デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
リラックスした表情のリクちゃん!/茎に止まるスズメさん!
リラックスした表情のリクちゃん!

「わたしはだーれ!?」

という面持ちでレンズを覗き込むリクちゃん。

瞳がつぶらでとても可愛いです。


そんな気持ちが伝わってか、

ずっと離れようとはしないことがあります。

duck4の考えていることがわかるのでしょうか?


DSCN1052_convert_20170723065327.jpg

(リクちゃん!)

クチバシの形ですが、若干、アドちゃんに似ていますが、

列記としたリクちゃんです。


DSCN1051_convert_20170723064957.jpg

(若干アドちゃんのクチバシの模様に似ているリクちゃん!)

ところで、あまりそばで、寝姿を見せないリクちゃんですが、

この時は、まぶたを閉じました。

疲れたのでしょうか。


おそらく、飛ばなくなって初めての日本の夏。

食欲があるのですが、付き合いで慣れないことも多いはず。

このようなリクちゃんの表情を見たのは、初めてのduck4です。


DSCN1050_convert_20170723065036.jpg

(リラックスするリクちゃん!)

茎に止まるスズメさん!

いつもの定点ポイントには、

滞在組のハクチョウさんたちだけではありません。

スズメさんも、そのおこぼれに集まって来ます。

ちょうど、この時は、茎に止まっていました。

体が軽いはずなのですが、先は、曲がってしまっています。


ところで、よく見ると、このスズメさん。

まだ一部にもわもわした羽毛があったり、頭の模様もまだらでした。

羽が少しずつ変っているのでしょうか?


DSCN0727_convert_20170723063148.jpg

(羽が少しずつ変っているスズメさん!?)

次に、茎につかまりながら、逆向きになるスズメさん。

微妙なバランス感覚で落ちません。

でも、しなっていて折れ曲がっています。


DSCN0728_convert_20170723063231.jpg

(微妙なバランス感覚のスズメさん!)

すると、このスズメさん。

duck4が撮っていることに気づいたのか、

視線は、カメラ目線です。

「何、撮っているの!?かっこ良く撮った!?」

とも言いたげのようでした。


ブロガーさんのすずめ四季さんや団地のスズメさんのようにはいきませんが

今日のduck4ブログでは、スズメさんたちを登場させました。


ハクチョウさんは、じっとしてくれるのですが、

スズメさんは動き回るので、撮影は難しいです。


DSCN0732_convert_20170723063309.jpg

(鋭い視線で見つめるスズメさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト
[2017/07/24 05:05] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(0) |
ミルクちゃんの冷やかしに動じないカルガモさん一家!
まだまだ教えてもらうことがいっぱいのカルガモさんのちゃんたち。

5羽が一緒に集まりスイスイ泳いで来ました。

ところで、雛ちゃんたちも、まだ体つきは、ママの半分ぐらいですが、

顔つきは、だいぶ大人っぽくなってきました。


でも、まだまだ見るもの聞くものが初めてのものも多いはず。

どこか子どもたちの眼差しも、ワクワクドキドキ

表情からは、好奇心が満ち溢れいるように見えます。


DSCN0788_convert_20170722072816.jpg

(5羽の子どもたち!)

後ろから、大きな白い鳥さんが追って来ました。


すると、1羽の雛ちゃんが、

「へんな怖い鳥が後ろから迫っているよ!」

と叫びました。


そして、ママは

「逃げろー!雛ちゃん!」

と叫びながら子どもたちに注意を促しました。


DSCN0789_convert_20170722072909.jpg

(「逃げろー!雛ちゃん!」)

後ろから迫ってきたのは、滞在組のミルクちゃん。

どうやら、冷やかしにきたようです。

そして、雛ちゃんたちは、

雲の子を散らすかのように四方八方に逃げて行きました。


DSCN0790_convert_20170722072957.jpg

(カルガモさん一家を冷やかしに来たミルクちゃん!)

ミルクちゃんを振り切るのに成功したカルガモさん一家。

雛ちゃんからは

「やれやれ!」

というつぶやきと、これで一安心と思ったに違いありません。


DSCN0794_convert_20170722073045.jpg

(やらやらの想いのカルガモさん一家!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/23 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
新しい羽が生えてきているティちゃん、斑ちゃん、シンちゃん!
鳥さんたちにとって、古い羽から新しい羽に変ることは、

身体的な負担もかなりのものだと思います。


滞在組のハクチョウさんたちを見ていても、

抜け落ちる前には、食欲が減退したり、動きが遅くなったりします。

そして、ごそっとかなりの羽が、それも一度に、落ちてしまうことがあります。

これは、水辺で暮らしているカモさんやハクチョウさんだからできること。


日々、餌を飛び回って探しているスズメさん、ツバメさんなどは、

少しずつ羽が抜け落ち変っていきます。


ところで、滞在組のハクチョウさんたちの換羽も本格的になってきました。

先日、斑ちゃん、ティちゃんも多くの羽が抜け落ちましたとブログで紹介しましたが、

ついに、新しい羽が生えていました。

ティちゃんの新しい羽!

DSCN0952_convert_20170721072859.jpg

(ティちゃん!)

ちょうど、ストロー状の棒のような羽軸が出て来ました。

そして、ちょっとピンクがかっています。


DSCN0949_convert_20170721073035.jpg

(ピンク色がかったティちゃんの羽軸!)

斑ちゃんの新しい羽!

それから、こちらはリーダーのちゃん。

羽がごそっと抜け落ちてしまっていたのですが、

でも、ふさふさしているので、わかりませんでした。

しかし、偶然、羽繕いの時に見つけられました。


DSCN0960_convert_20170721073117.jpg

(リーダーの斑ちゃん!)

数本、ピンク色の棒状の羽が出て来ました。

周りには、古くなった今にも落ちそうな風切羽も残っています。


DSCN0989_convert_20170721073147.jpg

(斑ちゃんの数本のピンク色の新しい羽軸!)

シンちゃんの新しい羽!

それから、この数日で羽がボロボロ落ち始めたシンちゃんも、

数本ですが、新しい羽軸が伸びてきていました。


DSCN0930_convert_20170721073226.jpg

(シンちゃん!)

この春。

シンちゃんの壊死した骨折した羽には、釣り糸がからみ取れるまで、

2ヶ月以上かかりました。

自然落下したのか、その場を見ていなかったのでわかりませんが、

おそらく、抜け落ちた瞬間に一緒に取れたことも考えられます。


だいたい7月20日前後に新しい羽が生えてきているので、

ほぼ今年も平年並みのようでした。


DSCN0932_convert_20170721073252.jpg

(新しい羽軸が数本生えてきているシンちゃん!)

追伸:他のハクチョウさんたちは...!

ところで、羽がボロボロ落ち始めているアドちゃん。

でも、新しい羽はまだのようです。

例年だと、シンちゃんより、数日遅れて生えてくるのまもなくかと思います。

そして、リクちゃんは、まだ羽も抜け落ちていないようです。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/07/22 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
追い回されるリクちゃん!
滞在組のハクチョウさんたちの世界では、

プライドがあるらしく、自分たちの順番をとても気にしています。

特に、飛べなくなった新しいハクチョウさんが仲間入りすると、

いかに自分が強いかを見せつけることに躍起になります。


とある朝。

新しく入ったリクちゃんが、滞在組のリーダーのちゃんに背後から攻撃を受け、

追い回されていました。


DSCN0817_convert_20170720073346.jpg

(斑ちゃんに追い回されるリクちゃん!)

必死に逃げ、やっとの思いで、振り切ると、

羽を大きく広げて、バタバタさせていました。


これは、きっと、今回は降参したが、次は負けないということを、

体で示していたのでしょう。


7羽の中でも体が大きなオオハクチョウさんでリクちゃん。

よく食べる仔で、給餌中にもアドちゃんやティちゃんの食べているものを取り返すこともあるほどです。

かつて仲間入りした仔たちよりは、強い方だと思います。


DSCN0818_convert_20170720073425.jpg

(羽を広げて何かアピールをしているリクちゃん!)

しかし、6対1の対戦。

特に、その中でも古株のリーダーのちゃん、チンさん、シンちゃんは

大きな声でけたたましく鳴いて威圧するところがあります。


DSCN0819_convert_20170720073655.jpg

(リクちゃんに鳴いて威圧する斑ちゃん、チンさん、シンちゃん!)

DSCN0820_convert_20170720074430.jpg

(声を上げる斑ちゃん、チンさん、シンちゃん!)

リクちゃんにとって、大変なことが多いと思います。

この数年、換羽が一段落する8月中旬のお盆の頃になると、

滞在組は、しつこい攻撃を新入りさんにすることがあります。

それは、かつて在籍したロクちゃん。

また、その後仲間入りした、アドちゃん、ティちゃんもでした。


DSCN0822_convert_20170720073529.jpg

(奥でそしらぬ顔で通り過ぎるリクちゃん!羽を広げて興奮しているのが斑ちゃん!)

滞在組のハクチョウさんたちの世界に入り込むことは出来ませんが、

もっと、ナカヨクしてあげたらと、見るたびにいつも思っているduck4であります。


DSCN0827_convert_20170720074725.jpg

(どんな気持ちでいるのかな!リクちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/21 05:04] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
親子のカルガモさん!抜け始めたアドちゃんの羽!
一回きり姿を現したカルガモさんの親子。

今日もブログに投稿しました。

ちょうど、こちら側の堤防にママのカルガモさんに5羽の雛ちゃんたちは連れられ、

食べ物を探しているようでした。


DSCN0039_convert_20170719072824.jpg

(カルガモさん一家!)

そのうち1羽の雛ちゃんは、堤防をよじ登り、

何か探し物に夢中のようです。

クチバシで突っついているようにも見えました。


DSCN0044_convert_20170719072909.jpg

(登り始めた雛ちゃん!)

滞在組のハクチョウさんたちのように、虫さんでも探していたのでしょうか。

アリさんを食べるのは、ハクチョウさんも苦労していたので、

もしいても、この雛ちゃんには、食べられるのでしょうか?


DSCN0045_convert_20170719072947.jpg

(虫でも探しているの雛ちゃん!)

皆が離れようとしていたので、

おいて行かれると思い、急いで降りてきた雛ちゃん。

体はまだ、親鳥の半分以下ですが、水かきを大分は大きくなってきていました。


DSCN0047_convert_20170719073228.jpg

(遅れまいと戻って来て雛ちゃん!)

そして、また親子で一緒に、別なところに泳いで来ました。


DSCN0054_convert_20170719073311.jpg

(また移動する親子のカルガモさん!)

話は変りますが、

やっと、アドちゃんも羽が抜けようとしています。

やはり、例年通り、他の滞在組のハクチョウさんたちよりも遅いようです。

不自然に飛び出している古い羽が見られます。


DSCN0658_convert_20170719074902.jpg

(数本、抜け始めているアドちゃんの羽!)

しかし壊死した風切羽はまだ。

本格的な換羽は、シンちゃん同様、数日先のようです。


DSCN0661_convert_20170719074939.jpg

(風切羽の換羽はまだのアドちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/20 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
羽がなくなってしまった斑ちゃん!幼鳥のハクセキレイさんも換羽!?
羽をバタバタ開くたびに、

古い羽が落ちているリーダーのちゃん。

本格的な換羽がはじまりました。


羽繕いをしている時にも、

周りには、白い羽が落ちていました。

クチバシで羽に油を塗っているだけで、ぼろぼろぼろぼろ抜けているようでした。


DSCN0576_convert_20170718070657.jpg

(斑ちゃんの周りに白い羽が落ちている!?)

違う角度から、

斑ちゃんの羽の状態を見てみると、

こんな感じです。


それもごっそり羽が抜け落ちているので、

短くなってしまっていました。


DSCN0594_convert_20170718070901.jpg

(短くなってしまった斑ちゃんの羽!)

羽の先がすかすかで、

長さもまちまちになっています。


DSCN0587_convert_20170718070813.jpg

(羽の長さもまちまちの斑ちゃん!)

ところで、これは前日撮影したものですが、

ちゃんが羽をパタパタ広げたときには、

風切羽が抜けかかっているもの。

もう抜け落ちているものもありました。


ハクチョウさんの換羽は、

一緒に同時に抜ける仕組みであることが、

あらためてわかりました。


DSCN0533_convert_20170718071156.jpg

(風切羽もなくなっている斑ちゃん!)

ところで、こちらは、定点ポイントに現れたハクセキレイさん。

よく見ると、羽の色もまだ薄く、ちょっと顔の周りも黄色がかっていました。

親と離れて独り立ちした幼鳥のようでした。


DSCN0556_convert_20170718070955.jpg

(幼鳥のハクセキレイさん!)

この幼鳥のハクセキレイさん。

羽もまだ、もわもわしていて、ちゃんと羽のお手入れをしているのか、

見ていてちょっと心配になりました。


DSCN0557_convert_20170718071031.jpg

(羽がもわもわしているハクセキレイさん!)

そして、後ろ姿は、頭から肩。

背羽の2分の1のところまでは、もわもわした羽毛に覆われていました。

しかし、その羽の半分と尾っぽは、色彩もはっきりしてきているように見えました。

もしかしたら、この幼鳥のハクセキレイさん。

幼鳥から成鳥の羽に変る換羽中だったのかなと思いました。


DSCN0558_convert_20170718071105.jpg

(換羽中のクセキレイの幼鳥!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/19 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
ティちゃんの換羽の始まり!/5羽の雛鳥を連れているママのカルガモさん!  
ティちゃんの換羽の始まり!  

コハクチョウさんのティちゃん。

もう風切羽の一部が不自然な形で伸びきっています。

どうやら、まもなく抜けそうでした。


DSCN0217_convert_20170717092250.jpg

(抜けかかっているティちゃんの風切羽!)

ティちゃんの後ろ姿を拡大して写真で見てみると、こんな感じです。

7本ほどが、ボサボサで不自然な形で曲がっていました。


DSCN0218_convert_20170717092344.jpg

(7本ほどが抜けそうなティちゃん!)

ところで、最近のティちゃんですが、

いつも地元の方から給餌を受けている時にも、

他の滞在組が食べているのに、途中でやめてしまうことがあります。


コハクチョウさんなので、

体が小さいのでオオハクチョウさんの比べて食が細いことを差し引いても、

食欲が落ちているような感じを受けました。

これも、換羽が影響しているのではないかとduck4は見ています。


DSCN0222_convert_20170717092442.jpg

(ティちゃん!)

そして、これは翌日の早朝のティちゃん。

対岸の岸で羽繕いをしていました。

その周りには、たくさん落ちていました。


そして、1本抜けかかった風切羽があり、

クチバシで羽を丁寧にブラッシングをしていた時のこと。


DSCN0374_convert_20170717093954.jpg

(1本抜けかかっていたティちゃんの風切羽!)

その瞬間、地面に落ちていました。


抜け落ちているということは、

まもなくティちゃんも羽軸が伸びてくるはず。

換羽が本格的にはじまっているようです。


DSCN0375_convert_20170717094036.jpg

(抜け落ちた後のティちゃん!)

DSCN0383_convert_20170717094559.jpg

(また3~4本の風切羽が抜け落ちそうなティちゃん!

5羽の雛鳥を連れているママのカルガモさん!    

いつもの定点ポイントでは、

5羽の雛鳥と一緒に泳いでいるママのカルガモさんを見ました。

まだ体は親鳥よりも一回り小さいですが、

顔つきは似てきていました。


ママのカルガモさんの後ろを必死追いかける5羽の雛ちゃんたち

すくすく育て欲しいものです。


DSCN0091_convert_20170717091337.jpg

(カルガモさんの親子!)

DSCN0107_convert_20170717091555.jpg

(5羽の雛ちゃんはいつもママと一緒!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/18 05:05] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
羽も震わせなくなった雛のスズメさん!/ハクチョウさんたちの換羽!
ハクチョウさんの次に身近な鳥さんと言えば、それはスズメさん。

バードリサーチの研究によりますと、

最近、都市にいるスズメさんの数は増えているとのこと。

子育てできる場所も増えてきているのでしょうか?

もし、事実ならば、嬉しい話です。


DSCN8989_convert_20170716074443.jpg

(雛鳥のスズメさん!)

ところで、duck4のところでも、

今シーズンは、2羽の雛ちゃんを連れた親鳥のスズメさんを比較的多く見られます。

空梅雨で、子育てしやすかったのでしょうか。

羽を震わせながら大きな声で餌をねだりをしていました。


そして、数日後には、自分で餌を食べられるようになると、

鳴き声もだんだん小さくなり、

食事中、全く鳴かなくなります。


ただ、独りで食べられるのに、無意識からでしょうか。

羽を震わせながら食べ物を啄ばんでいた雛ちゃんを見ました。

おそらく、生まれた時から、

ずっと親鳥に餌をねだりする時の雛ちゃんの癖が残っていたのかな!?

と思いました。


DSCN8988_convert_20170716074530.jpg

(羽を震わせたり、大きな声で鳴いたりして呼ぶ仕草がない子どもスズメさん!)

ところで、ここは、いつもの定点ポイント

ここにも、雛ちゃんのスズメさんの姿が。

まだクチバシが黄色く幼鳥のなごりがありますが、

大きな声で親鳥を呼んだり、羽を震わせたりする仕草は全く見られませんでした。


この周辺には、1番子、2番子もいるので、

たぶん、すずめの学校に入学した若鳥で、

この時は、ちょうど単独行動していたのかもしれません。


DSCN8986_convert_20170716074300.jpg

(背伸びをして仲間でも探していたのか!?)

DSCN9945_convert_20170716075621.jpg

(後日見た、同じ場所に現れたまだ雛のスズメさん!)

話は変りますが、地元の方からの給餌のあと、

お腹いっぱいになった滞在組のハクチョウさんたちは、

羽繕いをするために岸へと戻って行きました。


そこには、遠くからでも確認できるような風切羽が落ちていました。

どうやら、滞在組のほとんどのハクチョウさんたちも、換羽が始まっているようです。


ただ、例年だとそろそろのシンちゃん、アドちゃんは、まだ新しい羽軸が現れていません。

来週あたりではないかと見ているduck4であります。


DSCN9930_convert_20170716075519.jpg

(風切羽も落ちている滞在組の休憩場所!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/17 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
リーダーの斑ちゃんの過去と換羽!
リーダーのちゃんですが、

最近、行動が遅くなってきているようです。


いつも給餌している地元の方も案じて、

「はなくろ(※斑ちゃんのこと)は年を取ったのかな!?」

と言っていました。


DSCN9869_convert_20170715072845.jpg

(リーダーの斑ちゃん!)

ところで、この斑ちゃんですが、途中で仲間入りしたそうです。

独りで行動していたところ、この滞在組に入り、

当初は、旧リーダーいじめられました。

そして、そのリーダーのハクチョウさんが、天国へと旅立ってからは、

新しいリーダーに、のし上がることができました。

もう数十年も、滞在組の世話してきた地元の方が教えてくれました。


DSCN9879_convert_20170715073142.jpg

(斑ちゃんの羽が!?)

ところで、この数年、滞在組のハクチョウさんたちの換羽の時季をずっと観察していて、

わからなかったことがありました。


それは、斑ちゃんの換羽の始まりでした。

一応、duck4的には、古い風切羽が落ちて、

ストロー状の羽軸が生えてきたところをもって初認としていました。


ただ、斑ちゃんの場合、羽が骨折しているような傷跡もなく、

それが、かえって新しい羽が生えてきているところを見られないでいました。

そのため、いつも8月ごろで遅いのかな!?と思っていました。


DSCN9880_convert_20170715074735.jpg

(見つめる斑ちゃん!)

しかし、よく見てみると、

土色に汚れた羽の中から古い白い羽が飛び出してきているのを確認できました。

また、2本の羽は、不自然に飛び出していて、まさに、抜け落ちようとしていました。


DSCN9879_convert_20170715073142.jpg

(2本が不自然に飛び出している斑ちゃんの羽!)

それから、スカスカになった古い羽や古い綿のような羽毛も目立って写真に写っていました。

これから、羽ばたくたびに、ボロボロと落ちていくことでしょう。


DSCN9876_convert_20170715074041.jpg

(ボロボロの羽が目立っている斑ちゃん!)

観察が難しい斑ちゃんの換羽ですが、

確実にはじまっていることだけは言えるようです。


DSCN9875_convert_20170715074700.jpg

(綿のような羽毛も飛び出してきている斑ちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/16 05:05] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
換羽に個体差がある滞在組のハクチョウさん!?
滞在組のハクチョウさんたちの換羽ですが、

6月に確認できたミルクちゃん、チンさんは、結構、早く進んでいるようです。


そして、もうそろそろなのがシンちゃんなのですが、

まだ新しい風切羽が生えてきている兆候はありません。

ただ、茶色に汚れた羽から、白くて古い羽毛が飛び出てきています。


DSCN9729_convert_20170714072440.jpg

(シンちゃん!)

DSCN9734_convert_20170714072555.jpg

(古い白い羽毛が飛び出してきたシンちゃん!)

そのシンちゃんの後にアドちゃんも、この2年ほど7月下旬に始まっているのですが、

まだその兆候がありませんので、

あと1週間ほど待たなければならないと思います。


DSCN9731_convert_20170714072519.jpg

(換羽がまだのようなアドちゃん!)

その他のリーダーのちゃん、コハクチョウさんのティちゃん、新しく入ったリクちゃんもまたまだのようです。

ただし、斑ちゃんの場合、毎年、見分けるのに苦慮していて、

わかるのは、いつも8月初旬になってからです。


DSCN9724_convert_20170714072306.jpg

(リーダーの斑ちゃん!)

DSCN9722_convert_20170714072340.jpg

(コハクチョウさんのティちゃん!)

DSCN9726_convert_20170714072222.jpg

(新しく入ったリクちゃん!)

実を言うと、例年だと、これから暑くなる梅雨明け頃が、

滞在組のハクチョウさんの換羽の本番のようです。

非母語話者同士の聴き取りやすい英語!

機会があって下手でも英語を話すことがあったduck4。

どちらかと言うと、非母語話者同士の英語での会話がほとんどでした。

例えば、デンマーク人、ノルウェー人、ハンガリー人、リトアニア人、ポーランド人、ルーマニア人、チェコ人、

ロシア人、フランス人、韓国人、中国人など。

それぞれの英語にお国訛りがありました。

もちろん、聴き取りやすい方とそうでない方も当然いました。


そして、日本語の発音と似ていると、

そのお国訛りの英語は、とても聴き取りやすかったです。

例えば、母音と子音をはっきり話すノルウェー人の英語などは。

他にも、ロシア人、韓国人は、体験から聴きやすかったです。


一方、同じ北欧の国でもデンマーク人の話す英語は、聴き取りづらかったです。

それは、日本語の母音は5つですが、デンマーク語はなんと9つもあります。。

これに日本語には聴きなれない母音もあったからだと思います。


非母語話者の話す英語の対照比較をすると、

そこには、母語と似ている発音だと比較的に聴き取りやすい傾向があるのでしょうか?

ふと、そんなことを思いました。

※尚、この非母語話者の英語の聴き取りのしやすさは、

 duck4の個人的な見解なので 他の方はまた別に思われるかもしれません。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/15 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
食欲があるリクちゃんに安心!
とある朝。

ちょうど、上流からやって来たリクちゃん。

体も他の滞在組よりもかなり大きくて、

背筋がピーンと伸ばして泳いで来ました。


ところで、この時は、リクちゃんだけが現れました。


DSCN9635_convert_20170713061308.jpg

(リクちゃん!)

そして、近くまで泳いできてこちらを見つめるリクちゃん。

あのケガをした昨年の12月からずっと見てきたので、

もうduck4のこともわかっていると思います。


警戒して近づこうとしなかったこともありましたが、

今では、慣れて、そんなこともなくなりました。


DSCN9636_convert_20170713061345.jpg

(近づいて見つめるリクちゃん!)

ところで、リクちゃんは滞在組と一緒に行動していますが、

一番最後に仲間入りしたということで、

給餌中は、よく追い回されたりしています。


ただ、リクちゃんのすごいところは、

攻撃されてもあまり鳴かないこと。

これが、アドちゃん、ティちゃんならば、悲鳴を上げて逃げるのですが、

そんなところがあまり見られません。


給餌中に攻撃されても、決して、食べ物を落とすことなく、咥えたままに逃げます。

強い心の持ち主のリクちゃんです。


DSCN9639_convert_20170713061423.jpg

(リクちゃんのお顔!)

ところで、この日本での夏は、初めての経験。

大変なことが多いかと思われます。


ただ、リクちゃんは、食欲旺盛なオオハクチョウさんなので、

このままいっぱい食べて暑い夏を、

乗り切って欲しいと願っているduck4であります。


DSCN9645_convert_20170713061551.jpg

(立っているリクちゃん!)

追伸!

今年は、ゴーヤーの苗を買って来て植えました。

まだ、梅雨なのに、雨も降らず連日最高気温が30度越え。

もう背丈も天井まで伸びカーテン状態になりました。


よく見ると、2つ実っています。

途中で実が爆発せず、食べられることを愉しみにしています。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/14 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
釣り糸がはずれたシンちゃん!!
やっと、シンちゃんのから、

絡まっていた釣り糸が外れていました。

「良かったね!シンちゃん!これでほっとしたよね!」

と心の中で話し掛けていました。


DSCN9572_convert_20170712074056.jpg

(シンちゃん!)

換羽がくれば、壊死した羽が抜けるとともに、釣り糸も外れる。

それは、毎年、シンちゃんの換羽がはじまる7月中旬ごろだと思っていました。


そして、最近、泥色に変色している羽から白い羽が、

ところどころ目立つようになってきました。

この白い羽は、昨年、生え変わった古いもの

新しい羽が伸びてきているので、

それに押し上げられるかのようにして出てきているようです。


DSCN9575_convert_20170712073853.jpg

(汚れた羽の中から古い白い羽が!)

DSCN9573_convert_20170712074128.jpg

(絡まった釣り糸が取れたシンちゃん!)

もしかしたら、来週あたりが、

シンちゃんの風切羽の換羽が、

本格化するのではないかと見ています。


DSCN9577_convert_20170712073940.jpg

(こらから換羽のシンちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2017/07/13 05:02] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(6) |
定点ポイントにカメさんが!?/チンさんの仕草!他...!
対岸に現れるカメさん!

いつもの定点観測ポイントで見ていると、

対岸では、1匹のカメさんが陸をはい上がってきました。

何と言うカメさんなのか!?

教えていただければ幸いに存じます。


DSCN9357_convert_20170711072941.jpg

(いつもの対岸で見つけたカメさん!)

duck4が知っているかめさんと言えば、

最近、よく耳にするミドリガメさんとニホンイシガメさんくらい。

特に、外来種のミドリガメさんは、飼われていたもの、自然に放し問題になっている種。

そうでなければ良いのですが。

このカメさんを見ながらそう思っていました。


DSCN9354_convert_20170711072334.jpg

(いつの間にか草むらに姿を消したカメさん!)

クチバシを伸ばしてツルを引っ張ろうとするチンさん!

話は変りますが、今日紹介する滞在組の1枚は、チンさんの写真。

最近、duck4ブログでは、チンさんを話題にすることが多いような感じです。


この時は、ちょうど、首を伸ばして、長くコンクリートまで垂れ下がったツル状の草を食べていました。

このシーンが、何とも、必死に、食べたい。

という仕草に現れていて哀愁を感じました。


このツルの植物がおいしいのでしょうか?

他の滞在組も食べようとしていているところを見たことがありました。


DSCN9439_convert_20170711072458.jpg

(チンさん!)

DSCN9440_convert_20170711072530.jpg

(とどきそうでとどかない葉っぱ!)

DSCN9442_convert_20170711072609.jpg

(引っ張って食べようとしているのかな!?チンさん!)

追伸!

以前、ブログで英語で日記をつけているお話をしたかと思います。

duck4にとって、この方法が、一番あっているようです。

「書くこと」は、「話すこと」同様にアウトプットの学習方法。

滞在組のハクチョウさんの様子を記録でき、一石二鳥になっています。


一方、インプットとは、「聴くこと」「読むこと」になります。

特に、duck4にとって、この「英語を聴く」ということは鬼門のひとつ。

中学から、もっぱらジャパニーズイングリッシュ発音。

最近、やっと、LとRの違いをこのようにしたらということが、

何となくではありますが理解もし、意識して発音しようと心がけています。


そんな、インプット学習には、難があるduck4。

ただ、以前からヨーロッパのことが興味があるので、

時間があるときには、BBC放送のニュースを見ることもあります。


映像から流れてくることで、こんなこと言っているのではないかと、

想像しながらですが、これも英語とイギリス事情がわかり一石二鳥となっています。


ところで、これは、最近、知ったのですが、

BBC放送では、外国人の学習者向けにLearning Englishというプログラムがあります。

試しに、聴き始めてみました。


それには工夫を添えて、

シャドーウィングという方法で、リスニングを鍛えるということをやっています。


まず、聴いて、そのあと流れてくる音声と同時に自分も真似て発音する。

これは、最初は大変なのですが、音に慣れてくると、いつの間にか聴き取れるようになるはず。

そう信じて、しばらく、続けてみようと思っています。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/07/12 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
久しぶりに近づくアドちゃん!
そろそろ換羽も始まり、体力も消耗するので、

近づかなくなったのかなと思いきや、

アドちゃんは、堤防を登って来てくれました。

どうやら、忘れられていなかったようです。


DSCN9444_convert_20170710071101.jpg

(登りだすアドちゃん!)

そして、羽をパタパタの大きく広げました。

付いている虫でも落とそうとしていたのでしょうか?

写真に撮って、羽を確認してみたところ、

まだ羽が抜けているという兆候を確認できませんでした。


例年だと、7月中旬から下旬頃なので、

まもなくアドちゃんも羽が抜け落ちるかと思われます。


DSCN9452_convert_20170710070155.jpg

(換羽がはじまっている兆候がないアドちゃん!)

羽ばたきが終わると、

duck4のそばまで歩いてきたアドちゃん。

そして、一言、「ク!ク!」と白鳥語で話しかけてきました。


それに返すように、英語で、

”May I touch you? Ado.”

と話しかけてから、羽にくっついているさんを取ってあげなした。

すると、クチバシを半開きにして、首を動かす仕草をしました。

表情的には、ちょっと、微妙だけど「まあいっか!?」

といった感じをアドちゃんからは受けました。


DSCN9463_convert_20170710070856.jpg

(見つめるアドちゃん!)

アドちゃんに初めて出会ったのは2015年3月。

まだ、灰色の羽に覆われていたので、その時は0歳だとわかりました。

そして、あの大ケガを乗り越え、満3歳を迎えました。

今では、後に来たティちゃん、リクちゃんよりも滞在組の中では、上から数えて5番目になったアドちゃん。

すっかり、大人のハクチョウさんになりました。


DSCN9468_convert_20170710071008.jpg

(アドちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/07/11 05:05] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(4) |
リクちゃんだけ近づく待ったりとした夕方!
この日は、仙台でも最高気温が32度。

梅雨の中休みの暑い一日でした。


ところで、七北田川の7羽の滞在組のハクチョウさんたちも、

夕方の対岸の浅瀬で休んでいました。


きっと、暑かったので、動きたくなかったのでしょう。

早朝と同じ、いつもの定点ポイントいてくれました。


おかげで、探し回ることもありませんでした。

こちらも助かりました。


DSCN9263_convert_20170709072952.jpg

(対岸で休んでいる7羽の滞在組のハクチョウさんたち!)

そして、ズームでレンズ越しに覗き込んでみると、

チンさんは、ぢべた座り

そばにある草を座ったままついばんでいました。


DSCN9270_convert_20170709073247.jpg

(ぢべた座りをしながらクチバシを伸ばし草を食べているチンさん!!)

すると、仲間から離れ1羽だけ、

泳ぎだしたハクチョウさんがいました。

それがリクちゃん。

とても暑い中、これらへと向かって移動を始めました。


DSCN9276_convert_20170709073812.jpg

(1羽だけ泳ぎ出したのがリクちゃん!)

逆光が強かったので、

露出を暗くして撮影したので、

リクちゃんは、黒っぽいオオハクチョウさんになりました。


いつものリクちゃんとは違う感じを受けました。

また、ちょっと、にらんでいるようにも見えました。


DSCN9281_convert_20170709074247.jpg

(リクちゃん!)

しかし、別なアングルにしてみると、

目もくりくりしていて、優しいそうな表情にも見えます。

まだまだ時々しか話しかけてこないリクちゃんですが、

何か伝えたそうにしているようでした。

DSCN9282_convert_20170709074317.jpg

(優しそうな表情をしたリクちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2017/07/10 05:03] | 続編・滞在組⑤! | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR