ってきました。

ちょっと独りでつかの間の休日が欲しかったのかもしれませんね。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/07/03 05:10] | その他 | トラックバック(0) | コメント(8) |
ミサゴさんの足には!/経年劣化のバックパック!
ミサゴさんの足には!

定点ポイントで、ハクチョウさんの越冬数をカウントした後、

大空を見上げたところ、ミサゴさんが旋回していました。


よく見ると、足には、何か獲物を引っ掛けていました。

最初、鳴き声もしていたので、小さな鳥さんかと思ったのですが、

それは、良い方に裏切ってくれました。


その主は、飛んでいるミサゴさんの声。

また、獲物は鳥ではなくお魚さんでした。


そして、その周りには、この獲物を奪い取ろうと、

数羽のトビさんも追尾して、あわよくば狙っていました。


DSCN5355_convert_20190106210219.jpg

(ミサゴさん!)

経年劣化のバックパック!

フィールドワークをに行くとき、

必ず背負っていくグレゴリーのバックパック。

もう8年前になりますが、ネット通販で購入しました。


しかし、経年劣化でナイロンが避けてしまい、

致命的なのが、底の一部が破けているとこがあります。


ただ、バックパックの背中のクッションは、

肩にかかるショルダーベルトも締め付けもなく、

体にフィットとして長時間背負って快適で、全く疲れを感じさせません。


すでに、製造中止になり、買い替えるこもできず、

そこで、duck4自身で、経年劣化で破けてしまったグレゴリーのバイブを

手前みその修理をしようと思いました。


続きは、また後日。


DSCN6427_convert_20190106210536.jpg

(8年間使ってきたグレゴリーのバックパック!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/01/07 05:09] | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
73年目の夏!
DSCF1010_convert_20160814163746.jpg

DSCF1020_convert_20160814204554.jpg

DSCF1017_convert_20160814200242.jpg

DSCF1014_convert_20160815090213.jpg


滞在組のオオハクチョウさんのアドちゃん、コハクチョウさんのティちゃんにとって、

「へいわ」とは、リーダーの斑ちゃん、チンさん、シンちゃん、ミルクちゃんに追い回されたり、

攻撃をされないことだと思います。


そして、ブログでも、「平和」について、

自由に語れる日がいつまでも続くことを願いますが。

また、それを許されない時代が昭和にあったことを忘れてはなりません。


平成最後の夏に、そんな風潮を、危惧することがありますが、

それは、単なる気のせいだったら良いのですが!?



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/08/15 05:39] | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
スズメさんのザビエルさん!プレゼントをおいしく食べるカルガモさん&チンさん!
スズメさんのザビエルさん!

以前にも紹介したことがありましたが、

また、あのスズメさんと思しき仔が現れました。

やはり、あの肖像画のフランシスコ・ザビエルさんのような

をしていました。


DSCN4433_convert_20170904065634.jpg

(フランシスコ・ザビエルさんのようなスズメさんの頭!)

duck4は換羽で頭の羽毛も抜けてしまったのかなと思っていました。

数日過ぎても同じなので、換羽でははく、

何か病気なのかと心配しています。


DSCN4429_convert_20170904065507.jpg

(羽がボサボサしているスズメさん!)

スズメさんをモチーフにしているブロガーさんに、

このザビエルさんの書き込みをしたところ、

「それは、病気では!?」

というコメントをもらいました。


DSCN4430_convert_20170904065536.jpg

(病気でなければ良いのですが!?)

今、換羽の季節のなので、

数本の風切羽が飛び出ているスズメさんをよく見かけます。

ただ、ここまでの仔になると、ほとんど見ません。


DSCN4431_convert_20170904065605.jpg

(換羽だったら良いのですが!?)

スズメさんのザビエルさんには、早く良くなって欲しいと願うしかありません。

ホルモンのバランスにでも問題があるのでしょうか?

寒くないのかな!?と心配してしまいます。


DSCN4434_convert_20170904065655.jpg

(スズメさんのザビエルさん!)

プレゼントをおいしく食べるカルガモさん&チンさん!

市民の方からのプレゼントには、

ハクチョウさんたち以外にも、カルガモさんも食べていました。

ハクチョウさんたちよりも身軽なので、

ひょいひょい登ってきます。


DSCN4746_convert_20170904070305.jpg

(プレゼントを食べるカルガモさん!)

それから、こちらは、片足を引きずって歩くようになったチンさん。

お年なのでしょうか?

このような急なところは、アドちゃんのように登れずにいます。


ただ、この時は、首を伸ばしても食べられる位置にプレゼントがあったので、

足に負担をかけずに食べられました。


DSCN4759_convert_20170904070215.jpg

(食べやすくて良かったね!チンさん!)

こんなに食べて、喉に詰まらせないのか心配して見ていましたが、

水を飲みながら飲み込んでいたので、大丈夫だったようです。


DSCN4732_convert_20170904070120.jpg

(チンさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/09/05 05:07] | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
どうか無事でありますこと祈るのみ!
熊本の地震、心配です。

どうか、無事でありますように。

と祈るしか言葉がありません。


ところで、

仙台で東日本大震災を経験したduck4にとって、

今回の地震も人ごとではないように感じます。


やはり、あの緊急地震速報がなるたびに、

あのときのことが思い出されます。


停電になり、情報と言えば、ラジオからのみ。

その間、津波、そして原発事故がありました。


ブログでの情報発信ができたのも10日が過ぎてからのことで、

多くのブロガーさんからコメントをいただき、励まされました。


そして、多くの方々の声もあり、

ここまでduck4ブログが続けられてきたのではないか。

とも思っています。


話を戻しますが、

あのとき、一番怖かったのは、ラジオからの一報を聞いた福島第一原子力発電所の事故。

どうしても、熊本で地震が頻発している中での原発は大丈夫なのか!?

と考えてしまいます。


DSCF4008_convert_20160416085637.jpg

(刈田峰神社のハクチョウさんの石碑!)

追伸:

5羽の滞在組のハクチョウさん、アドちゃん、シンちゃんのお話は

今日はお休みいたしました。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/04/16 05:47] | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ワトソンさん一家、スミスさん一家をあわせて11羽の七北田川の浅瀬付近!
七北田川の定点観測ポイントの浅瀬付近。

もう11羽のみになりました。

今シーズンの春の渡りは、

昨シーズンよりも早いようです。


そして、残るのは、

ずっと、ここで、越冬して子育てをしていたワトソンさん一家の3羽とスミスさん一家の4羽。

その他、成鳥の4羽でした。


この前で写っているのが、ワトソンさん一家。

ここでの親子水入らずも、まもなく終わり旅立って行くと思うと、

duck4も、少々寂しい気持ちになります。


DSCF2960_convert_20160224112831.jpg

(先頭の3羽のワトソンさん一家!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/02/24 06:01] | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) |
5年ぶりにハクガンさんが蕪栗沼に飛来! / 報道の自由はデモクラシーにとっての社会インフラ!?
5年ぶりにハクガンさんが蕪栗沼に飛来!

ハクガンさんが蕪栗沼に飛来。

という記事が河北新聞に掲載されていました。

5年ぶりのことで、

別な場所では幼鳥さんも確認されたそうです。


ところで、今年の4月。

duck4は、稚内市の大沼に行った時に、

ハクガンさん
を初めて見ました。

春の渡りで、北へと戻る途中に羽を休めていたのでしょう。

あの時は、とてもワクワクしました。


ハクチョウさん、マガンさんなどの初飛来の記事。

それから、七北田川の滞在組のこと。


などが新聞に掲載されるのも、

全国紙にはない、ローカル色豊かな地方紙と良いところです。


DSCF8494_convert_20151030083531.jpg

(河北新報記事より!

報道の自由はデモクラシーにとっての社会インフラ!?

ある本を読んでいたところ、

アメリカではインターネットの影響で、

新聞の発行部数が減っていて、ある地方によって廃刊に追い込まれているそうです。


すると、不正を告発する新聞がなくなったことで

かえって、不正の温床となってしまっている地域がアメリカでは増えています。

まさに、新聞は、民主主義の社会インフラだったのです。


ところで、「国境なき記者団報道」が発表する

日本の「報道の自由度」ランキングによりますと、

震災前の2011年2月には11位だったのが、年々急降下。

2014年には日本が59位になってしまいました。

※2015年発表では日本は61位


そのような、低順位に落ちてしまったのは、

2006年で、51位になって以来のことです。


ここには、2014年と2006年では何か因果関係があるのでしょうか?

民主主義ひとつ「報道の自由」の社会インフラも陳腐化(ちんぷか)しているのではないか?

と心配してしまいます。


例えば、ある公共放送では、「右と言えば、右にならえ!」という発言が物議を醸し出したり、

ある地方の新聞社2社を「つぶしてしまえ!」という政治家の発言が話題になりました。


しかし、テレビでは、どうでもいいようなことを延々と報道。

それもひな壇に4人も並べて放送する。

何か、子どもの学芸会を見ているような感じを受けてしまいます。

こんなにいらないのに、と思ってしまいます。


話は、変りますが、duck4は、下手な英語のお勉強のため、

イギリスの公共放送BBCを見ています。

聞き取ることが難しいですが、映像からだいたいのニュースの内容が伝わってくるので

とても国際情勢の流れをつかむのには役に立っています。


そのニュース映像からは、

年配の白髪のおじいちゃん記者が、戦地からリポートをしたり、

また、顔にしわという年輪を刻み込んだ女性記者が、

スカーフを巻いてイスラム圏の国々から中継を行ったりもしています。

日本の報道では見られない現場から光景が映し出され、何か信憑性と説得力を感じます。


それは、「不偏不党」立場で、自らの信念があり、

政府の不正に対しては、それがイギリス政府であろうが、

戦ってきてBBC放送ブランド力があるのでしょう。


まあ、でシーと言えば、

まだまだ生まれたばかりのひよこのようなヨチヨチ歩きの日本ですが、

その中でも、『報道特集』などは、海外の現場からレポートしてくれるので、

現場主義を貫いている報道番組だと思います。


社会インフラとしての報道の自由が劣化する昨今。

同じ価値観の同窓会のような集まりのSNSにはかなわない。

お金を払ってまで新聞を購入する価値がない。


そんな風潮を作っているのは、

いつまで権力者の顔色を伺って、

中途半端なぽち犬のようにふるまっているメディア側にあるのではないかと、

duck4は、この本を読んでいて思った次第であります。

(参考文献

池上彰、森達也著『池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題』(現代書館)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2015/10/30 06:43] | その他 | トラックバック(0) | コメント(8) |
ブログ4周年!
duck4ブログ4周年の記念の日。

はじめたのが2010年9月2日。


出版して、小著のPRのために、出版社の人に進められたのか、

ブログを始めるきっかけでした。


当初は、デンマークのことを中心に書いていました。


しかし、2011年3月11日の東日本大震災

その後、1年あまりは、地震、津波被害、フクシマの原発事故についてが、

duck4ブログの話題の中心になりました。


それから、シベリアに帰れない7羽のハクチョウさんがいることを知り、

七北田川を定点観測ポイントに決め手、

観察記録を投稿するようになりました。


途中で、2羽が天国へと旅立ち、

今年の6月中旬には、オオハクチョウさんのロクちゃんがやって来ましたが、

6羽になりましたが、8月中旬にはいなくなりました。


今は、また5羽の滞在組のハクチョウさんたち、

斑ちゃん、おちびちゃん、チンさん、シンちゃん、おおきなハクチョウさんが

涼しくなってきて、元気で一緒にいます。


あれから4年。

この4年間でいろいろなことがありました。


そして、最近は、残念ながら、

どことなく寛容さがなくなってきた窮屈な世の中になってきたようにも感じます。

何か、強い人たちの意見に流され、それが良し悪しにかかわらず、通ってしまう。

時には、今までの大切な価値感を否定してまで、

人々を傷つけてしまうことが、世相に蔓延しているようです。


しかし、このような時代であっても

皆さんからの温かいコメントがあったからこそ、

4年間も、duck4ブログを続けられました。


これも、多くのブロガーさんがあってのことです。

衷心より感謝申し上げます。

duck4より!

CIMG4289.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2014/09/02 06:54] | その他 | トラックバック(0) | コメント(12) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR