デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
水飲みするアオジさん!じっとしていてくれたカワウさん!風の強い夕方の中洲での出来事!
浅瀬で滞在組のハクチョウさんたちを観察していると、

そこにひょっこり、アオジさんが現れました。

どうやら、水を飲みに来たようです。


もう長く、この七北田川でバードウォチングをして来ましたが、

このような光景を見たのは初めてした。


DSCN8563_convert_20180416075059.jpg

(水を飲むアオジさん!)

こちらは、カワウさん。

七北田川でもちょくちょく見かけます。

ミラーレスのカメラを使っているのですが、

撮影していても、気づかれないのか、警戒心が薄いようで、

じっと同じポーズでいてくれました。


DSCN8330_convert_20180415140501.jpg

(撮影中もじっとしていてくれたカワウさん!)

話は変りますが、

とても風が強い日の夕方こと。

中洲には、6羽の滞在組のハクチョウさん、カルガモさん、カワウさんたちが休んでいました。


鳥さんたちも、風の強い日には、

動き回りたくないのかなとこと時思いました。


DSCN8486_convert_20180416074705.jpg

(中洲で休んでいる滞在組、カルガモさん、カワウさん!)

コハクチョウさんのティちゃんは、クチバシを羽に隠して、リラックスモード中。

カワウさんは立っていましたが、

カルガモさんもぢべて座りをしている仔もいました。


DSCN8490_convert_20180416074735.jpg

(ぢべた座りしているコハクチョウさんのティちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト
[2018/04/22 05:45] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(0) |
ムクドリさん!羽を広げるのはハクチョウさんたちの挨拶のひとつ!
確か、ムクドリさんと言えば、

あの音楽家のモーツアルトが飼っていたということを聞いたことがあります。

当時のオーストリアでは、ムクドリさんをペットして飼う習慣があったのでしょうか。


ところで、このムクドリさんは、満開のサクラの木の下にいたムクドリさんです。

虫を探していたのでしょうか。


DSCN1746_convert_20180406165104.jpg

(ムクドリさん!)

duck4の定点ポイントの七北田川でも、

ムクドリさんたちが集まって来る季節があります。

それは、毛虫さんなんかがアスファルトで舗装された遊歩道を歩いていると、

食べにやって来ます。

まるで、道を掃除にやって来ているようでもあります。


それは、5月から6月頃の初夏にかけてです。

なので、もう少し先のことです。

ちょうど、子育ての重なる時季だと思います。


きっと、ムクドリさんは、どこに行けば食べ物があるということは、

頭の中にインプットされているからこそ、

いつも同じ時季に同じ場所で見かけるのでしょう。


DSCN1744_convert_20180406164952.jpg

(ムクドリさん!)

滞在組のハクチョウさんたちが集まって来ると、

最近、必ず、羽をバタバタさせることがあります。


最初に広げているのはリーダーのちゃん。

羽を見る限り、ケガをしているようなところがないのですが、

飛んでいる姿を見たことがありません。


DSCN8600_convert_20180417133028.jpg

(羽を広げてバタバタさせている斑ちゃん!)

次に広げているのがチンさん。

片足を引きずって歩く脚気の症状はありますが、

後は至って元気です。


DSCN8601_convert_20180417133051.jpg

(羽を広げるチンさん!)

次に広げているのは、

アドちゃんとティちゃんです。

これって、ハクチョウさんたちなりのご挨拶のひとつなのかなと思っています。


DSCN8602_convert_20180417133110.jpg

(羽を広げるアドちゃんとティちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/21 05:34] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(0) |
カモと言えばカルガモさんとコガモさん!ミルクちゃんの「ク!コォ!」と言う白鳥語の意味!
カモと言えばカルガモさんとコガモさん!

河川敷の草も青々としてきました。

それを求めて、カルガモさんたちがあがって食べていました。

七北田川のカモさんと言えば、ほとんどがカルガモさんです。


DSCN8395_convert_20180415141114.jpg

(青々と茂った草を食べているカルガモさん!)

そして、カモさんの中で残っているのはと言うと、

コガモさんぐらいになってしまいました。

昨シーズンは、4月いっぱい見られたので、

もう少し姿を見せてくれるかと思います。


DSCN8208_convert_20180412132033.jpg

(コガモさん!)

上流の堰にある桜並木!

ところで、

上流の堰の桜並木の花びらもだいぶピンク色になってきました。


DSCN8576_convert_20180417132732.jpg

(サクラ並木!)

近くで見ると、葉っぱも見られるようになってきました。

風が吹いたり、雨が降ると、葉桜になることと思います。


DSCN8578_convert_20180417132805.jpg

(まもなく葉桜!)

下から幹を見上げていると、

ときどきヒヨドリさんの声が聞こえてきます。

おそらく、葉桜になる頃には、多くの仔たちは旅立っていることでしょう。

ちょっと、想うと寂しくもなります。


DSCN8579_convert_20180417132827.jpg

(下から幹を見上げると!)

ミルクちゃんの「ク!コォ!」と言う白鳥語の意味!

話は変りますが、ミルクちゃんも話しかけることにがあります。

それは、

「ク!コォ!」と鳴いてから、

duck4の目の前から去って行きました。


これって

「さよなら!またね!」

とでもミルクちゃんの白鳥語を日本語に訳すとそう言っているのかもしれません。


DSCN8501_convert_20180417132624.jpg

(ミルクちゃんの「ク!コォ!」と言う白鳥語の意味!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/20 05:03] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(0) |
飾り羽がキレイなサギさん!砂押川に居残った幼鳥のオオハクチョウさん!
飾り羽がキレイなサギさん!

繁殖の飾り羽が生えているサギさん。

この時期になると、コロニーで巣を作り繁殖を始めていると思います。

時々、河川敷に、サギさんが餌を探している光景をよく見かけるようになりました。


DSCN8381_convert_20180415141000.jpg

(飾り羽がキレイなサギさん!)

ところで、ここは、あの七北田川ではなく、

多賀城駅周辺の砂押川

堤防が整備されていますが、葦原が広がっているので、

カニさんなんかを餌にしているのでしょうか。


DSCN8379_convert_20180415140915.jpg

(葦原付近で餌を探すサギさん!)

探すために、すたすた歩く姿は、

とても軽やかに見えました。


DSCN8377_convert_20180415140846.jpg

(軽やかに歩くサギさん!)

砂押川に居残った幼鳥のオオハクチョウさん!

そして、ここには、あの幼鳥のオオハクチョウさんも居残ったまま。

まわりには、オオバンさんもいますが、独りぼっちなので、目立ちます。

会うたびに、どうか、この環境に適応して生きて欲しいと願わずにはいられません。


DSCN8385_convert_20180415141032.jpg

(砂押川の居残った幼鳥のオオハクチョウさん!)

(関連ブログ

『砂押川にいるたった独りの幼鳥のオオハクチョウさん!』(2018年4月15日付けduck4ブログ)

『砂押川にいる独りぼっちの幼鳥のオオハクチョウさんのその後!』(2018年4月10日付けduck4ブログより)

『砂押川にいる独りぼっちのオオハクチョウさんの幼鳥!』(2018年4月2日付けduck4ブログより)

『砂押川でたった独り居残っている幼鳥のオオハクチョウさん!』(2018年3月26日付けduck4ブログより)

『まもなく子育ての時季のスズメさん!8羽いた砂押川のハクチョウさん!』(2018年3月17日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/19 05:15] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(1) |
ヒトのそばで生きるているスズメさん!
鳥好きなduck4。

特に、アヒルさん、ハクチョウさんが大好きです。

なので、ハクチョウさんにここまでのめり込んだのでしょう。

ちなみに、次に好きなのが、スズメさんになります。


duck4の家の周りにも、スズメさんはいます。

近くに、このような古き良き昭和時代に建てられたすき間がある瓦屋根の家があり、

毎年、そこに巣を作り、今シーズンも子育てをしているようです。


早朝通ると、その屋根の上で、夫婦と思しきスズメさんが何やら、

「チュン!チュン!チュン!チュン!」とまるで会話している声が聞こえてきます。


スズメさんって、小さくて強い鳥ではなさそうですが、

私たちのそばで暮らし、着かず離れず、利用しながら生きているたくましい鳥さんだと思います。


DSCN8477_convert_20180415141455.jpg

(古き良き昭和の屋根の上にいるスズメさん!)

そんなスズメさんは、新しいものを取り入れ、

イノベーションできたからこそ、生き延びてこられたのでしょうか。

今、duck4が読んでいる本にそんなことが書かれていました。


例えば、

巣を作る場所なんかは、ヒトが住んでいる軒先を利用しています。


また、住宅地、都市に進出したスズメさんなんかは、

自分たちで食べられるものを探し当て、

それは新物好きで、ちょっっと他の鳥さんよりも冒険心があったからこそ、

ヒトが食べるようなものまで食べるようになったのかもしれません。


森からヒトの生活圏で生きていくには、

この斬新な発想のイノベーションがあったからこそなんでしょう。

他には、カラスさん、ハトさんなんかを連想します。


それから、スズメさんって、群れを作って行動しています。

それは、小さい鳥さんなので、いつも捕食者から命が狙われます。

周りに仲間がいて、社会を作ることが大切であることを知っているからなんでしょう。


例えば、餌場で1羽でいると、

なぜか、鳴いて仲間に餌のありかを教えることがあります。


独り占めした方がいいと思いますが、必ず仲間を集め、みんなで食べます。

あれは、命を守るために必要不可欠なことなのです。

実に、賢い選択だと思います。


DSCN8475_convert_20180415141432.jpg

(サクラの花びらとスズメさん!)

そして、滞在組のハクチョウさんたちも、

群れを作り、ちょっとした冒険心と新しいものにチャレンジをして、

食べられるものは食べてスズメさんたちのように私たちを利用して生きているのかもしれません。


DSCN8589_convert_20180417132902.jpg

(一列で泳いでい来る社会を作って生きている滞在組の6羽のハクチョウさんたち!)

参考文献

『鳥!驚異の知能』ジェにファー・アッカーマン著 梶原多恵子訳(BLUE BACKS)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/18 05:19] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
電線で羽休めするツバメさん!登ってきたアドちゃん!
今シーズン、duck4が七北田川で初認したのが、4月1日。

それから、河川敷を飛び回るツバメさんを見るようになりました。

ただ、撮影しようと思って、ツバメさんは、どこに飛んで行くわからず、

飛んでいる時は、無理でした。


数日前ですが、浅瀬で泥を集めていたようで、

おそらく、雛を育てるための巣の準備でしょうか。

撮ろうとすると、察知して逃げていってしまいました。


それから、数日後。

やっとチャンスが訪れました。

それは、電線ツバメさんが止まっていました。

それも、しばし撮影していても逃げようとはしません。


ツバメさんも一日飛びまわっていると疲れるのでしょうか。

羽を伸ばしていました。


DSCN8308_convert_20180415140321.jpg

(電線で羽を伸ばすツバメさん!)

実を言うと、この場所では、以前にもツバメさんが止まっていました。

また、この近くでは、昨シーズンのことですが、巣立ったばかりの若鳥が

電線に止まって親鳥が来るのを待っていたこともありました。


4月中旬なので、巣を作って疲れて羽休めでもしていたのかもしれません。

高い電線の上だと、安心しきっているようです。


DSCN8324_convert_20180415140419.jpg

(電線で安心しきって羽休めをするツバメさん!)

ところで、こちらはアドちゃん。

この日は、何かしてもらいたいのか、

わざわざコンクリートの土手をえっちらよっちらと登ってきました。


DSCN8424_convert_20180415141200.jpg

(登ってきたアドちゃん!)

このように、そばまで登ってくるのはアドちゃんぐらいのもの。

信頼されれているのでしょうか。

目の前で、羽をバタバタ広げて、

「こっちを見てよね!」

と言っているようでした。


DSCN8426_convert_20180415141230.jpg

(羽をバタバタ広げるアドちゃん!)

それでも、また物足りなかったのか、

もうひとつの段差を乗り越え、上がって来ました。

すごい脚力です。


DSCN8435_convert_20180415141309.jpg

(すごい脚力のアドちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/17 05:08] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
しじみの貝殻を突っつくアドちゃん!
いつものところで待っていると、

最初に、アドちゃん、ミルクちゃんが近づいて来ました。


DSCN8337_convert_20180415140620.jpg

(近づくアドちゃん、ミルクちゃん!)

朝は潮が引くので、

このあたりは、浅瀬になります。

なので、泳ぐのをやめて歩き出しました。


ハクチョウさんの歩く姿を見ると、かなり大きなアヒルさん!?

のように感じることもあります。


DSCN8339_convert_20180415140700.jpg

(浅瀬を歩くアドちゃん、ミルクちゃん!)

その後、遅れて、

チンさん、シンちゃん、ちゃん、コハクチョウさんのティちゃんも

合流しました。


DSCN8346_convert_20180415140729.jpg

(チンさん、シンさん、斑ちゃん、ティちゃん!)

そして、なぜか浅瀬に落ちていたのが、シジミの貝殻

それを突っつくアドちゃんです。


ハクチョウさんは、シジミを食べると言うことを文献で読んだことがありましたが、

好物なのでしょうか?


DSCN8363_convert_20180415140803.jpg

(しじみの貝殻を突っつくアドちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/16 05:01] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
砂押川にいるたった独りの幼鳥のオオハクチョウさん!
あの砂押川にいる幼鳥のオオハクチョウさんを見に行ってきました。

マンションの近くの満開のサクラのそばを、

たった独りで泳いでいました。


DSCN8277_convert_20180413133552.jpg

(サクラの並木のそばでたった独りで泳いでいる幼鳥のオオハクチョウさん!)

「コォ!コォ!」と白鳥語で呼んでいると、

興味をもって向こうから近づいて来ました。

ヒトにも慣れてきている様子です。


もしかしたら、他の住民の方にも寄って来ているのではないかと思います。

そうだとすれば、ちょっと、安心します。


DSCN8291_convert_20180413133626.jpg

(呼ぶと近づいて来た幼鳥のオオハクチョウさん!)

ただ、やはりたった独りなのが、気がかり。

何とか、この環境になれて欲しいと願うしかありません。


そして、いつものように、この周りの住民の方のお世話があればと思って、

その場を去ったduck4であります。


DSCN8293_convert_20180413133710.jpg

(たった独りの幼鳥のオオハクチョウさん!)

(関連ブログ

『砂押川にいる独りぼっちの幼鳥のオオハクチョウさんのその後!』(2018年4月10日付けduck4ブログより)

『砂押川にいる独りぼっちのオオハクチョウさんの幼鳥!』(2018年4月2日付けduck4ブログより)

『砂押川でたった独り居残っている幼鳥のオオハクチョウさん!』(2018年3月26日付けduck4ブログより)

『まもなく子育ての時季のスズメさん!8羽いた砂押川のハクチョウさん!』(2018年3月17日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/15 05:57] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
鳴き方が違う6羽の滞在組!散り始めのサクラ!
ちゃっかりものミルクちゃん。

アドちゃんがそばにいると、duck4の間に割り込んできます。

けれど、声を出してあまり、鳴く仔ではありません。


DSCN8210_convert_20180412132004.jpg

(ミルクちゃん!)

ミルクちゃんのところを見ていると、

今度は、アドちゃんが「ク!ク!」と白鳥語で言います。

「アドちゃんを見てよね!」とちょっと甘えているようです。


DSCN8198_convert_20180412132137.jpg

(アドちゃん!)

こちらは、シンちゃんです。

近づきすぎると「ウ!ウ!」と犬がうなるような声で

語りかけます。


ところで、このような鳴き方は、他の飛来組。

特に、これ以上近づかれたくない初対面な仔はします。


DSCN8185_convert_20180412131927.jpg

(シンちゃん!)

こちらは、手前がチンさん。

奥の羽を広げているのが、斑ちゃんです。

よく、最近、観察していると、チンさんは、「ク!コォ!コォ!コォ!」と鳴きます。

何か、誰か呼んでいるようにも感じます。


もしかしたら、斑ちゃんを呼んでいたのでしょうか。

この2羽は、結構、ナカヨシのようです。


DSCN8183_convert_20180412131900.jpg

(チンさんと斑ちゃん!)

ティちゃんは、滞在組唯一のコハクチョウさん。

鳴き声が、他の滞在組のオオハクチョウさんとは、若干違う声を出します。

duck4の耳には、低音で「ポ!ポ!」と聞こえます。


DSCN8249_convert_20180413133817.jpg

(コハクチョウさんのティちゃん!)

ところで、こちらのサクラはと言えば、

もう散り始めました。


DSCN8220_convert_20180412132212.jpg

(神社のサクラの木!)

DSCN8224_convert_20180412132313.jpg

(duck4の標準木のサクラ!)

サクラの花の命はあっと言う間。

開花から2週間もしないうちにです。


毎年のように、サクラをブログのネタにするduck4.

それだけ、心を打つなにかが秘められているからなんでしょうね。


DSCN8226_convert_20180412132334.jpg

(地面には花びらも!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/14 05:59] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
シジュウカラさん見つけ!北欧のペットボトルのリサイクル事情!
ここは、県民の森です。

そこで、出会ったのが、シジュウカラさん。

まだ新緑前なので木に止まっていてもすぐわかりました。


しかし、こちらが撮影していることに気づかれ、

すぐどこかに隠れてしまいました。


DSCN2134_convert_20180411164307.jpg

(シジュウカラさん!)

森を歩いていると、巣箱を発見。

そこには、作った方からのメッセージがありました。

「住みやすいのでぜひ住んでください」


県民の森を歩いている時に、

たくさん見かけたので、

おそらく、シジュウカラさんが子育てのため使うのではないか!?

と思いました。


DSCN2135_convert_20180411164326.jpg

(巣箱!)

そして、県民の森で咲いている満開のサクラには、

ヒヨドリさんがいました。

冬もここで過ごしているのでしょうか?

それとも、サクラが咲くことを知って移動して来たのでしょうか?

必ず、見かけます。


DSCN2132_convert_20180411164233.jpg

(サクラの蜜を吸っているヒヨドリさん!)

duck4の家の周りにもヒヨちゃんはいますが、

山にも「ヒーヒー!」鳴きながら飛び待っているので、

数が増えているのでしょうか。


ちょっと、ずうずうしいところもありますが、

とても憎めない仔です。


DSCN2131_convert_20180411164204.jpg

(憎めないヒヨちゃん!)

北欧のペットボトルのリサイクル事情!

duck4の定点観測ポイントを歩いていると、

プラスチックゴミが落ちています。

それを見ると、何とかリサイクルできないかと思案するのです。


そして、皆さんのお住まいの街でも資源ごみの回収日あるでしょうが、

その日に捨てて欲しいのですが、そうされていないことに哀しくなります。


その他に、こちらの一部のスーパーマーケットでも、

ペットボトルを回収するリサイクルステーションがあります。

もっと、増えて欲しいと思うのですが、まだまだ思うように進んでいないのが現状です。


かつてduck4がいたデンマークでは、

このようなペットボトルを回収するリサイクルステーションが、

多くのスーパーマーケットにはありました。


※ところで、北欧の国ノルウェーでも、

デンマークと同じようなリサイクルステーションの様子がSNS上にありましたので、

ここをクリックするとその様子がわかるかと思いますので、

よろしければ、見てみてください。

(注 FBに登録されている方に限ります!!)


その北欧でのリサイクルのシステムですが、

1本あたり1クローネのその店で使えるクーポン券が発行されるので、

電子マネーにポイント加算される日本よりも、

かなり還元率が高いので、多くの買い物客が利用していました。


七北田川も然りですが、そんなペットボトルのゴミが落ちていると、

日本でもリサイクルできるのに、なぜ捨てるのか。

本当に、もったいない!と思います。


持続可能な地球環境のためにも、

ペットボトルの資源回収の推進はして欲しいと思うのはduck4だけでしょうか。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/13 05:06] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(5) |
ハクチョウさんには心があると思いますか?七北田川の上流の堰の満開のサクラ並木!
ハクチョウさんには、心があるのか?

滞在組と接していると、よく考えます。


例えば、アドちゃんは、「ク!ク!」と鳴きますが、

あの声にも、意味があると思います。


DSCN1996_convert_20180410163826.jpg

(アドちゃん!)

ミルクちゃんも然りです。

そばに寄ってきたり、じっと見つめたりするのには、

何か思いがあるから、そういう行動をすると思います。


DSCN1998_convert_20180410163850.jpg

(ミルクちゃん!)

ところで、この日、アドちゃんとミルクちゃんは、下流の定点ポイントへ来てくれましたが、

最近、他の仲間と別行動するのは珍しいことです。

何か、あったのでしょうか。


他の滞在組の4羽。

ティちゃん、シンちゃん、チンさん、ちゃんは、

橋付近にいました。


その後、アドちゃん、ミルクちゃんも合流しました。


DSCN2016_convert_20180410163959.jpg

(ティちゃん、シンちゃん、チンさん、斑ちゃん!)

七北田川の上流の堰の満開のサクラ並木!

ここは、いつもの定点ポイントよりも上流で、堰があるところです。

河口から8キロ上流地点になります。


毎年、サクラが散ると、よく滞在組のハクチョウさんたちは、

ここまで出かけますが、今シーズンはまだのようです。


正直言うと、ここまで出かけられると、あまりにも遠くなるので

出かけて欲しくないのですが、餌を求めてなので仕方ありません。


DSCN2043_convert_20180410164205.jpg

(堰付近の満開のサクラ!)

そして、近くに寄って見ると、もちろん、大きく見えます。


すると、ヒヨドリさんたちが、蜜を求めて、

サクラの木の中を飛び回り、食べていました。

この時季、満開のサクラに行けば必ず出会えるのがヒヨちゃんです。


DSCN2057_convert_20180410164303.jpg

(満開のサクラ!)

そして、ちょっと遊び心をもって、露出を一番明るくして撮影すると、

満開のサクラが、ふわっと膨らんで見えました。

華やかに感じるので、duck4的には好きな色合いです。


今度、ハクチョウさんは撮影するときに、

露出を明るくして撮影しようかなと思いました。


DSCN2056_convert_20180410164336.jpg

(露出を最大に明るくして撮影した満開のサクラ!)

最後に、おおきなサクラの幹に耳を澄ますと、

木の鼓動を聞えてくるようでした。


植物は、鳥さんのように動きませんが、

サクラの木からは、生命のエネルギーを一瞬感じ取りました。


そして、このアングルで撮影という媒体を通して接するとが、

好きなduck4であります。


DSCN2061_convert_20180410164050.jpg

(満開のサクラの幹!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/12 05:29] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(6) |
成鳥のオオハクチョウさんが滞在組がいる七北田川に立ち寄る!
あれ、今日は1羽多い7羽いました。

それは、間違いかと思い、もう一度数え直してもやはり7羽です。

どうやら、成鳥のオオハクチョウさんが七北田川に立ち寄ったようでした。


例年だと4月上旬のこの時季には、まだ飛来のハクチョウさんがいます。

昨シーズン(2017年4月8日)には、14羽うち幼鳥が5羽でした。

今シーズンは、2018年3月16日を最後に飛来組がいなかったので、

3週間ぶりにやって来たことになります。


DSCN1853_convert_20180408103536.jpg

(7羽いた早朝の定点ポイント!)

ところで、この成鳥のオオハクチョウさんですが、

今まで、南で越冬していたのでしょうか。

何か、わけがあって、仲間からも遅れたのでしょうか。


白鳥語が話せれば、聞いてみたかったのですが、

ただ、あれこれ推測するしかありませんでした。


DSCN1861_convert_20180408103618.jpg

(成鳥のオオハクチョウさん!)

しばらく、写真を撮りながら、このオオハクチョウさんの様子を観察していると、

頭の辺りが茶色っぽくなっているので、水辺で餌を求められたようにも思えます。


6羽もハクチョウさんがいたので、

遅れて渡りを続けて立ち寄っただけの仲間と一瞬、

この成鳥のオオハクチョウさんは、考えたのかもしれません。


DSCN1865_convert_20180408103647.jpg

(健康そうな立ち寄った成鳥のオオハクチョウさん!)

すると、この飛べるオオハクチョウさんに、

何かむかつくことがあったのか、チンさんが追い回し始めました。

後ろにまわり、尻尾をつかみました。

しかし、このオオハクチョウさんは、声を上げずに逃げ切ることができました。


DSCN1881_convert_20180408103723.jpg

(飛来のオオハクチョウさんを追い回すチンさん!)

攻撃をかわしたオオハクチョウさんは、

どの仔もするように、何もなかったかのように、羽をバタバタさせました。


そして、この時にあったきり、

この立ち寄りのオオハクチョウさんとは、会っていません。

おそらく、少し立ち寄って、北へと渡って行ったのようです。


DSCN1886_convert_20180408103759.jpg

(大きく羽を広げる立ち寄りのオオハクチョウさん!)

満開のサクラ!

DSCN2077_convert_20180410162855.jpg

(深山神社の満開のサクラ!)

DSCN2082_convert_20180410162932.jpg

(duck4の標準木のサクラ!)

DSCN2086_convert_20180410162956.jpg

(露出を一番明るくして撮影した満開のサクラの花びら!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/11 05:01] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(2) |
砂押川にいる独りぼっちの幼鳥のオオハクチョウさんのその後!
あの多賀城駅の近くを流れる砂押川。

堤防沿いのサクラは、すでに満開。


しかし、またあの幼鳥のオオハクチョウさんが、ぽつんと独りでいました。

どうやら、羽をケガしていて、家族と一緒に北へ帰ることができなかったようです。


DSCN1824_convert_20180408102928.jpg

(砂押川にいるあの幼鳥のオオハクチョウさん!)

ところで、仙台市内を流れる広瀬川にも、

飛べずに滞在しているハクチョウさんがいるようです。


そちらのハクチョウさんは、成鳥。

この幼鳥と違って、若干、鳥生経験が長い分、いろいろな知識を持っているのでしょうが、

独りぼっちということは、不安であるのは確かなことです。


七北田川で幼鳥時にケガをしたアドちゃんの場合は、

出血を伴うほどの重傷でしたが、周りに斑ちゃんたちがいたので、

どうやれば、この川で生きられるのかを、他の仲間から直接見て学べました。

しかし、この砂押川の幼鳥は、独りぼっちなので、

当然のことながら、誰からも見て学べません。


DSCN1828_convert_20180408103153.jpg

(サクラが満開の砂押川でたった独り残った幼鳥のオオハクチョウさん!)

話をこの砂押川の幼鳥に戻しますが、

土手を降りて見ていると、この子は、duck4のそばに近づいて来ました。

そして、一言二言、「ウー!ウー」と犬がうなるような声で話しかけてきました。


この白鳥語の声。

あの滞在組のシンちゃんがduck4に語りかける時と、

同じ声を発しました。


シンちゃん然り、砂押川のこの幼鳥もそうでしたが、

あまりにも近づきすぎたので、

「これ以上近寄るなよ!」と言っているような言葉にも、

感じました。


DSCN1807_convert_20180408103053.jpg

(イヌがうなるような「ウー!ウー!」という声を発する幼鳥のオオハクチョウさん!)

このうなり声と近寄るということから、

ひとつまず安心したことがあります。


この幼鳥のオオハクチョウさんは、

親切な多賀城市民の方が、何か食べ物をもって来ると、

近づきもらっているのかもしれません。


そんな顔見知りの親切なヒトがこの子を支援していることも考えられます。


ただ、最初に会ったときよりも、少し細くなっているようなので、

十分、食べ物を口に入れているのかは、わかりません。


何とか、

地元の方の支援により、この飛べない砂押川の幼鳥のオオハクチョウさんが、

生き延びられることを強く願っているduck4であります。


DSCN1810_convert_20180408103013.jpg

(見た感じヒトにも懐いているような幼鳥のオオハクチョウさん!)

(関連ブログ

『砂押川にいる独りぼっちのオオハクチョウさんの幼鳥!』(2018年4月2日付けduck4ブログより)

『砂押川でたった独り居残っている幼鳥のオオハクチョウさん!』(2018年3月26日付けduck4ブログより)

『まもなく子育ての時季のスズメさん!8羽いた砂押川のハクチョウさん!』(2018年3月17日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/10 05:10] | 2018年4月白鳥さん! | トラックバック(0) | コメント(4) |
サクラが満開の仙台!
ただいま、サクラが満開の仙台。

公園のサクラの木には、スズメさんもいました。

その地面には、なぜか数輪の花びらが落ちていました。


クチバシが短いので、どうしても食べるときには、ちぎってしまうスズメさん。

どうか、花見の宴の後に、

ヒトのように、自然界に分解されない有害なゴミを散らかすことがないので、

大目に見てやってください。


DSCN1751_convert_20180406165026.jpg

(サクラとスズメさん!)

こちらは、ヒヨドリさんです。

クチバシが長いので、花びらを落とすことなく食べられます。


DSCN1737_convert_20180406164919.jpg

(サクラとヒヨドリさん!)

ただ、この時季。

ヒヨドリさんのクチバシの先は、

黄色の花粉がついていることが多いです。


そんなヒヨちゃんを見かけます。

おそらく、この仔も、今頃黄色くなっていることでしょう。


DSCN1735_convert_20180406164829.jpg

(この仔のクチバシの先も花粉で黄色くなっているのかな!?)

そして、こちらは、duck4の標本木の満開のサクラ。

でも、とても寒く、まさに花冷えの週末でした。


DSCN1728_convert_20180406164748.jpg

(duck4の標本木のサクラ!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/09 05:17] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(2) |
2羽のオオセグロカモメさん!矢の刺さったユリカモメさん!
2羽のオオセグロカモメさん!

以前にもduck4ブログで紹介したことがありますが、

オオセグロカモメさんと思しき2羽が飛来して来ました。

この2羽をよく見ると、

とてもふっくらとしている仔細身の仔がいます。


DSCN1714_convert_20180406164635.jpg

(オオセグロカモメさんと思しき2羽!)

ツガイではないようでしたが、

ふっくらした仔の方が、積極的にクチバシを上げて鳴いていました。

どうやら、パートナー探しをしているように見えました。


滞在組のハクチョウさんとduck4の近くにいましたが、

しばらくすると、2羽は飛んでいってしまいました。


DSCN1716_convert_20180406164701.jpg

(空を向いて鳴くオオセグロカモメさん!)

矢の刺さったユリカモメさん!

ところで、宮城県で起きたこの矢の刺さったユリカモメさんの事件をご存知でしょうか。

本当に、哀しくて、許せないことです。

下手に追い回して、捕獲するとストレスをかかるので、

今のところこのユリカモメさんを見守っているそうです。

きっと、捕まえようとする逃げ回るので、良くないと判断したのかもしれません。


DSCN1800_convert_20180407093056.jpg

(矢の刺さったユリカモメさんの記事!)

夕方のNHKのニュースで放送されましたが、

事情聴取が行われたようです。


ユリカモメさんは冬鳥。

これから、渡りをするので、本当にひどい話で許せません。


DSCN1799_convert_20180407093119.jpg

(4月7日の河北新報記事より!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2018/04/08 05:17] | アヒル・白鳥・野鳥⑪ | トラックバック(0) | コメント(6) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR