FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
羽毛で暖かなチンさんの首周り!定点ポイントの七北田川に2800羽いると思われるオナガガモさんたち!
冬も本格的になり、

寒い日が続くようになりました。


チンさんの首周りの羽毛も、

もこもこしてきてとても暖かそうに見えます。


パンをあげるヒトもめっきり減り、

栄養バランスも改善されつつあるのか、

首周りのくぼみ改善されてきたようです。


ただ、後遺症の脚気の方は残っていて、

歩くときには、片足を引きずって歩いています。


午前中、調査のため定点ポイントに行ってみると、

チンさんは、中洲で休んでいました。


お腹がいっぱいになり、

まったり過ごしていたようです。


DSCN3125_convert_20191208172747.jpg

(チンさん!)

ところで、定点ポイントの七北田川では、

キンクロハジロさんが飛来してきました。

周りのカモさんたちに混じって、

独りでいました。


愛鳥家の地元のヒトからは、

結構、人気もあり、

あの目の周りの黄色がカッコいいとか、

あの頭の長いポニーテールのような飾り羽も、

いいねとかの意見が聞かれます。


DSCN3120_convert_20191208172810.jpg

(キンクロハジロさん!)

それと、

夏越ししていたオスのホシハジロさんがいたのですが、

他にも数羽見られるようになりました。


あの赤い目がとても独特で、

とある地元の方も好きだっと、

おしゃっていました。


DSCN3122_convert_20191208172903.jpg

(ホシハジロさん!)

duck4の定点ポイントでは、

今シーズンも、たくさんのオナガガモさんが、

飛来してきました。


一生懸命に、カウンターを使って、

シャカシャカシャカと数え

2800カウントできました。


おそらく、3000羽近く来ているのかもしれません。

こんな狭い川で、毎年、12月上旬

オナガガモさんのピークを迎えます。


DSCN3088_convert_20191208173421.jpg

(オナガガモさんの大群!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


スポンサーサイト



[2019/12/09 05:43] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
迷い込んだ2羽のツガイさん!報道特集で報道された『傷ついた白鳥』より!
一週間前のことだったと思います。

浅瀬には、2羽のヒシクイさんがいました。


以前は、1羽だけだったのですが、

それが、2羽となると、

とても両珍しいことだったのです。


DSCN2440_convert_20191201153327.jpg

(歩く2羽のヒシクイさん!)

カルガモさんに混じっていると、

色が同系色なので、あれと思うのですが、

やはり、よく見ると、体が大きいです。


足の色がオレンジ色で、

とても鮮やかでした。


DSCN2415_convert_20191201153251.jpg

(オレンジ色のヒシクイさんの足!)

定点ポイントの七北田川では、

今シーズンは、数回、見られたヒシクイさん。


宮城県でも県北の伊豆沼、蕪栗沼などの

大崎平野では、越冬地なので、

数万羽以上見られ、昼間は田んぼに降りて、

群れで餌を食べています。


しかし、それよりも南下して、

仙台平野にいるのですから、

今回は、迷い込んだ、2羽のオスとメスのツガイかな。

と勝手に想像していました。


DSCN2449_convert_20191201153350.jpg

(迷い込んだ2羽のヒシクイさんはツガイ!?)

追伸!🦢

『傷ついた白鳥』というテーマで

7日土曜日17時30分から報道特集で放送されました。


羽を怪我して夏越しを余儀なくさせられた

1羽のオオハクチョウさん。🦢


白鳥おじさんによって、

見守られ、お世話してきました。


羽を骨折した仔ですが、

換羽後に、若干、飛べるようにはなり、

田んぼの餌場へ降りていたところに、

数羽の飛来組に遭遇。


白鳥おじさんは、この夏越ししたオオハクチョウさんが

突っつかれるのではないか、とても心配でした。


しかし、この怪我をした仔を含め、

数羽で飛び立っていきました。


数時間後、仲間について行けず、

また独りぼっちになった夏越しのオオハクチョウさん。


今度は、

もう1羽この仔の前に、

また新たなオオハクチョウさんが現れました。


そして、

何度もこの夏越しのオオハクチョウさんに合わせて、

飛べる仔もタッチアンドゴーを繰り返したのですが、

もう飛ぶ力がなく怪我したハクチョウさんはついて行くことが

できませんでした。


怪我をしたハクチョウさんも野生なので、

自然の摂理に任せてヒトが手を出さない考えもあります。


しかし、困っている怪我したハクチョウさんを、

保護して見守っていく。🦢

ヒトと自然との共生も大切ではないかと、

あの白鳥おじさん心温まる姿を見ていて、

改めて思ったduck4です。


DSCN2096_convert_20191207230848.jpg

(アドちゃん&ルーちゃん!)

https://www.facebook.com/tbs.houtoku/posts/2802515536465211

報道特集の『傷ついた白鳥』のFCより!




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
[2019/12/08 05:36] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(7) |
砂押川のオオちゃん&コブちゃん!
とある日のこと。

砂押川に行ってみると、

あのオオハクチョウさんとコブハクチョウさんが、

一緒にいました。


行くたびに、会うので、

もしかしたら、ナカヨシなのかなと思います。


ケンカをしているところを、

見たことがないからです。


DSCN2001_convert_20191201152552.jpg

(コブハクチョウさんとオオハクチョウさん!)

duck4が、近くに寄ってみても、

警戒心もないので、

ヒトにも慣れているようでした。


そして、個体識別のために、

オオハクチョウさんのおおちゃんのクチバシを撮影してみました。


形は、V字型で、

アドちゃんに似ているクチバシの模様をしていました。


黒い部分の先には、

2つの黒い斑点模様があるので、

これからのオオちゃんの識別には役立ちそうです。


DSCN2010_convert_20191201152617.jpg

(砂押川のオオちゃんのクチバシ!)

帰り際に、また、立ち寄ってみると、

オオちゃんとコブちゃんは、

一緒にいました。


コブハクチョウさんのコブちゃんの方が体が大きいので、

オオちゃんを支配しているのかなと思っていますが、

この2羽に限っては、

まだそのような場面を見たことがありません。


種別は違えども、一緒に夏越したようなので、

お互い助け合って生きているのかもしれません。


DSCN2031_convert_20191201152640.jpg

(コブちゃんとオオちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2019/12/07 05:33] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(6) |
飛来組のハクチョウさんに噛みついたアドちゃん!
1羽のハクチョウさんが、

相手のしっぽに噛みついて、

離れません。


DSCN2605_convert_20191202130129.jpg

(噛みつく1羽のハクチョウさん!)

こりゃ、たまらんとばかりには、

「クオ!クオ!クオ!」

と悲鳴をあげながら逃げまどう、

飛来組のオオハクチョウさんがいました。


そして、この噛みついたのは、

あのコハクチョウさんのティちゃんにも、

突っつかれるようになった

弱い滞在組のオオハクチョウさんだったのです。


DSCN2607_convert_20191202130206.jpg

(噛みつくオオハクチョウさんに逃げまどう飛来組!)

そこに、なんと、邪魔に入るように、

あの滞在組のリーダーのちゃんも、

後ろから一緒になって噛みついたのです。


そのこともあり、

この噛みつかれた飛来組のオオハクチョウさんは、

やっとの思いで、攻撃から逃れることができました。


DSCN2609_convert_20191202130254.jpg

(斑ちゃんも噛みつく!)

そして、その噛みついた弱い仔とは、

あのアドちゃんだったのでした。


それには

duck4もとても驚きました。


こんなことは、

初めてだったからです。


DSCN2611_convert_20191202130339.jpg

(闘いの後に羽ばたくアドちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/12/06 05:17] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
とある日のスミスさん一家!
とある日。

朝、お昼ごろ、夕方と3度、

定点ポイントのハクチョウさんたちを

観察しました。


すると、スミスさん一家は、

3回見ました。


そして、

スミスお父さんを先頭に、

一家は、duck4のあとを追いかけて来ました。


子どもたちも、

「クワ!クワ!クワ!クワ!」

と低音の声でまるでアヒル🦆さんのように、

鳴きかわしていました。


また、一家で、そばに来た時にも、

子どもたちは、

「クワ!クワ!」

とduck4に話けけてきてくれました。


DSCN2527_convert_20191201153505.jpg

(スミスさん一家!)

ところで、スミスお母さんは、

クチバシの模様がV字で、

ちょっと丸みをおびた形状をしています。


今まで気づきませんでしたが、

また、小さな黒い小さな斑点がありますが、

ちょっと見つけるのは大変そうです。


性格は、お父さんに比べて、

控え目で、いつも付いて行くといった感じです。


だけれども、このお母さん。

今まで10羽の子どもたちを育ててきているので、

強いのかもしれません。


DSCN2492_convert_20191201153419.jpg

(スミスお母さん!)

そんな旦那さんを

スミス婦人はどう見ているのでしょうか。


体も大きくて、ぐいぐい家族を引っ張ってくれる

スミスお父さんのことを信じているからこそ、

いつまでも、愛し合っているのかもしれません。💛


DSCN2503_convert_20191201153537.jpg

(スミスお父さん!)

スミスお母さんに、

「どうしてスミスお父さんと一緒になったの!?」

と聞いたらどう答えるのでしょうか。


子どもたちやスミスお父さんに比べて無口

スミスさんお母さん。


白鳥語で通じないので、

残念ながら、まだ、答えてもらっていません。


DSCN2494_convert_20191201153440.jpg

(スミスお母さん!)

そして、スミスさんお父さんときたら、

みんなの前に立って、duck4のところを見ていました。


今シーズンは、3羽子どもたちを連れてきましたが、

2羽はお母さん似でどちらかというとおとなしいようですが、

もう1羽は、お父さんを真似して活発な仔のようなので、

オスなのかなと思って見ています。


DSCN2596_convert_20191202130431.jpg

(スミスさん一家!前で立っているのがお父さん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/12/05 05:15] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
一緒に雄たけびをあげる斑ちゃん&ティちゃん!
滞在組のハクチョウさんたちは、

飛来組から自分たちの縄張りを守るため、

大きな声をあげて追い払っています。


この写真には、

羽を広げているリーダーのちゃん。

前かがみでクチバシを開けて鳴いているコハクチョウさんのティちゃん。

首をあげて鳴いているチンさん。

斑ちゃんの真後ろにいるのがミルクちゃん。

が、写っています。


DSCN2368_convert_20191201153118.jpg

(大きな声をあげる斑ちゃん、ティちゃん、チンさん、ミルクちゃん!)

そして、この4羽の中で、

羽を広げて怒りをあらわに表したのが、

リーダーのちゃんでした。


滞在組の中でも、

縄張り意識が強いのが、

見ていて、感じます。


DSCN2356_convert_20191201153050.jpg

(羽を広げて怒りを表す斑ちゃん!)

そして、斑ちゃんに応じるように、

コハクチョウさんのティちゃんも、

向き合い、2羽で雄たけびを上げました。


体が小さなティちゃんと体の大きな斑ちゃん。

個体差を感じない、

息があったリアクションをしていました。


DSCN2382_convert_20191201153138.jpg

(ティちゃんと斑ちゃん!)

斑ちゃんはチンさんと付き合っているはずですが、

斑ちゃんとティちゃんは相性がいいのか、

よくこのようなことをします。


余談になりますが、

ティちゃんと斑ちゃんがクチバシから

が見えるのがとても可愛く見えました。


DSCN2383_convert_20191201153201.jpg

(ティちゃん&斑ちゃん!)

ところで、早朝、

もうひとつの定点ポイントに行くと、

冬鳥の使者のカモさんたちが泳いでいました。


このほとんどがオナガガモさんたちです。

例年だと、12月初旬の今がピーク。

これを過ぎると、

不思議とどこかに渡って行ってしまうのです。


この多さを見るたびに、

オナガガモさんは、たくさんいるのかと、

いつも思っております。


DSCN2403_convert_20191201153224.jpg

(定点ポイントに集まるカモさんたち!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/12/04 05:21] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
クチバシの黒いコハクチョウさん&オナガさんの未来!
コハクチョウさんとアメリカコハクチョウさんの

見分け方法は、わかりますか。


正直、duck4は、お手上げ状態。

ただ、一般的に言われるのが、

「クチバシの黒い部分がほとんど占めているのが、

アメリカコハクチョウさんだよ」


と聞いたことがあります。


定点ポイントの七北田川にも、

そんなクチバシが黒いコハクチョウさんの、

飛来がたまに見られます。


この仔たちは、

2羽で来ていたので、

もしかしたら、

ツガイのクチバシの黒いコハクチョウさんたち

だったのかもしれません。


DSCN2190_convert_20191201152851.jpg

(ツガイのクチバシが黒いコハクチョウさん!)

ところで、

それぞれのクチバシの黒い

コハクチョウさんを撮影してみると、

この仔の形状は、

若干、V字の切込みがあるクチバシでした。


DSCN2217_convert_20191201152916.jpg

(若干、切込みがあるクチバシの仔!)

もう1羽の方は、

若干、おかっぱ頭の形状のクチバシ模様の仔でした。


そして、最初の仔よりも、

クチバシの黒い部分が大きいように見えます。


果たして、この仔たちは、

クチバシもだいぶ黒いので、

アメリカコハクチョウさんなのか。


それとも、

ただのコハクチョウさんなのか。


最近このようなクチバシの黒い仔に、

出会う機会が増えてきているようにも感じています。


DSCN2218_convert_20191201152938.jpg

(おかっぱ形状のクチバシの黒いコハクチョウさん!)

木々から、

何か鳴き声が聴こえてきました。


その声の主は、オナガさんでした。

どうやら、群れで行動しているようで、

仲間で移動したようでした。


ただ、この木がある場所は、

河川敷の土砂を取り除く工事が行われるため、

伐採されるという話を聞いています。


となると、

貴重な存在のオナガさんたちの棲息場所がなくなるということ。


そうなることが、

とても残念なduck4であります。


DSCN2352_convert_20191201153027.jpg

(オナガさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/12/03 05:55] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(8) |
近寄ってきてくれるスミスさん一家とそれを見ているアドちゃん!
スミスさんとは、

もうかれこれ6年のお付き合い。


行くと、覚えていてくれているのか、

スミスさん一家の方から近づいてきてくれます。


そして、

スミスお父さんは、duck4のところじっと見つめました。

それも、立ち上がってです。


時々、低音で、

「クオ!クオ!」

と話かけてきます。


「ちょうだい!くれよ!」

とでも心の中で叫んでいたのかもしれません。


DSCN2144_convert_20191201152735.jpg

(スミスお父さん!)

そして、スミスお父さんのそばには、

お母さんと3羽の子どもたちも後ろにくっついて、

こちらを見つめていました。


昨シーズンまで、

夫婦のみでの飛来だったので、

強いオオハクチョウさんたちに攻撃を受けたこともありました。


しかし、今シーズンは、

子どもを3羽も連れて来たので、

他の飛来組のオオハクチョウさんたちも、

手を出すものは少ないようです。


これも、

大家族の利点なのかもしれません。


DSCN2145_convert_20191201152801.jpg

(スミスさん一家!)

スミスさんを見ていたら、

いつのかにか、duck4の後ろには、

アドちゃんが立っていました。


ところで、最近のアドちゃんは、

よくすりすり寄ってくるようになりました。


ティちゃんに負けるようになったこと。

飛来組が幅を利かせるようになったことので、

居場所が狭められたことにもあったのかもしれません。


このつぶらでクチバシが長いアドちゃんに見られると、

いつもウルウルしてしまいます。


やはり、

子供の時が見守ってきたのも、

大きいからだと思っています。


DSCN2148_convert_20191201152827.jpg

(いつの間にそばにいたアドちゃん!)

ところで、日没後、

完全に暗くなってから七北田川に行ってみると、

30羽ほどのハクチョウさんたちが、

duck4の目の前に集まってきました。


暗くて見ずらいと思いますが、

前で写っているのがスミスさん一家と3羽の子どもたち


寄って来てくれると、

やはり、情と言うものが沸いてきて、

スミスさん一家にも、特別な想いになるから、

とても不思議です。


DSCN2318_convert_20191201153006.jpg

(目の前に来たスミスさん一家!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2019/12/02 05:22] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
橋の下を飛ぶハクチョウさん!
飛来組が来ると、

滞在組のハクチョウさんたちが、

よくここで待っようになる橋の下の定点ポイント。


ここを下流から飛んできたオオハクチョウさんが、

通過していきました。


ところで、この橋の上は、

高圧電線があり、

飛ぶ鳥さんたちにとっての鬼門の場所。


おそらく、

この電線に羽をひっかけたハクチョウさんも、

いたかと思われます。


DSCN1498_convert_20191125163419.jpg

(橋の下を通過するオオハクチョウさん!)

工事のため両岸にロープを張る前には、

多くのハクチョウさんたちが越冬していました。


しかし、それ以降、飛来組の数は減り、

60羽ほどになってしまいました。


その中に、1羽のヒシクイさんもいましたが、

やはり、工事のためにロープが張られてからは、

見なくなりました。


一緒に飛んで行ったのでしょうか。


DSCN1317_convert_20191125162724.jpg

(ヒシクイさん!)

七北田川でヒシクイさんが飛来することは、

ありませんでした。


しかし、

一度だけマガンさんが来たことがありましたが、

数日逗留していなくなりました。


DSCN1326_convert_20191125162657.jpg

(ヒシクイさん!)

ヒシクイさんを含めたガンさんたちの飛来と言えば、

宮城県の北に位置する伊豆沼、蕪栗沼などで、

たくさん越冬します。


どうして、

七北田川に、このヒシクイさんが来たのか。


わかりませんが、

無事に仲間のもとに戻れれば願う限りです。


DSCN1337_convert_20191125162636.jpg

(ヒシクイさん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/12/01 05:01] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
へいわを望むアドちゃん&ルーちゃん!
この秋ごろから、

突っついたり、攻撃するようになった

同じ滞在組のコハクチョウさんのティちゃんには、

アドちゃんは手を焼いています。


アドちゃんは、

決して強い仔ではなく、弱いオオハクチョウさんですが、

どこか優しい一面も持っています。


早朝行くと、以前、独りぼっちだったルーちゃんを連れて、

一緒に現れてくれます。


ルーちゃんは攻撃的な仔でなく、

優しいオオハクチョウさんなので、

アドちゃんとも気が合うのかもしれません。💛


DSCN1491_convert_20191125163443.jpg

(前を泳ぐルーちゃんと後ろを泳いでいるアドちゃん!)

そして、浅瀬では、

アドちゃんが全面に出て、

duck4のところに近づいてきました。


5年と長い付き合いなので、

アドちゃんはルーちゃんよりも慣れているようです。


後ろにいるルーちゃんは、

まだ、びびっているので、

アドちゃんの後ろに立っていました。


滞在組の中では、

あまりケンカも好まず、それが他の仲間たちからは、

脇が甘く弱いと思われているようです。


しかし、

アドちゃんとルーちゃんにとっては、

弱いと思われても、

できることならばへいわに生きたいと、

思っているのかもしれません。


DSCN1496_convert_20191125163355.jpg

(前に立っているアドちゃんと後ろにいるルーちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/30 05:38] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(6) |
滞在組一番の健脚なミルクちゃんの水かき!
歩くのが速いミルクちゃん。

泳ぐのには適しているのですが

歩くのにはあまり適していない水かきを

ペタペタと音を立てながら鳴らしながら近づいてきました。


ミルクちゃんは、羽を怪我していて、

その後遺症で、ずれ落ちてしまい、

何度も持ち上げている仕草をします。


そんなハンディを持っているので

当然、飛べません。


しかし、足腰は、鍛えているのか、

アドちゃんと同じくらい、

いや、一番、足が速いのかもしれません。


DSCN1526_convert_20191125163155.jpg

(ミルクちゃん!)

ところで、ミルクちゃんは、

チンさん、アドちゃん、ティちゃん、ルーちゃんには、

強い立場なのですが、

知略家の斑ちゃんには、全く、頭が上がりません。


なので、滞在組の中では、

2番手の地位に甘んじています。


また、飛来組とケンカになることがありますが、

いつも力負けして、背後に回られれ、

逃げ出す羽目になり、歯が立ちません。


そんなミルクちゃんですが、

ヒト慣れしているのは、滞在組で一番。


duck4のみならず誰にでもすりすりすり寄って行く、

大胆なオオハクチョウさんなのです。


DSCN1525_convert_20191125163137.jpg

(ミルクちゃん!)

追伸!

夏から秋にかけて小松菜の種から

育ててきました。


8月下旬に種をまいたのは、

かなり大きくなり収穫できるまでになりました。


写真の小松菜は、10月初旬に種をまいたもの。

11月下旬になり、かなり大きくなり、

間引きをしなければならないほどになりました。


ところで、収穫したものは、

食べたり、また滞在組のお土産に持って行き、

ミルクちゃんが食べてくれました。


DSCN1220_convert_20191125162808.jpg

(小松菜!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2019/11/29 05:11] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ヨタヨタ歩いて近づいて来たチンさん!
まだ若干、

首周りのくぼみがありますが、

前から見ると、ほとんどなくなっているチンさんです。


ただ、片足を引きずって歩く状態は、

この数年続いていています。


このときは、

他の滞在組の仲間たちは、

もう到着していたのですが、

チンさんだけが遅れて泳いできました。


DSCN1529_convert_20191125163334.jpg

(チンさん!)

泳げないほど、

川底の水位が低くなっているところにさしかかったので、

ヨタヨタ歩くしかなくなりました。


DSCN1535_convert_20191125163214.jpg

(チンさん!)

片足を引きづって歩くので、

どうしたも、前かがみになります。


ただ、足が不自由になっても、

転倒することがないので、

今のところチンさんのところを

安心して見られています。


DSCN1537_convert_20191125163232.jpg

(チンさん!)

ところで、チンさんは、メスなので、

飛来組に攻撃をかけることはあまりありません。


ただ、大きな声をあげて叫んで、

オスの斑ちゃんたちの追い払うお手伝いをするくらいです。


DSCN1538_convert_20191125163252.jpg

(チンさん!)

このチンさんのトレードマークと言えば、

おかっぱ頭


このようなヘアスタイルのオオハクチョウさんは、

時々、よく飛来組のお顔をじっと見つめていると、

見つけることがあるので、

一般的なのかもしれません。🦢


話を戻しますが、

水をバシャバシャ立てながら、

やっと、

チンさんはduck4のそばまでやってきました。


DSCN1539_convert_20191125163312.jpg

(チンさん!)


追伸!

今年も干し柿を作っています。

まず初めに皮をむき、

熱湯につけ消毒します。

それから、外に干します。

時々、干した柿をもんで柔らかくします。

ヒトによってはけのようなもので干し柿をさすると、

白い粉がふきます。


そして、

ひと月ほど干すと小さくなってきたら食べごろです。


最初に干したのが11月上旬だったので、

あと一週間もする甘い柿になると思います。


しかし、それを狙っている鳥さんのヒヨドリさんもいるので、

気をつけなければなりませんが。


DSCN1218_convert_20191125162748.jpg

(干し柿!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/28 05:31] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
強くなったティちゃんだけれども!?
大きな声で鳴きながら両羽を広げているのが、

コハクチョウさんのティちゃん。


最近、

自分よりも体が大きな飛来のオオハクチョウさんに対して、

突っついたり、噛みついたりもします。


それを頼もしくも思っているのが、

滞在組のリーダーのちゃんです。


DSCN1410_convert_20191125163032.jpg

(大きな声をあげるティちゃんと背中を向けている斑ちゃん!)

ティちゃんは、2016年の春から、

滞在組に入りました。


入ったころは、

一番弱かったです。


ただ、おちびちゃんという同じコハクチョウさんの仔が、

2017年1月に夭折しまいました。


それから、

滞在組では唯一のコハクチョウさんとなりました。


ところで、

昨シーズンあたりからでしょうか。


気の弱そうな

飛来組のオオハクチョウさんを追い回すようになり、

自分よりも体が大きな相手に勝つようになったのです。


それからというものティちゃんは、

斑ちゃんからの信任も厚くなってきたように思われます。


以前いた、

あのコハクチョウさんのおちびちゃんもでしたが、

ティちゃんもまた、斑ちゃんについて回ることが多くなりました。


それだけだったら、

昨シーズンと変わりないのですが、

今シーズンに入り、特に飛来組が戻って来てからは、

滞在組の中でも、変化が起こりつつあるのです。


それは、アドちゃんです。

ルーちゃんと一緒に

飛来組のオオハクチョウさんに向かっていくのですが、

どうしても、怖くなり、しっぽを振って背中を向けてしまいます。


やはり、アドちゃんは、

おとなしくて弱い仔ということが弱点と、

ティちゃんは、かんづいてしまったのでしょう。


ティちゃんは、追い払える相手でも、

アドちゃんは、すぐ降参してしまうからです。


それを、悟ってか、

ティちゃんは、アドちゃんを突っつくようになったです。


来た時から今年の夏ごろまでは、

アドちゃんの方が優位な立場だったのですが、

秋になり、完全に逆転してしまったようです。


これから、あのケンカ早かったおちびちゃんのように、

ティちゃんもなってしまうのではないかと、

最近の2羽の様子を見ていて思っているduck4であります。


DSCN1412_convert_20191125163052.jpg

(ティちゃんと斑ちゃん!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/27 05:25] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
カモさんたちも増えてきた定点ポイントの七北田川!
ミルクちゃんの声は、

どちらかと言うと低音


意外とこもった声で、

「ク!コォ!コォ!コォ!」

と絶叫します。


この時は、

前かがみで体を曲げて、

飛来組を威嚇しているところです。


DSCN1365_convert_20191125162951.jpg

(前かがみになり威嚇の声をあげるミルクちゃん!)

そして、この時は、

斑ちゃんはおらず、

チンさんと一緒に、ミルクちゃんは、

飛来組に対して、

「出ていけ!出ていけ!」

と声をあげて追い払おうとしていました。


DSCN1378_convert_20191125163011.jpg

(ミルクちゃんとチンさん!)

ところで、11月下旬になり、

オナガガモさんたちの数も増えてきてました。


滞在組の周りには、多くの冬鳥のカモさんたちが

集まっています。


DSCN1203_convert_20191125162859.jpg

(冬の渡り鳥のカモさんたち!)

翌日、撮影したものですが、

やはり、まだ、たくさんのカモさんたちがいました。


今シーズンは、まだ確認しておりませんが、

日没後、一斉に、餌場へ出かけ、

日の出前のまだ薄暗いときに、

また一斉に戻ってきていました。


このことから、duck4は、

カモさんたちは、夜行性なのだなあと、

わかった次第です。


ただ、毎シーズン、11月下旬に、

duck4の定点ポイントに集まるオナガガモさんですが、

12月中旬ごろから数を減らします。


おそらく、ここは、

中継地として立ち寄っている

オナガガモさんが多いのではないか。

とみております。


DSCN1425_convert_20191125163114.jpg

(早朝のカモさんたち!)

それから、duck4の定点ポイントでは、

コガモさんもいます。


ただ、警戒心が強いため、

すぐ、逃げて行ってしまいます。

なので、あまり見ることが少ないのですが、

七北田川にもいるようです。


DSCN1169_convert_20191123172424.jpg

(コガモさん!)

追伸!

Swan Squad「ハクチョウ分隊」

という面白いコブハクチョウさんのビデオが

FBに投稿されていました。


是非、ご覧ください。

https://www.facebook.com/

BBCRadioDerby/videos/580554079370612/


ニュース

ローマ教皇。

被ばく地の長崎、広島、東京を訪問。

ローマ教皇が日本滞在のニュースは、

BBC放送のHPに掲載されていました。


Pope urges abolition of nuclear weapons during Japan visit(2019年11月24日BBC放送電子版)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/26 05:38] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ハクチョウさんが激減した定点ポイントの七北田川!
早朝、餌場へ向けて飛び立つ

飛来組のハクチョウさんたち。


家族だったり、

5羽~6羽の小さな群れで飛び立っていきます。


DSCN1160_convert_20191123172315.jpg

(飛び立つハクチョウさんたち!)

飛び立つ姿は、

やはりかっこよく絵になります。


ただ、この数日で、

飛来組のハクチョウさんの数激減。🦢

200羽から80羽になってしまいました。


DSCN1161_convert_20191123172336.jpg

(飛び立つハクチョウさん!)

約10パーセントほどの

コハクチョウさんも定点ポイントにはいました。


しかし、この発信機をつけさせられた

コハクチョウさんも姿を見せなくなりました。


DSCN1163_convert_20191123172355.jpg

(発信機をつけさせられたコハクチョウさん!)

中洲より100メートルほど上流の両岸にネット

を張ってからです。


河川敷の土砂を取り除く工事のためですが、

残念でなりません。


DSCN1473_convert_20191124172957.jpg

(両岸にネットが張られた中洲付近!)




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2019/11/25 05:14] | 2019年11月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR